スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マンガいろいろ

プライベートが忙しかったのもあるし
マンガをかなり読み込んでしまっていた・・・というのもあって
読書は滞り気味・・・。

最近のマンガって
本当に面白いわよね~。

一般の本がものすごく売れる・・・よりも
マンガの方が圧倒的部数を販売している・・・つまりは
読者が多いってことなんだもんね~。

物語を作る才能のある人が
たくさんマンガを作っているのでしょうね~。




『ハイキュー』
バレーボールをしている高校生たちが主人公の
スポーツマンガ。

バレーボールのルールもあんまりわかってなかったのに
すっかりはまってしまいました!

端っこのキャラクターまでが
個性的でしっかりつくりこんであるので
本当におもしろいです。

スピード感のある読み応えと
ページごとにわくわくする感じとか
「まんが」ならではの良さと魅力と絵の進行がつまっている感があって
本当にいいです!


『KATANA』
日本刀の魂魄が見える高校生男子という設定の主人公。
人間国宝の刀匠の祖父が
家長で
自信も刀のとぎは一流という腕前。

毎回、ゲスト刀が何らかの問題を抱えていて
主人公とその守り刀とが
解決していくというパターン。



『マギ』
アラビアンナイトの登場人物などが
キャラクター名になっているものの
元の物語とか関係ないような設定です。

魔法とか前世界とか
金属器とか
ダンジョンとか
ファンタジー系ゲームのような感覚の設定の物語。

主人公やその周辺の人たちの性格や行動が
さわやかできもちのいいマンガです。


『銀の匙』
農業高校が舞台の青春漫画。
こんな豪華な農業高校はないだろう・・・・とは思うものの
へたれなくせして
夢中になったりすることができる主人公に共感を覚えてしまうのでしょうね。


『Wジュリエット』
少女マンガ。
女の子なのにがさつで男の子と間違われてしまう主人公。
男とばれないように高校生活を送る必要がある女装少年。しかも美女。

2人ともが武道に秀でていて
演劇に取り組んでいる。

恋が女の子をどんどんきれいにしていくんだけど
それだけではない面白さが満載。


『蟲師』
わりと硬いおしごとをされている大人の方から借りていしまいました。
マンガを読むタイプと思っていなかったのでちょっとびっくりでした。

蟲を扱う仕事をして放浪している人の物語。

蟲というものは、不思議設定のものなので
体調を崩したり
不幸がおきたりするために
それらを払うようなことをしています。

短編形式で
いろいろな人たちが登場して
主人公になっています。


『鬼灯の冷徹』
絵柄や設定からは想像できないような
ギャクが詰まっています。
笑えます。

大人むけの社会派っぽいような感じなのに
笑えます。

金魚草ちゃんがほしいかも・・・。




他にも
『君に届け』
『文豪ストレイドックス』
『ワンピース』・・・ここ2年分ぐらいたまっていたから。
『アオハライド』・・・あまりに少女マンガで途中で挫折・・。
『チビデビ』・・・小学生向けなので、流し読み
『ニセコイ』・・・同じパターンがしつこく続くので突っ込みまくっていたら、飽きてきた。
『ホリミヤ』
『学園アリス』・・いつの間にか完結していたのね。最後の一巻はいらなかったかも。

それから
テレビも!!!

『妖怪ウォッチ』が流行っているというので
ちょっと続けて見ています。

小学生の好みも知っとかなきゃね~(笑)

今は、ポケモンとかよりも流行っているそうな。

色がカラフルだし
絵柄もかわいいし
キャラの設定もわかりやすくて面白いです。

OPもEDの歌も
覚えやすくていい感じだし!



と、まあ、こんな感じです。


他にもここ2-3か月で
かなりのマンガを読んだんだけど・・・
またそのうち思い出すかもしれないです。

こうやってみると
カタカナタイトルばっかりなのね~。

もうかえしちゃったけど
DだかGだか・・・
~グレイダ―マン
とかいうのも読んだけど、途中で挫折してしまいました。

人間と妖怪ミックスだとかいう少年が
妖怪の親分になっていって戦うタイプのマンガ。
なんとかの孫・・・とかいう少年漫画も貸してもらったので読んだ!
なんだっけ?
最初は面白かったんだけど
常時、妖怪親分&戦闘状態が続いてくると
ちょっと流し読みに・・・(汗)


と、いうわけで
ここ2-3か月ぐらいの間に
というか
ここ半年ぐらいのあいだにしても
一番おもしろかったマンガが『ハイキュー』です。

スポンサーサイト

2014/06/23 11:01 |   マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

日丸屋秀和.『ヘタリア』.幻冬舎コミックス,2008.3

ヘタリア Axis Powersヘタリア Axis Powers
(2008/03/28)
日丸屋 秀和

商品詳細を見る


マンガです。

テストに『ヘタリア』で読んだものがでた!
とかいうので
読んでみることに。

国を擬人化しています。

アメリカは明るくて仕切りやさんのキャラクター。

ドイツはまじめで体は大きい。

日本は、あまり感情を出さないタイプで
自分の意見をはっきりいわない。
年寄りだからといいつつ、キャラは黒髪の美少年。

スイスは面倒見がよくて
リヒテンシュタインはかわいい女の子。
などなど。

第一次世界大戦の三国同盟や
フランスの歴史など
キャラクターたちが動いてくれると
複雑な歴史もすんなり入ってきます。


文化の違いの説明の時もあったりして
なかなか楽しいです。

評価
面白さ 5
再読度 5

お勧め度・・・人にもよるかな?

2013/08/20 23:58 |   マンガCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

おざわゆき.『凍りの掌(こおりのて) シベリア抑留記』.小池書店,2012.6

凍りの掌凍りの掌
(2012/06/23)
おざわゆき

商品詳細を見る


まんがです。

シベリア抑留の体験談を語ってくださる90歳超の方のお話を聞きました。

淡々と語っていらっしゃるのですが
語り部として活動されているわけではないので
わかりにくい部分もあって
なにかわかりやすい本はないか・・・と探していて見つけました。


作者が
自分の父から聞き取りをしたことを
マンガにされています。

後半部分に私が聞いたことと同じようなことが出てきました。

絵柄は素朴な感じで
ほんわかしているのですが
内容は壮絶です。


私がお話を聞いた方も
出兵したものの
ほとんど戦いというものをしないまま
わけもわからにうちに終戦&抑留生活だったそうです。

帰国してからも
就職などで苦労されたこと、
政府の保証は一切なかったことなど
これだけの理不尽な目にあっているのに
何もしてもらえないなんて
やりきれない思いです。

とにかく、知らない日本人が多すぎる!!!
中学生や高校生なんて
シベリア抑留という言葉すら知らない子がほとんど!!!

亡くなった方も生還した方も含めて
これほど多くの犠牲者を出しているのだから
もうちょっと、学校でも学習したっていいのに・・・。


ぜひ、一度このマンガを読んでほしいと思います。


評価
マンガなのであっという間に読めます。
お勧めです。

まだ、感情がぐるぐるしているので
これ以上は書けないです。

ぜひ、一読して下さい。

2013/08/07 23:34 |   マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

蛇蔵&海野凪子.『日本人なら知っておきたい日本文学』.幻冬舎,2011.8.

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る


とっても面白かったです。

古典などでおなじみの人たちがでてくる文学論(?)です。

清少納言のことを言いたい放題の人だとか(確かにそうなんだけど・・・)
紫式部のことは頭がいいのを隠そうとしたりしてぐるぐる考えてしまう人だとか
結構好き放題に評しています。

古典の有名作家さんたちが
ばっさり切られているのが
とっても気持ちいい感じです。

すぐ読めるのでぜひどうぞ!

評価
オール5

2012/04/13 23:42 |   マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

篠原ウミハル.『図書館の主』.芳文社・・・まんがです!

図書館の主 1 (芳文社コミックス)図書館の主 1 (芳文社コミックス)
(2011/08/09)
篠原 ウミハル

商品詳細を見る


図書館の主 2 (芳文社コミックス)図書館の主 2 (芳文社コミックス)
(2012/01/16)
篠原 ウミハル

商品詳細を見る


私の大学の恩師が
プログで紹介されていたので
読んでみました。

私設の児童図書館の物語です。

主人公は表紙に登場している男性の司書さん。
御子柴さんです。

無愛想で口は悪いのですが
なぜか子どもに好かれていて
しかもびっくりするほど児童書にくわしい!

有名な名作がその都度紹介されて物語に絡んできます。

もう一度、読みなおしてみたくなるような
もし、まだ読んでいないなら、一度読んでみたくなるような
そんなストーリーになっています。

『宝島』を読む男の子は
本を読むことでどんどん変わっていくし
『ニルスのふしぎな旅』を読む母親は
自分自身の態度をかえりみることになります。

江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズは
こどもたちの間で
実際に捜索事件として発展していたりします。

大人にとっては
忘れられない思い出の本だったりするような紹介の時もあります。

本当に児童書を読みなおしたくなるような
素敵なマンガです。



評価
オール5


そんなわけで
児童書好きを自認しているというのに
しらない本があったので図書館へ探しに行ってみます。



2012/03/10 23:31 |   マンガCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。