スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

工藤純子.『恋する和パティシエール 2 栗むしケーキでパッピーバースデー』.ポプラ社,2012.9

恋する和パティシエール2 栗むしケーキでハッピーバースデー (ポプラ物語館)恋する和パティシエール2 栗むしケーキでハッピーバースデー (ポプラ物語館)
(2012/09/07)
工藤純子

商品詳細を見る

小学4年生の和菓子屋の女の子が主人公。
同級生の友達で
お茶屋さんの息子とケーキ屋さんの娘の3人で
力を合わせて
今風の和菓子を作っていく物語。

最後にレシピも載っています。

今回のきっかけは
和菓子屋の杏ちゃんの亡くなったおじいさんが書いた
ラブレターと思われるものを
お茶屋さんの倫也が見つける。

宛名は倫也のおばあちゃん。

三角関係or不倫?

2人のおばあちゃんたちは
そういやめったに顔を合わせないし・・・

というわけで
おばあちゃんたちを仲直りさせるために
手紙にかいてある
おじいちゃんがつくったという
和菓子のケーキをつくることになる。

ケーキなので
ケーキ屋のマリエにも手伝ってもらいながら
3人で協力して和菓子のケーキをつくる。


ちなみに
不倫疑惑は小学生が納得できるような形で
解決します。


評価
面白さ  5
再読度  3(ま、小学生向けだからね・・きっともう読まない・・ということで)
お勧め度  5

小学校中学年向け程度の文字の大きさ。
総ルビ。

レシピなどを考慮すると
高学年にもお勧め。

背表紙の文字にもキラキラが入っているので
書架でも目立つし
お勧めです。

スポンサーサイト

2012/10/08 18:33 |   工藤純子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。