スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

塚田薫.『日本国憲法を口語訳してみたら』.幻冬社,2013.7

日本国憲法を口語訳してみたら日本国憲法を口語訳してみたら
(2013/07/26)
塚田 薫

商品詳細を見る


愛知大学法学部生の著者が口語訳したものを
その大学の教授が監修されています。

左のページに原文
右のページに口語訳というスタイル。

今の若者の心に届くような
わかりやすい話すような口調なので
内容がストンと入ってきます。

もし、子どものころ、
公民とか学習中にこんな本があったら
社会科が好きになっていたかも。

後半部分は
憲法のなりたちなどが
やっぱりわかりやすく
かいてあります。

憲法っていうと
どうしても堅苦しい感じだし
ちゃんと読んだことがあるのか聞かれると
教科書で習っただけ・・・という人がほとんどで
たぶん
よほど好きじゃないと
覚えさせられた部分の文章はでてきても
内容はさっぱりわからないのではないかと
思います。

そういう意味でも
娯楽性のある・・・読み物感覚で読める憲法という感じです。


きっかけ本にしてほしい・・・かなぁ・・・。


評価
おもしろさ  5 サクサク読めます。

憲法におもしろいとか
ホントは失礼かも・・・なのですけど!

再読度  4

お勧め度 子どもや
     憲法って何が書いてあるんだっけ?・・とかいうような方には
     5


そういえば、
ものすごく何人にもおすすめしたので
誰に言われたのか忘れちゃいましたが
アマゾンの評価は低いよね~・・・だとか。

まあ、たとえば、
まじめに憲法反対運動に取り組んでいらっしゃる活動をしている方とか
法律関係をきちんと学んでいます的な方などからは
こういう種類の本は
評価が低くなりがちでしょうね・・・・

思います。

なので、
私のおすすめしたい人たちっていうのは
あくまでも
「憲法?そういば学校で習ったよね」レベルの人とか
憲法入門として
憲法に親しみをもってもらう目的として
今から学習する小学校6年生の子どもとか
公民分野を学習する中学生とかに
読んでほしいかな~。

そういう種類の人を
ターゲットにした本です。

スポンサーサイト

2013/12/08 18:24 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『日本の謎と不思議大全』全2巻.人文社,2006.10

日本の謎と不思議大全 東日本編 (ものしりミニシリーズ)日本の謎と不思議大全 東日本編 (ものしりミニシリーズ)
(2006/10)
人文社編集部

商品詳細を見る

日本の謎と不思議大全 西日本編 (ものしりミニシリーズ)日本の謎と不思議大全 西日本編 (ものしりミニシリーズ)
(2006/10)
人文社編集部

商品詳細を見る


リアル都市伝説系の本です。

県別に本当に伝わる伝説や物などを
集めてあります。

誰それの埋蔵金とかはもちろん
河童や人魚や妖怪伝説&証拠の品、
ストーンサークル、
失われた古代文字、
キリストの墓、
失われたアーク、
ピラミッドにオーパーツ
などなど
日本にもこんなにたくさんの
謎があったなんて驚きです。


評価
面白さ  5
再読度  5 いっそ買おうかしら?
お勧め度 5

ルビなしの一般書。
オールカラー。
写真も豊富です。

2012/10/08 18:50 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『学習新聞のつくり方事典 取材の方法から記事の書き方まで』.PHP出版,2011.11

学習新聞のつくり方事典学習新聞のつくり方事典
(2011/11/12)
鈴木 伸男

商品詳細を見る


小中学校では総合学習というのが定着していて
調べたことをまとめるのに
学習新聞・・・壁新聞やA4プリントサイズの新聞形式ものを
作成しています。

でも、
教科書の単元として
新聞の作り方を教えるようなものはないみたいです。

小中学生のご家庭では
新聞をとっていない家もかなりあるらしいので
見慣れない形式で作成しろって言われても
難しいわよね。

そんな時にはこの本がお勧めです。

中を見たときに
こんな本が欲しかったのよ~!
と、大喜びでいろんな方に教えてしまいました。

作成の例が書いてあるだけでなく
表紙裏などに
コピーして子どもにそのまま使わせることができるような
フォームまで載っています。

こういうフォームがあれば
だれでもある程度のレベルで作成できそうな気がします。

評価
超おすすめです。
小学校高学年から中学生の
調べ学習をしている人&指導される先生には
ぜひぜひ見ていただきたいです。

2012/08/29 23:14 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『中高生のための 文化祭 企画・アイディア 事典 新装版』.彩図社,2012.5

文化祭企画アイディア事典新装版文化祭企画アイディア事典新装版
(2012/04/25)
彩図社編集部

商品詳細を見る


図書館の新着本コーナーにあったので
思わず借りてみました。

白黒写真ながらも
文化祭に関するアイディアがいっぱいです。

掲示方法や教室の飾りつけ、
模擬店の商品の作りやすさ度
映像展示の作成や
舞台などなど
読んでいるだけで文化祭気分です。

中高生の文化祭じゃなくても
できそうなことがいっぱいありました。

その昔所属していた
育児サークルの遊びイベントにできそう・・・とか
老人ホームによく装飾してあるようなもののアイディアは
ここからでも何かできそうな気がします。

この海の家企画で
水風船釣りとかさせてほしいかも(笑)





2012/05/28 22:35 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

玄田有史.『14歳からの仕事道』.理論社,2005.1.

14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)
(2005/02)
玄田 有史

商品詳細を見る


中学生~高校生向けの
< 仕事 > についての本です。

著者は大学で経済学を教えている先生です。

この本は小学校高学年向けレベルのルピ付き。
文字の大きさもそのぐらいの年齢からよめるようなものです。



将来、具体的に何をしたいのか・・・ということが決まっていない
ごく普通の中学生や高校生をターゲットにした内容です。


どういう風に行動していくべきか、
仕事にたいしてどう考えるべきか
働くとはどういうことか

そういうようなことを考えましょう・・・という感じ。


前半はかなりサクサク読めます。


悩むだけ悩んで出した答えなら
それが良い結果だとか
勉強はワケわからん というのが いいのだとか
考え方も面白いです。

そういう悩みや苦労が仕事のできる人材になるのだとか。

後半はちょっと大人目線で説教くさい部分もあって
あきてきます(苦笑)
書かれていることは、正論です。




今すぐ、どんな仕事に就きたいか決める必要はなく
まわりが決めてくれる場合もある・・・というような
考え方は
まだ目標の定まらない多くの中高生にとっては
肩の荷がおりるような感じがするでしょう。



評価
面白さ 前半 4.5
    後半 3

お勧め度  3.8

再読度   2



読書という意味では
きっともう読まないと思うのですが
進路について悩んでいる人には
お勧めします
    


2011/05/21 21:39 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。