スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

綾辻行人.『Anither(アナザー)』上・下.角川書店,2010.11

Another(上) (角川文庫)Another(上) (角川文庫)
(2011/11/25)
綾辻 行人

商品詳細を見る


Another(下) (角川文庫)Another(下) (角川文庫)
(2011/11/25)
綾辻 行人

商品詳細を見る


ちょっと前にアニメ化していたらしいのですが
全然知らないうちに終わってしまったみたいです(^^;)

綾辻さんの学園ものらしい・・・ということで
読んでみました。


夜見北中学校の3年3組が舞台です。

4月、東京から転校して通学予定だった榊原恒一。
気胸という肺がパンクしてしまう病気で入院することになる。

5月から通学できそうということで
新しいクラスメイト代表が病院にお見舞いにきてくれる。

学校へ行き始めると
クラスの中になんだか違和感が・・・。

病院でも見かけた美少女・ミサキ メイ。
なぜか不思議な存在で、ひきつけられるものがある。
話しかけたりしてみるものの
やはりなんとも不思議な感じなのだ。

そうこうするうち、
クラスの委員長が
壮絶な事故にあい、亡くなってしまう。

夜見北中には七不思議のような不思議伝説がある。
そのうち、3年3組にまつわる呪いが
今年ははじまったと言うのだ。

それは、死者がクラスメイトに紛れ込む。
一人増えたためか、
クラスメイトかその2親等以内の家族が
次々に亡くなるというもの。

呪いのために記憶が操作されるという。

死者はだれなのか。



謎解きとホラーが一緒になっています。
「死者は誰か?」「呪いを止める方法は?」
この2点の謎解きが
本格ミステリーの様相で
物語にあっという間に引き込まれてしまいます。


評価
オール 5
ですね!

もっと早く読めばよかった!!!

恩田陸『六番目の小夜子』とかのような
ホラー感もたっぷりで
しかも本格ミステリーのような
謎解きもたっぷり。

この人が死者なのか?
こっちの人も怪しいし・・・
こういう点もあやしいからそっちの人が死者なのかも。

という具合に
登場人物たちと一緒になって
あちこちみんな怪しく思えてきます。



あーもうー
こんな2冊組みたいな長編を
のんきに一気読みしてる場合じゃないほど
ホントはプライベートが忙しいのにっ!!!


けど、ホントに止まらなかったのです(^^;)



スポンサーサイト

2013/04/21 18:52 |   綾辻行人COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

綾辻行人.『十角館の殺人』.講談社,2008.9.

十角館の殺人 (YA!ENTERTAINMENT)十角館の殺人 (YA!ENTERTAINMENT)
(2008/09/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る


こんな本があったなんて!!!

これぞ「ミステリー」です。
推理小説の面白さがすべて詰まっています。



きっかけは、最近見つけたお気に入りのプログがあるのですが
(これです↓)
本を読む大学生(←これがプログトップです)
http://honyomi51.blog11.fc2.com/blog-entry-119.html(記事はこちら)
プログの中で絶賛されていたから。

図書館で検索をかけてみると、
大人向けの本の他にも
児童室に <講談社YAエンターティメント> シリーズの この本がありました。
きっとYA向けの方がルピとかもあって読みやすかろう・・・と考えてこちらを選択。



後書には なんと、中学生に大人気の作家・はやみねかおる!!!!!
それも、大絶賛!





ある大学の推理小説クラブのメンバー。
あだ名が
エラリイ、ポウ、アガサ、カー、オルツィ、ルルウ、ヴァンの7人。

半年前に殺人事件のあった十角館のある島(現在は無人島)に春休みを利用して1週間合宿に行く。

外部との連絡方法のない隔離された島の中で、
殺人予告のプレートを見つける。

「第一の被害者」「第二の被害者」「第三の被害者」「第四の被害者」「最後の被害者」「探偵」「殺人犯人」

その予告通り、被害者がでる。



一方、合宿に参加しなかったクラブの元メンバー江南(かわみなみ)の自宅に手紙が届く。

去年の1月、急性アルコール中毒で死んでしまった中村千織の父親・・・・
十角館の主で半年前の事件の犠牲者・・・からだった。

その飲み会の時、江南は守須というメンバーと二人、先に抜け出していた。



島の事件の進行、
陸上での過去の事件の真相究明とが並行して進行する。





犯人はあっと驚く人物。
トリックも見事です。



絶対に予想できないよ~~~。
えーーーーーうそーーーーこの人ーーーー!!!!!!!
と、叫んでしまった(笑) 


ちょっとネタバレになりますが
私の間違ってた推理では
きっと、紅次郎が犯人だと思っていたのよ~!!!!!




評価
オール5

それ以外つけようがありません!!!




昔、エラリー・クイーンやアガサ・クリスティ、エドガー・アラン・ポーなどなど
海外ミステリーを読みあさった時のドキドキ感を思い出して
ホントに楽しかったです♪







2010/07/19 09:34 |   綾辻行人COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。