スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

鳴沢真也.『ぼくが宇宙人をさがす理由』.旬報社,2012.8

ぼくが宇宙人をさがす理由ぼくが宇宙人をさがす理由
(2012/08/24)
鳴沢真也

商品詳細を見る


2013年度中学校課題図書です。

兵庫県立大学西はりま天文台 天文化学専門員 の方が筆者です。

宇宙人、それも知的生命体が
宇宙のどこかにいるという証明をさがすための観測をする計画を
実行するリーダーとなった方です。

宇宙人のいる確率ってどうやら計算して出すことができるらしいです。

星から発信される電波を
地球上のたくさんの観測所で同時刻に一緒に観測するとか。

どこかの星から電波が出ている・・・ということは
知的生命体がいる証拠になるのだそうな。

少年期にひきこもりになったりしていた筆者が
今は世界中の観測チームを率いる・・・そういう風になっていく様子が
この本です。

この方、
いつか好きな天体観測を仕事にしたいと願い
本当にコツコツと一歩一歩
夢を目指してちょっとづつ進んできたようです。

文章も易しいし
読みやすいです。

カール・セーガンの『COSMOS(コスモス)』という本が
昔、大ベストセラーになって
私でも記憶の片隅に残っているほどなので
きっと
すごい売れ行きだったんでしょうが
そのこととか
他にも、この方の年代だと経験してきた
宇宙開発のニュースが
彼を宇宙大好き少年にしてきたのだそうです。


最近の中学生とか高校生ぐらいの子たちにとっては
この方(1965年生まれ)の世代ほど
宇宙大好きな人って少ないと思います。

今の子たちにも
もっともっと宇宙に興味をもってほしいなぁ・・・。



私もこの本を読んで
改めてそう感じました。


評価
面白さ  4 こういう種類の本としてはかなり面白いと思います。
再読度  2
お勧め度 4.5


読みやすいし、わかりやすいです。

たぶん1時間もあれば読めちゃいますが
課題図書でなければ
中学生が手に取るか・・・というと疑問もあります。

ま、
大人や教育者が求める「中学生に読んでほしい本」という感じのものです(^^;) 

スポンサーサイト

2013/04/28 23:22 | 400分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『海野和男のさがしてムシハカセ1 さがそう!ちがう虫』.偕成社,2007.7.

海野和男のさがしてムシハカセ〈1〉さがそう!ちがう虫海野和男のさがしてムシハカセ〈1〉さがそう!ちがう虫
(2007/06)
海野 和男

商品詳細を見る


小学生に絶大な人気の本だそうな。

さがしもの絵本・・・『ミッケ!』シリーズみたいなものかと思ったら
ちょっとちがう・・・。


たとえば、この表紙。
「クワガタでないムシはなんびき?」という質問。

ところが、一見すると、ほぼ似たようなムシばかり・・・・。

ヒントは触覚だそうなのですが
それを聞いてもかなり難題。

クワガタ以外のムシは
カミキリムシやコガネムシの仲間だったりするのだけれど
どちらも甲虫類なわけだから
私にはかなり難しい(苦笑)

子ども向けの本なのに
子どもだましでないところが
人気の秘訣なんでしょうね。

見分け方ヒントなども載っているので詳しくなるしね!



と、いうわけで、
虫好きっていうわけじゃないのに
全部チャレンジしてしまいました。
全問正解のページは「なし」というなさけない戦績でしたが・・・。


評価
中学生ぐらいでも
みんなでわいわいながめると楽しいのではないかしら。
そう思わせるような本でした!

2010/12/27 13:21 | 400分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『野山の鳴く虫図鑑』.偕成社,2010.10

野山の鳴く虫図鑑野山の鳴く虫図鑑
(2010/10/05)
瀬長 剛

商品詳細を見る


うちの子どもが昆虫にはまっていた、幼稚園から小学校の低学年ごろにこんな本があったら欲しかった!
というような本です(笑)

コオロギやキリギリスなどのいわゆる「バッタ」の図鑑。

春・夏から秋・冬に分けられています。

春のページでは、幼虫のバッタ類。
春の野原などでみられる姿です。

夏から秋にかけてのページでは
よく昆虫図鑑に乗っているような状態。
もちろん普通の図鑑より詳しく書かれています。

冬のページでは卵の状態。
どんな場所にどんな形状の卵を産むか
書かれています。

それにしても
こんなにたくさんの微妙にちがうバッタ類がいるのね~。

おもしろいです。

2010/12/10 13:50 | 400分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『科学キャラクター図鑑 物理学 ぶつぶつ物質!』『科学キャラクター図鑑 岩石と鉱物 読む宝石!』.玉川大学出版部,2010.5.

物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑)物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑)
(2010/05/28)
ダン・グリーン

商品詳細を見る


岩石と鉱物 ―読む宝石!― (科学キャラクター図鑑)岩石と鉱物 ―読む宝石!― (科学キャラクター図鑑)
(2010/05/28)
ダン・グリーン

商品詳細を見る


図書館の新着コーナーにあったのでかわいくて思わず借りてしまいました。

中身は見開きで
それぞれの物質のキャラクターが右側のページに、
左側はそのキャラクターが自己紹介という形式。

最新の理論でかかれているし、おもしろいのはおもしろいです。

物理の方は、とくにわかりやすいし、かわいいし、面白い!



でも、岩石と鉱物の場合は、やっぱり本物の写真もほしかったかなあ~。
だって、名前とキャラクターイラストだけでは、どんな石やら宝石やら、さっぱりわからないし、
想像すりゃいいってもんでもないよね???

それぞれのぺージにのせたくないなら、後ろの方にまとめて・・でもいいから
本ものの石たちの写真があればよかった。

ラストに関連図書の紹介がのっていて、そこに岩石写真集も紹介されているけど
結局は、めんどうだから、わざわざかりたりしないだろうし、
そう思うと、せっかく興味をもったものの、石が見られないんじゃね・・・・。



物理の方の物質は
どうせ、目に見えないものがほとんどなので
イラストだけで充分たのしめました。

2010/07/09 14:06 | 400分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

冨田伊織.『新世界 透明標本』.小学館,2009.10.

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~
(2009/10/15)
冨田 伊織

商品詳細を見る


朝日新聞の紙上で紹介されていて、
今までにみたことのないタイプの本だと思って、実物を見てみました。

新聞のときはモノクロだったのですが
カラー写真でみて、びっくり!

骨なのに(ここ重要!)
幻想的でデザイン性のあるオブジェのようなんです。

魚の仲間のひれやら えんがわの骨と体の骨の関係も「不思議だ~」と思いつつながめていました。

どういう仕組みで
こんな風に肉の部分は透明で骨の部分が幻想的な色にそまって見えるんでしょうね。


先日、ちょうど『星の王子様』で
「うわばみが自分より大きなものを飲み込んだ絵」というのをみたところだったので
同じように へびのなかまの「ヤマカガシがニホンアマガエルを捕食した標本」には
共通するものを感じて、うれしくなってしまいました。

蛇の仲間って他の生き物みたいに内臓をあばら骨でまもってないんだねぇ~。
あごの骨のつき方も、かわっているし・・。


ま、強いて言うなら、
アジの写真は 頭よりもぜいごがみたかったかなぁ(ぜいたくな悩み!)
それに、後ろの各写真の解説を読んでいたら、
ヤマカガシのおなかの中は奥へ進むほど消化がすすんでいるって 書いてある。
でも、その写真はちょっとわかりにくい。ここでカット?という構図だし。
デザインや芸術的価値を重視した写真のとりかただからなのでしょうね。
理科的好奇心に対しては ちょっと ものたりないかなぁ。
せっかくなのに・・・。

でも、きれいだし、幻想的だし、ポスターとかの写真(構図)と思えば、
まあ、なっとくかな!




文字は少なめです。
説明文は最初にあるだけ。



気になって巻末のHP紹介などを検索してながめていたら、
この標本って、標本としても販売しているらしいです。


評価
面白さ  パラパラとながめる本としては、けっこう面白いかも。
     見るたびに発見があるし。
     4.9かな
再読度  4
お勧め度  5 他に似たような本がないので、一度はみてみるといいかも。

2009/12/24 23:54 | 400分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。