スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

村林新吾.『高校生レストラン、行列の理由。』.伊勢新聞社,2010.11

高校生レストラン、行列の理由。高校生レストラン、行列の理由。
(2010/11/30)
村林新吾

商品詳細を見る


5月からはじまったドラマ『高校生レストラン』は
先日読んだ『高校生レストラン、本日も満席開店。』とこの本がベースで
取材中に実際にあったエピソードなどをもりこんだオリジナルストーリーなんだそうです。

ラジオで著者がインタビューに応じて
そうおっしゃっていました。
だから、ドラマはみていてドキドキするんだとか。



さて、この本ですが、
『高校生レストラン、本日も満席。』とはちがい
教育論的な感じです。
高校生にたいして
教育の現場でどういう風に接しているのか・・・
どんな順番で調理を教えているのか・・・
先生ご自身の「教育に対するポリシーを語る」という意味合いの本になっています。

なので、全体としては
物語性みたいなのはあんまりないです。
エピソードはいろいろでてくるので
きっとこれからのドラマに使われるんだろうな~というようなところは
いっぱいありました。


最後まで読んでみると
この本は、
伊勢新聞連載の「村林新吾の教育は真剣勝負!」を加筆修正したものだそうなので
教育論的だと感じるのも
しかたないかもしれません(苦笑)

なので、こちらの本は
教育にかかわる < 大人 > に読んでほしい本です。

学校だけでなく、
どんな場でも
「人を育てるということ」すべてに通じるのではないかと思うような事が
いっぱいでてきます。

評価 
面白さ  4
お勧め度  4 
再読度  3

ただし、対象が教育にかかわる人であれば
面白さ&お勧め度 5 だね!


ルピなしの一般書ですが
文字は大きめで
それほど厚さがないのですぐ読めます。



スポンサーサイト

2011/05/14 09:43 | 600分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

村林新吾.『高校生レストラン、本日も満席。』.伊勢新聞社,2008.3.

高校生レストラン、本日も満席。高校生レストラン、本日も満席。
(2008/03/17)
村林 新吾

商品詳細を見る


この本を読んで泣くなんて、もしかして私ぐらいかも・・・と思う。

実話なんだけど
熱血高校教師が主役の小説っていう感じ(?)

ルピなしの一般書ですが
そんなに文字も細かくはないし
本も適当な厚さなので簡単に読めます。

高校進学を考える前に
こういう進路もあるってことで
ぜひ中学生やその親に読んでほしいと思う一冊。



三重県の相可(おうか)高校という実在の県立の高校の食物調理科。
辻料理専門学校という大阪拠点の超有名料理学校の教師をしていた
著者が県立高校の教師として
奮闘する物語。

実際に
土日だけ営業の
「高校生レストラン」を立ち上げ、生徒たちの教育の場として運営しています。

現在、地元では
とても有名なことですが
ここに至る道のりは苦労とまわりの人たちの協力と
しかも、熱血な先生がいてこそ。

けっこう熱い物語です。

評価
オール5
かなり読みやすいし
熱血、成功、教師、の物語という感じです。


ちなみに分類は6分類がついていたのですが、
読んでみると、289(伝記)でもいいような気もする内容。
一応、レストランだから産業の6の分類なのかな?



2011/05/12 21:32 | 600分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『チリメンモンスターをさがせ!』.偕成社,2009.7.

チリメンモンスターをさがせ!チリメンモンスターをさがせ!
(2009/07)
日下部 敬之きしわだ自然資料館

商品詳細を見る


これ、かなりおもしろいんです! 

チリメンジャコの中にタコの赤ちゃんやエビなどが入っていることってありますよね。
そういうものをまとめて「チリメンモンスター」略して「チリモン」。
きちんとしたチリモンの説明やチリメンジャコのでき方の説明もあったうえで、
「この写真の中にチリモンは何匹?」とか「この写真と同じチリモンをさがせ」とかいう
さがしもの絵本のようなスタイルのぺージもあります。

つられて探してみると、
ついつい、かなり細かく観察してしまうわけです。

最後に図鑑のようにまとめて、チリモン写真と、チリモンの生きているときの写真、本当の名前などが
流行のバトルカードの形式になって解説されています。

この魚って、海水浴場で見た魚だわ~なんてのもありました。



400分類かと思ったら、600分類の番号がついていました。
きっと、水産業扱いなんでしょう。
なんとなく魚の図鑑気分で読んでしまいました。







2010/02/15 21:39 | 600分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。