スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

荒井良二.『ねむりひめ』.NHK出版,2012.12

ねむりひめねむりひめ
(2012/12/18)
荒井 良二

商品詳細を見る


NHK朝の連続テレビドラマ『純と愛』の
主題歌の背景で流れるイラストの絵本です。
ドラマの中でも
幸せの象徴的な扱いになっている絵本として出てきます。

絵は
本当に素敵。

色もきれいだし
やさしいタッチで
うっとりするような感じ。
大きさも、大判なので
飾ってもいいかも。


内容は
グリム童話のねむり姫をベースにはしていますが
オリジナルの内容です。

まあ、グリムのに忠実にしちゃうと
子どもへの読み聞かせ絵本としては
長くなっちゃうから
こんなもんじゃないかな~
という感じ(^^;)


こんなにきれいなイラストを描く作家さんを
今回初めて知ったので
他のも読んでみようと思います。

グッズとかもあれば
ほしいかもね(笑)

文字数はそれほど多くないので
低学年にも
読み聞かせできます。



スポンサーサイト

2013/02/23 21:49 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

京極夏彦.『いるの いないの』.岩崎書店 怪談えほん3,2012.1

いるの いないの (怪談えほん3)いるの いないの (怪談えほん3)
(2012/01/28)
京極 夏彦

商品詳細を見る


岩崎書店さんの紹介ページで
ちょっとだけ読むことができるようになっているので
アドレスを記載しておきます。
これです。
http://www.iwasakishoten.co.jp/special/kaidan/07953/


発売当時から話題になっていたので、
図書館に入ったことだし
全部、読んでみました。

小学校高学年から中学生に読み聞かせするなら
このシリーズの中では
これが一番いいかな~と思います。

で、
さっそく思う年代の子たちに
グループで読んでみるように勧めてみると・・・

ふっふっふっ~♪
とっても満足な反応が返ってきました。


田舎の古民家に住むおばあちゃんちに行った僕。
天井は
はりがむき出しで
しかも
ものすごく高い位置にあって
昼間でも闇が支配している空間。


こわいです。



評価
面白さ  5
お勧め度  5
ただし、小さい子にはみせないほうがいいかも。
再読度  5
自分用に買おうかな~。  

2013/02/22 22:55 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コマヤスカン.『決戦!どうぶつ関ヶ原』.講談社,2012.11

決戦! どうぶつ関ヶ原 (講談社の創作絵本)決戦! どうぶつ関ヶ原 (講談社の創作絵本)
(2012/11/16)
コマヤスカン

商品詳細を見る


『ミッケ』などと同じぐらいの大きさの絵本です。

関ヶ原の合戦を題材にしています。

子ども向けの絵本なので
文字も少なくて
楽しい感じに仕上がっています。

東軍は
徳川タヌキ家康。

西軍は
石田サル光成。

全員、動物になって登場します。

東軍は青文字で名前が紹介されていて
西軍は赤文字で名前が紹介されます。

途中で寝返るどうぶつ(武将?)もでてきて
戦いは混戦します。

ついに「天下もち」を手に入れて食べる動物は・・・


という、ストーリー。


楽しいです。


対象は
歴史のわかる6年生から中学生のような気もしますが、
低学年でも楽しめそうな感じです。

2012/12/25 14:55 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ジョン・クラッセン.『どこ いったん』.クレヨンハウス,2011.12.

どこいったんどこいったん
(2011/11/25)
ジョン・クラッセン

商品詳細を見る


長谷川義史さんの訳です。
大阪弁がとってもあっていて
なんどでも繰り返して読みたくなってしまう絵本です。

ちなみに、小学校高学年の姪っ子は
かってにアレンジして何回も読んでみたりしていました。

絵は全体的に色が抑えめで
赤い帽子が目立ちます。

主人公のくまが
ぼうしをさがしています。

「ぼくのぼうし どこいったん?」
と、
出会う人に次々聞いていきます。

赤いとんがり帽子をかぶったうさぎが
「し しらんよ」

妙に言葉かず多くいいわけするところがかわいいのです。

最後に
くまも
聞かれたことに対して
「し しらんよ」

いいわけするところが
笑えます。

評価
オール5

自分用に買おうかな?

2012/02/09 21:51 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

絵本いろいろ。<読み聞かせで聞いたお話から想像して 絵を描こう!その2>

読書感想画の続きです。

ちなみに姪っ子や親せきの子どもたちにも
どんな物語で絵を描いたことがあるのか聞いてみました。

その中から、絵を書いてみれば、すごいかも・・・と思うようなもの。




教科書にでてくるお話 3年生 (ポプラポケット文庫)教科書にでてくるお話 3年生 (ポプラポケット文庫)
(2006/03)
西本 鶏介

商品詳細を見る

花岡大学.『百羽のツル』
これは、図書館で探していただいたら
『教科書にでてくるお話 3年生』.ポプラ社,2006.3.に掲載されているとか。
子ども向けの大き目文字でほんの5ページのストーリー。
100羽の鶴が助けあって飛ぶ様子がイメージできる物語。






原作は長いものの、子ども用の本であらすじをきいて想像して描いたとかいう人も。
ガリバー旅行記・フランダースのいぬ (講談社のおはなし童話館)ガリバー旅行記・フランダースのいぬ (講談社のおはなし童話館)
(1990/10)
スウィフト、ウィーダ 他

商品詳細を見る

スウィフト.『ガリバー旅行記(講談社のおはなし童話3)』,講談社,1990.11.

ガリバー旅行記は
小人の国の家や様子、小人たちの服装、ガリバーの服装からもちものにいたるまで
想像できる要素がたっぷりですよね。





うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)
(1988/09/01)
おざわ としお

商品詳細を見る

おざわとしお.『うまかたやまんば』.福音館書店,1988.11.
昔話の中でも読み聞かせをして楽しい物語。

うまかたがやまんばにおいかけられ馬を食われてしまいます。
どうにか、うまかたはにげて、山の中の小屋に逃げ込み
梁の上にかくれていると
やまんばが帰ってきます。
やまんばはうまかたにだまされて仕返しされるお話。

こういう風にあらすじ説明すると
あんまりな感じなのですが
読み聞かせするととても面白いし想像の膨らむお話です。







かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/12)
モーリス・センダック

商品詳細を見る

モーリス・センダック.『かいじゅうたちがいるところ』.冨山房,1975.12.
映画化もしている有名な絵本です。
この物語の「かいじゅう」やかいじゅうの王となる主人公の様子など
想像の余地がありそうです。





雪窓雪窓
(2006/02)
安房 直子

商品詳細を見る

安房直子.『雪窓』.偕成社,2006.2.

雪窓という名前の屋台のおでん屋さん。
たぬきの弟子ができます。

お客にやってきた娘に似た女の子に会いたくて
山を越えて野沢村へいこうとするおでん屋さんのご主人。
たぬきに手伝ってもらい出発します。

途中、てんぐや鬼の子たちに会い、
坂道で屋台が転がりおちていきます。

困難を乗り越え
ついた野沢村で女の子に会い、手袋を返します。
女の子がおでん屋さんの呼び込みをすると
たくさんのお客がやってきました。


ほのぼのして素敵なラストシーンです。





こうしてみると、
映像が想像できるようなお話はたくさんあるのですね。
こんなテーマで本を探してみるのも
なかなかおもしろいなぁ・・・と思いました。

2011/01/23 22:28 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。