スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

辻村深月.『サクラ咲く』.光文社,2012.3

サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
(2012/03/17)
辻村 深月

商品詳細を見る


短編が3つで。

『約束の場所、約束の時間』


ぜんそくの病気療養のために
未来から現代にやってきたという転校生の少年、悠。

仲良くなってしまう主人公が武宮朋彦。
陸上部の時期エースだが
あまり協調性のあるタイプではないらしい。

悠の持つ、未来のゲームを見つけてからの
秘密の共有者であり友だちになっていく。

タイムマシンがあることで、
それを使って助けてほしいと願ったりするものの、
もしも、それを使えば
悠は未来へ帰らなくてはならなくなるのだとか。

中2の彼らにとっての様々な日常の中
ある日、悠がタイムマシンを使わざるを得ない事故が起きてしまう。



この物語の
主人公、朋彦とおせっかいでしっかりものの女の子美晴は最後の物語でも
脇役としてちょっと顔出しします。



『サクラ咲く』

中1の女の子、塚原マチ。
最初の物語の朋彦たちの学校の1年生です。
最初の物語ででてくる、朋彦がリレーを走るシーンがちょっとだけ登場します。


1年生の1学期。

マチは
図書室の本の間にはさまれたメッセージをみつける。

最初は
リザ・テツナー『黒い兄弟』に挟まれているのを発見。

そのメッセージは『サクラチル』。


その後、『続あしながおじさん』でも発見。

それから、エンデの『はてしない物語』でも発見。
返事を書いて挟んでみる。


夏休みの本をかりると
その中から
『夏への扉』『ライオンと魔女(ナルニア国物語の1巻)』の2冊にメッセ時カードが。


夏休みの自由研究を一緒にすることになった仲間の男の子の名前が
貸出カードにあったので
もしかして・・・と思う。

それから、自由研究をしたり
不登校の女の子、紙音の家にみんなで行ってみたりいろいろなことがおる。

ナルニア国シリーズの2巻目『カスピアン王子のつのぶえ』に返事を書いてみると
3巻目『朝びらき丸 東の海へ』に返事がはさまれて戻ってくる。



カードの主がわからないまま
文化祭の時期になり合唱としたりして
3学期になる。

とうとう、自由研究仲間に打ち明けて・・・。

メッセージカードの主とは・・・。



後味のよい物語です。




『世界で一番美しい宝石』

高2の映画同好会の少年、武宮一平。
メンバーは平野拓史、生田リュウの三名。

映画を撮るために
図書室の君とよばれる立花先輩という美少女に
主演を頼む。

でもあっさり断られる。

あまりに根気強く毎日通って粘ったら
本をさがしてくれたら・・・という交換条件を出される。


そのうち、彼女が演劇をやめてしまった理由や
目立つ生徒と地味な生徒・・・学校は誰のためにあるのか
などなど
さまざまな疑問に翻弄される。



この物語が
高校生主人公なだけあって
一番読みごたえもあって好きです。

一平の両親が
最初の物語の朋彦と美晴だったり
しかも、
朋彦は「友だちのため」にぜんそくの薬を開発する仕事をしていたり
なかなかステキな大人になっているような雰囲気が垣間見えて
不思議な気分になります。


評価
おもしろさ  4.8
お勧め度    中高生になら5
再読度    4.8



表紙がいかにも
女子中高生ターゲットという感じなんだけど
男子がよんでもいいんじゃないかと思います。





スポンサーサイト

2014/02/11 16:38 |   辻村深月COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

辻村深月.『島はぼくらと』.講談社,2013.06

島はぼくらと島はぼくらと
(2013/06/05)
辻村 深月、五十嵐 大介 他

商品詳細を見る


直木賞受賞後の一作目。

瀬戸内海の架空の島、冴島。

そこに住む高校生の同級生の4人を中心に
物語がすすみます。

瀬戸内海にあるのに、火山のある島という
瀬戸内海には火山島はないので
明らかに架空だとわかるような設定になっているのでしょうね。

朱里(あかり)は
父はすでに亡くなっているものの
島独自の男性同士が結ぶ[兄弟]という関係のおかげもあって
村長をはじめ、いろいろな人たちからの助けも受けて
生活している。

ヨシノという島の人とIターンの人をつなぐ仕事をしている人が
島の中でキーポイントになっている。

母はその人のすすめで
魚介類や海藻など
海のものを加工・販売する会社を経営している。

本人は、肝っ玉母ちゃん的は感じになりそうな
明るくて活動的な性格。


衣香は
網元の家に生まれ育った美少女。

網元の家なので、高校卒業後に島を出ることは
考えられないという環境。

しかし、物語がすすむにつれ、自分の将来を考え
島のためになる技術を身につけるために
進学して勉強したいと悩むようになる。


新は
脚本家を目指す少年。
衣香に淡い恋心をいだいているものの
言い出せないでいる。


源樹は
Iターンでやってきた家の子。
父は島で旅館を経営。

幼いころ両親が離婚し
デザイナーの母は島を出て行ってしまう。

その時(幼稚園のころ)、
朱里が島の男性の風習である[兄弟]になろう
と言ったのをきっかけに
島にとどまる決心をする。

兄弟の関係を断ったのは、
兄弟だと結婚できないから・・・という理由。


島では同級生はこの4人。

他にも
島の住民や
Iターンでシングルマザーの蕗子や
島を訪れるいろいろな人たちとの
交流や苦悩を感じて
彼ら4人は
それぞれの進路に悩み
夢をつかもうとする。



読後感もさわやかな
青春小説です。


評価
面白さ  4
 はじめはちょっとまったり。
 後半、いろいろな事件が次々おきて
 どんどんおもしろくなっていきます。
おすすめ度 5
再読度   4.8


基本は高校生の間の物語なんだけど
ラストにエピローグ的に
25歳になった彼らをちょっとだけ見れます。

それがまた、とっても
胸キュンな感じです!

2013/09/16 17:05 |   辻村深月COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。