スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

くぼしまりお.『ブンダバーのただいま~!』.ポプラ社,2009.12.

ブンダバーのただいまー! (ブンダバーとなかまたち)ブンダバーのただいまー! (ブンダバーとなかまたち)
(2009/12)
くぼしま りお

商品詳細を見る


小学校2年生ぐらいから。ターゲットは3-5年生ぐらいかな?

佐竹美保さんのかわいいイラストです。
しゃべる猫の話です。

ブンダバーのシリーズは、もともとのシリーズの1巻だけ読んだっきり・・だったんだけど、
今回、小学生の姪のリクエストで、最新刊をプレゼントしたところ、
手にするやいなや、一心不乱に読みふけっていたし、
感想を聞いたところ、「今回の話は、感動するやつだった」とか・・。

気になったので、借りて見ました。

このストーリーは、前巻の『ブンダバーのいってきま~す!』の続きっぽいのですが、
はじめに簡単な設定や人物紹介的な短い話が書かれているので
違和感なくストーリーに入り込めます。

表紙の絵にもでてくる << しゃべって動くタンスのタンちゃん >>と、
<< しゃべる猫のブンダバー >> が
カバンをもったマーメイド号(船)からぬすまれた
<< 船首像のマーメイドちゃん >>を
船長さんたちとともに探す冒険ストーリーです。

マーメイドちゃんとタンちゃんを作った人は同じ人なので
マーメイドちゃんも、実は動けるのだとか・・。
・・・と、いうことは、「盗まれた」っていうよりも「誘拐された」かもね(笑)

途中でであう人たち・・・船の食器を盗んだ犯人なども、
なんとなく憎めない人に書かれていて、
船長さんたちも、マーメイドちゃん情報と引き換えに、訴えたりしないでみのがしてあげるんですよね~。

そういうところも、あたたかい気持ちになれます。

マーメイドちゃんの過去や、マーメイドちゃんが出会った車いすの老婦人との交流、
最後にマーメイドちゃんの決めた、今後の身の振りかたとかも、
本当によかったね~という、幸福な感じが共有できます。

ラスト近くのクライマックスで、嵐に巻き込まれて
ブンダバーたちが危機に見舞われたりもします。
その助かり方は、
かなり突飛というか、この作品ならではというか(笑)
・・ま、そこは、読んでみてね~・・ってことで。

展開も早くて、ストーリーもしっかりしているので
そりゃ、はまるわ(^^;)



評価
これは、オール5でもいいかも!

小学生の低~中学年対象だけにしとくのは、もったいないかも。

スポンサーサイト

2010/01/16 19:32 |   くぼしまりおCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。