スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

名木田恵子.『 air 』.金の星社, 2003.2.

airair
(2003/02)
名木田 恵子

商品詳細を見る


小4の時に赤いリュックに家出グッズをつめて
ベッドの下に隠してから4年経った。

14歳の絵亜(エア)は、また家出したいと思っている。

けれど、家を出ても行く宛もなく途方にくれるだけだろうとも思っているので
実行に移せない。

ある日、小学校の時に転校して行った同級生・佐和子に会う。

佐和子について行き、家出人のシェルターの役割をしているマンションの存在を知る。

夏休みに両親がそろって出張に行くという5日間で
プチ家出を実行する。

そこを拠点に生活しているのは
衆介という17歳の少年と、佐和子、チヒロというジャンキーの少女、シモンさんという大人の場所の提供者がいる。

エアは、
両親がそれぞれ自分のことしかみていなくて
自分には愛が流れていない・・・と悩んでいる。

衆介は、エアのことを
空気が流れてきた・・・とシモンさんに伝えている。



麻薬、援交、家では暴力をうけるから逃げてきたというような
他の少女たちの過酷な現状を知り
衆介や佐和子とのかかわりの中で
エアは
様々なことを感じ、成長していく。

淡い恋愛も絡んできます。



評価
面白さ  5 
もっと読みたいかも。ちょっと物足りないぐらい?!
再読度  5
おすすめ度 5

むずかしい字にはルピのあるYA向けの本。

この作者の作品は『レネット 金色の林檎』をよんだことがあるのですが
それは、チェルノブイリ原発事故の被害者の子どもを一定期間預かる事業で
家にロシアの少年がやってくる物語。

後ろの作者紹介をなんとなく見てびっくり!

水木杏子のペンネームで『キャンディキャンディ』の原作者でもあったんです!
『キャンディキャンディ』も奥の深い物語だったもんね。



最近講談社の青い鳥文庫から総ルピの本が発行されたようです。


この物語も奥が深い素敵な物語です。

スポンサーサイト

2011/07/16 22:06 | 名木田恵子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。