スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

三上延.『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』.2011.10 

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


今回は病院のベットからではなく
栞子さんはちゃんとお店の店主として働いています。

本知識のまったくない俺・大輔も
店員として働いています。

そんな日常のなかでおきる
やっぱり本がらみの事件。

今回は
1冊でひとつの大きな事件になっています。

もちろん殺人事件なんかはおきません。

一通のFAXによる本の問い合わせからスタートします。

FAXをうけとった大輔は
その本の題名さえ読めないでいると
FAXの送り主から電話があって
本に関して無知だと思われてしまう。

栞子さんに確認すると在庫ありの即答だったので猛反省。


他の事件としては、
売りにきた本をおいたまま消えてしまった
お客をさがしたりします。

それからしばらくして
大輔の高校時代の元彼女が
古本を売りたいと
連絡をとってくる。

その本の元の持ち主は
亡くなった彼女の父親で
なぜ本をビブリア古書堂に依頼したのか謎を解いていきます。

FAXの主の謎も解きます。

栞子さんとの関係も
ちょっとだけいい感じ?かもしれないです。


評価
面白さ  5
再読度  4
お勧め度 4.5


ルピなしの一般書。
おもしろいのですがちょっとあきてきたかも(苦笑)

状況を見ないで
指示だけ出していた時の方が
推理小説としてはおもしろかったかも。

スポンサーサイト

2012/06/22 09:33 |   三上延(みかみえん)COMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

三上延.『ビブリア古書店堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち』.アスキー・メディアワークス,2011.3

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


完全に、タイトルと表紙にひかれて
< ジャケ買い >状態で読み始めました。

古本店・事件・・・
しかも、「栞子(しおりこ)さん」なんて名前は
明らかに「本」が絡んでくるミステリー?!




予想以上に内容もかなりよかったです。




北鎌倉の古書店、ビブリア古書堂が舞台。


主人公の青年は五浦大輔。
祖母の遺品整理中にみつけた漱石の全集を
鑑定してもらうため古書店を訪れたことから
物語は始まる。

古書店の店主、栞子さんは
けがで入院中。歩けない状態なのでリハビリをしている。
持ち込んだ本を鑑定してもらうため
病院を訪れる。
祖母の漱石全集の1冊、『それから』の書きこみを見て
その書きこみのいきさつを
推理して言い当てる栞子さん。

古い本にはドラマがあるという。

そのことが縁で
彼女の書店の店員となる。



物語は
書店に持ち込まれた古本1冊に対して
大輔が情報収集して
病院の栞子に話すと、
栞子は
その本のストーリーや本の出版された時のいきさつなどを踏まえて
本にかかわった事件を推理する。


・・・というパターンのミステリー小説。

殺人事件などはおきませんが
ハラハラするような事件がおきて
病室で話を聞くだけで事件を解決します。


栞子さんは本についての話は
雄弁なのに
その他については話ベタ。

大輔は
子どもの頃のトラウマで
本が読めない体質で
本の事をいろいろ話してくれる栞子さんが好きらしい。



短編集形式で
一つずつ事件が解決します。

最後には
彼女自身のけがの原因の事件が絡んできて
お互いに思いも通じ合う?という感じになります。



なかなか素敵な物語。
一気読みしてしまいました。


物語中に出てくる小説も
未読のものは読んでみたくなるし
既読のものは、しっかりと読み返してみたくなりました。


評価
オール 5


素敵な小説です。
面白いです。
お勧めです。


ミステリーとしては
私の好きな < 人が死なないミステリー > だし
個性的で魅力的な登場人物がいっぱいだしね!

2011/10/01 22:49 |   三上延(みかみえん)COMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。