スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

渡辺憲司.『時に海を見よ これからの日本を生きる君に贈る』.双葉社,2011.6.

時に海を見よ-これからの日本を生きる君に贈る時に海を見よ-これからの日本を生きる君に贈る
(2011/06/15)
渡辺 憲司

商品詳細を見る


教師をされている方たちが
あまりにもこの本の話しで盛り上がっていた。
本好きなのが浸透しているせいか
「これ、絶対読んで。ものすごくいいから。すぐに読めるし」と言われ
借りました。


3.11の震災で卒業式が中止になった高校の校長先生の
卒業生に贈る言葉です。
ネット上で公開したところ話題となり
出版することになったとか。

とても、おもしろい考え方の先生で
その学校の生徒のほとんどは
大学へ進学するそうです。

大学へいくのはなぜか。

先生は、海をみる自由のためだと
言っています。

最初に、本来の卒業のメッセージが載っています。

全部読むのが面倒だと思っても
このはじめのメッセージだけでいいから
読んでみるのをお勧めします。

他も折々の先生のメッセージなので
ちょっと内容が重複するところとかあるものの
朝礼とか終業式などで
こういうお話をされる先生って
すてきなんだろうな~と思います。

教育者としての経験などもかかれていて
自分自身を振り返る
いい機会になります。

それに
なんだか励まされました。

個人的に
全く違うことで
今はちょっと閉塞感があって
いろいろなことに追われているのですが
ほっとするような
あたたかい気持ちになります。


評価
お勧め度 5
再読度 不明

ルピなしの一般書。
文字はやや大きめ。小学校高学年ぐらいから対象の本と同じ大きさ。
ネット上のものをまとめたというだけあり
多少重複するような部分もあるものの
一つ一つが読みやすくて素敵な文章です。

スポンサーサイト

2012/02/20 19:36 | 914分類(エッセー)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

北大路公子.『頭の中が漏れ出る日々』.毎日新聞社,2010.3.

頭の中身が漏れ出る日々頭の中身が漏れ出る日々
(2010/03/17)
北大路 公子

商品詳細を見る


この本がエッセーだとは知りもせずに図書館に予約。

しかも、いつもの公共図書館の所蔵に無かったらしく
届いてみたら
一応県内の図書館ながらも
かなり遠いところの本でした。

図書館のみなさま、いつもお世話をおかけしています(^^;)



きっかけは、図書館所蔵の「本の書評系雑誌」を片っぱしからチェックして
おもしろそうだと思ったものはメモする・・・という
毎月恒例の
3時間ほど図書館入り浸りの作業 から見つけてきました。
しかも、「特に読みたい」マークを付けてあったので
司書さんにお願いしてあれこれ探してもらって残りは予約をかけたのです。

で、これ。



確か、好きな作家さんの誰かが
昨年1年間で読んだ本の中で一番面白かった本としてあげていたから。

でも、それが誰だったのか思い出せないし、どの雑誌で見たのかもわからない(苦笑)
しっかりメモしておけばよかったです。
そうすれば、その作家さんのファン仲間にもお勧めできたのに・・・残念・・・。



サンデー毎日連載のものを集めたのだそうです。

ご本人の日常などがかかれているのですが
これがおかしいのなんのって・・・大爆笑という感じです。


この方は 40代の独身女性。
北海道に ご両親と在住。
昼酒が好き。
飼い犬は、インシュリン注射が必要な糖尿病犬。

ごく普通の日常が書かれているだけなのに
なぜかおかしくって笑ってしまうのです。


普段、エッセー集はあまり読まないのに
一気に読んでしまいました。




とにかく面白い!


評価
面白さ  もちろん5
再読度   5 すでに2度読み完了
お勧め度   5


あまりに面白いので
購入してまわりの人たちに押し売りならぬ、
<無理やり貸出>をして
この面白さを共有しよう・・・と計画中(笑)

2011/02/07 16:55 | 914分類(エッセー)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。