スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

はやみねかおる.『都会(まち)のトム&ソーヤ 5 上・下 IN 塀戸』講談社,2007.7.を読む 

講談社YA!エンターテイメント シリーズ
はやみねかおる/著
『都会のトム&ソーヤ』・・・
そういや5巻を読んでなかった・・・と、借りて来たはいいけど、
上下巻でした。

2日で読波。

相変わらずの、栗井栄太(くりいえいた)からのRRPG(リアル・ロール・プレイング・ゲーム)に
塀戸という街へ招待(?)されて出かけていく。
そして、やはり予想もつかない出来事が起きて、なぞ解きをしていく。
途中、「へぇぇ~」とうなるようなサバイバル術の披露か゜あって
ちょっとうれしくなっちゃうかな(笑)

中2の内人(ないと)と創也(そうや)の繰り広げる冒険!

失敗なく楽しめました!


シリーズの説明を・・・
創也は竜王グループの御曹司で頭がよくってワインレッドのフレームの眼鏡をかけていて
顔もいい。(もちろん女の子にもてる)
趣味は紅茶をおいしく入れること(?)
第6のゲームをつくるゲームクリエイターになること。
細い路地裏に入口のある「砦」を持っている。
内人に言わせると、猪突猛進型で、トラブルに後先考えず突っ込んでいき、
内人にどうにか助けてもらえるだろうと高をくくっている。

主人公の内人(ないと)は
本人は平凡で普通の中2と言っている。
創也に言わせると、
サバイバル術にたけている。

と、こんな2人の最大のライバルは、
ゲームクリエイター集団の「栗井栄太」である。


面白さ・・・4.5 期待どおり
お勧め度・・4  子どもにお勧めしても絶対に失敗はないので安心(笑)
再読度・・・3   忘れたころにまた読む可能性はあるかも。
  

スポンサーサイト

2009/01/30 20:38 |   はやみねかおるCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

深沢美潮.『IQ探偵タクト 桜の記憶』.ジャイブ,2008.8.を読む

IQ探偵タクト 桜の記憶 (カラフル文庫)IQ探偵タクト 桜の記憶 (カラフル文庫)
(2008/07)
深沢 美潮

商品詳細を見る
ジャイブ株式会社 の「カラフル文庫」シリーズ   小学4~6年生向け
『IQ探偵タクト 桜の記憶』(アイキューたんていたくと) 深沢美潮(ふかざわみしお)/著
(2008.8発行)を読んだ。

職場で、「今はパスワードシリーズよりも 『IQ探偵ムー』とか『IQ探偵タクト』とかの方が・・・」
と言われたので、
タクトの方は読んだことがなかったので借りてみた。

これって、完全に女の子向け!
タイトルはもっと女の子受けするようにしてもよかったかもね(笑)。

小5の女の子、折原未来(おりはらみく)が主人公。
少女マンガにありがちな、普通っぽい明るいにぎやかな感じの女の子。
新聞部に所属していて、今回は「桜幽霊」を取材することになる。

タクトは、小6の同じ新聞部の先輩で、渋沢拓斗(しぶさわたくと)の事。
不思議な事件をなんなく解決していく、クールビューティー。
背も高くて、髪もふわふわしてやわらかそうで薄茶色。
瞳の色も薄く、色白でハーフに間違えられるほどの美少年だが、
ちょっと「おたく」っぽくて(この本の時はモグラにはまっている)とぼけていて、
お世辞にもとっつきやすいタイプではない。

ま、少女マンガの定番のような設定である。

事件は読者が考えても解決できないタイプ。

本の中の登場人物たちが、解決していくのを追いかける読み方の本。
「探偵」とは言っても、ミステリーとはちょっと違うような気がする。

ストーリーも、主人公がピンチになるのを
タクトが冷静に出口を見つけて導いていく・・という感じ。

読者が一緒に推理して・・・ということは、ちょっと無理かも。
推理小説というつもりで読むと、ちょっと失敗です。

はっきり言って、少女マンガの典型的なストーリーです(笑)

面白さ・・普通。小学生の女の子にはラブストーリーもあって少女マンガ風でよいかも。
     中身もそれなりだし。読書するにはおすすめできる。

再読・・・私はたぶん読まないだろうなー(笑)

お勧め・・小学4~6年生の女子にはお勧めしたい。

2009/01/30 20:30 |   深沢美潮COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

香月日輪.『妖怪アパートの幽雅な日常』1巻から5巻.講談社.2003-10~2006.3.を読む

講談社の YA!エンターテイメント シリーズ
『妖怪アパートの幽雅な日常』香月日輪/著 
1巻 2003.10 
2巻 2004.3
3巻 2004.10
4巻 2005.8
5巻 2006.3
を読んでいる。

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)
(2006/03/11)
香月 日輪

商品詳細を見る

(他のは画像がうまく入りませんでした!ごめんなさい!!!)


1日目に1巻と2巻を読み、すぐに、図書館で続きを借りてきて、
また、1日で3巻と4巻を読み
予約しててもまだ来ないので、
とうとう5巻だけ別の図書館で借りてきて、やっぱり1日で読んでしまった(笑)

中1の長男も、ほぼ1日1冊ペースで読んでいるので
これは、かなり面白いといえるだろう。

1巻目は「産経児童出版文化賞フジテレビ賞」受賞作品である。

主人公の稲葉夕士(いなばゆうし)が高校生になるところからスタート。

両親は事故ですでに他界していて親せき宅で世話になっている。
そのため、寮のある学校へ進学したわけだが、
春休み中に、寮が火事になり、入寮は半年後となることになった。

どうしても家を出たい夕士は不動産屋めぐりをする。
でも、まさか寮に入る程度の金額・・・それも、家庭の事情を考慮されての減額扱いの金額ですめるアパートなどあるはずもなく・・・・
と思ったら、不思議な不動産屋を紹介される。

格安のまかないつきのアパートはなんと妖怪アパートだった・・・・。

と、まあ、ストーリーだけ書くと、
結構怖い(?)という感じなんだけど、
実際は、
膝をばしばし叩いてゲラゲラ笑っちゃうようなことが
次々と出てくる。
とってもマンガちっくな展開とストーリー。

でも、この小説の言わんとするところは
コミュニケーションの大切さ、
(本当の意味での)大人と接することで学べることの大切さを中心としている。

映像化してしまうと、
まかないの「るり子さん」のもじもじした手の様子なんかが、
かなりやぼったくなっちゃいそうで、
絶対に映像化や漫画化などせずに、小説で読むべき本だと思う!!!

と、いうわけで、
今は、6巻予約待ちです。
早くこないかな~。

読みやすさ ダントツ!  5
お勧め度  もちろん   5
再読指数   文庫版も出ているらしいので、出そろったら買おうかな~。

2009/01/30 20:13 |   香月日輪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

森博嗣(もりひろし).『スカイ・クロラ』.中央公論新社,2001.

スカイ・クロラスカイ・クロラ
(2001/06)
森 博嗣

商品詳細を見る
『スカイ・クロラ』を読む。

昨年(2008年)の夏に押井まもる監督のアニメ映画が公開されて話題になっていた作品。
作者の森博嗣は、別の作品の作者紹介では、「理系ミステリー作家」とされていた。

で、この本はというと、ジャンルはなんだろう?
よくわからなかった。

力のある人気作家だけあって、一気に読めたのだけど、設定その他何もわからないままに終わってしまったような気がした。。

主人公は、「カンナミ」(ユーヒチ)で、戦闘機のパイロットである。
赴任してきたところには「笹倉」というすご腕のメカニックと
女性上司「草薙水素」がいる。

飛行機の描写はとても臨場感があり、文字だけなのに、空を飛ぶ爽快感が気持ちよく伝わってきた。

飛行機のメカニックに関しても詳しく書かれていて、なんとなくその気になってくる。

真ん中あたりまで読んで、ようやく、
戦争を請け負う会社の社員だということがわかってくる。
設定としては、近未来?
ジェットエンジンの飛行機が50年前の大戦のころ・・・というあたりからしても、
近未来の設定なのであろうか。
SFっぽいものは特に出て来ないので、現代のことような気もする。

唯一出てきて、ストーリーを左右する言葉が
「キルドレ」である。

これも、どういう設定なのかよくわからない。

あまり年を取らず、過去の記憶があいまいで、永遠の子供だとストーリー上では言っている。
もしかすると、普通の子供ではなく、戦闘用につくられた人間なのかもしれないし、
それとも、普通の子供の中から「キルドレ」と呼ばれる人が出てくるのかもしれない。
戦争関連の仕事をするのは、「キルドレ」らしい。

最後にカンナミは草薙水素の自殺願望をかなえることになるが
なぜ、そうすることになったのか、その後どうなるのか・・・などは
一切書かれておらず、
何もかもが、幻想的で抒情的な不思議なムードの作品であった。

舞台のほとんどが「空」と「戦闘機」と「基地」なので
映像化すればかなりきれいなのではなかろうか・・と期待できそうな感じはした。

読みやすさ・・・・4
再読したいか・・2
誰かに勧めたいか・・・2

どうやら続きがあるらしいので、それに期待してみようか・・。
とりあえず、図書館で予約。

2009/01/06 10:11 |   森博嗣COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。