スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

トミー・ドンババンド.『ホラー横丁13番地 1 吸血鬼の牙』,偕成社,2012.2

吸血鬼の牙 (ホラー横丁13番地)吸血鬼の牙 (ホラー横丁13番地)
(2012/01/18)
トミー・ドンババンド

商品詳細を見る


書店に平積みになっていたので気になり
読んでみました。

見た目は小学校の中・高学年むけかと思ったのですが
内容は中学生が読んでも面白いストーリーになっています。

帯にはホラーコメディとかかれています。



10歳の誕生日を迎えた日に
突然、狼男になってしまったルーク。

最初の導入部分は
いかにもホラー小説のようなスタイルです。

狼男に変身して学校の同級生に怪我をさせてしまった翌日
家に顔のない人の集団がやってきて
強制的に引越しさせられる。

たどりついたところが
ホラー横丁。

お隣さんは吸血鬼の一家。

昼でも真っ暗で
ときどきポルターガイストが起こる。

学校の先生は骨だけのズガイコツ教授だし
友だちの女の子はミイラ。

元の世界にかえるために
オットー卿という謎のこわいおじさんが持つという本を探しに
ルークと吸血鬼の子のリイサスとミイラのクレオの3人が
屋敷に忍び込む。

本によれば
6人のホラー横丁の創始者の聖遺物をあつめれば
願いがかなうという。

最初の遺物をさがす3人。

見つけたと思ったら
オットー卿につかまってしまい・・・。



評価
オール5

小学校高学年から中学生むけ。

スピード感があっておもしろいです。
たぶん、他のアイテムも探していくのでしょう。

ルビは全部にあるので
小学校の中学年ぐらいからでも読めそうです。

中のページもこっていて素敵です。

スポンサーサイト

2012/09/27 22:22 |   トミー・ドンババンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。