スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

池井戸潤.『下町ロケット』.小学館,2010.11.

下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


直木賞受賞作。

下町の町工場、佃製作所。
社長のおじさん、佃さんが主人公です。

ロケットエンジンの研究者でしたが
打ち上げの失敗から
家業の佃製作所を継いで社長となった方。

大学で、研究職をしていた時は
同業の奥様とうまくいっていたものの、
社長業を始めてからは
関係がぎくしゃくし始め離婚。

現在は、
中学生の娘さんとお母様との3人で生活している、普通のお父さん。

中小企業ゆえに
大手企業から突然、大口の部品の発注をやめると言われ
銀行からは貸し渋りにあい
資金繰りに苦しむ。

さらに、のっとりを計画している別の大企業からは
特許侵害の提訴をうけ、
身動きができなくなる。

新聞でニュースを知った元妻が心配して
特許権訴訟に強い弁護士を紹介してくれる。

並行して、
佃製作所の持つバルブシステムとかいう特許を
買い取りたいというオファーが
帝国企業というロケットを作っている会社から打診される。

次々と降りかかってくる難問を
一つづつ解決していき
佃製作所の中でもいろいろな意見があったのだが
ロケット部品をつくりたいという
社長の夢が
いつのまにか社員みんなの夢になっていく。


まるで、自分も佃製作所の社員となって
様々な難問に振り回されつつも戦っている・・・そんな気分になる小説でした。


評価
オール  5

ルピなしの一般書。

働く世代だと、絶対に面白いです。

会社なので
研究職や現場の人だけでなく
営業や経理といった文系の人たちもでてくるので
自分の得意分野の社員になったかのような
感覚になってくるのだと思います。

まだ学生の人には
大企業にはない「中小企業のよさ」というのが
わかるのではないでしょうか。

佃製作所は
中小企業ながらも
世界一といえるバルブシステムという特許を持ち
技術力に対して「佃プライド」を持っています。

社員はみな生き生きとした表情で働いている・・・というような
そんな会社こそが
本当にいい会社だし
やりがいや仕事の楽しさを
感じさせてくれるのではないでしょうか。

一気に読めてしまう
楽しい1冊でした。

スポンサーサイト

2011/11/29 22:05 |   池井戸潤COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。