スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

香月日輪.『妖怪アパートの幽雅な日常 10』.講談社YA!エンターテイメント.2009.3.

泣きました!!!

いよいよ完結編。

中のセリフで「泣けるっていいよねー。心のデトックス」というのがあったけど、
この本を読んでの涙は
ホントに「心のデトックス」・・・だったと思う。

例によって例の如く、かなりよかったので
また1巻から読みたくなってしまいました。

やっぱり購入しよう・・きっと、何度も読みたくなると思う。

正論やお説教めいた台詞がたくさんでてくるのに
こうも素直にうなずけてしまうのは、この作品のすごさなんだろうな・・・。

と、いうわけで、
うちの中にも勤務先にも
この本を待ち構えている子はかなりたくさんいるので
みんなぜひ読んでね~。
タオルは用意したほうがいいよ~。
泣けるから(*^0^*)//



ストーリーは
はじめ、9巻の最後の電話はたいしたことがなかった・・・と思っていたら
その後の長谷と自分の人生そのものを変える大事件のスタートを知らせる合図だったんですよね。
これまでの様々なことが複雑にからみあって
・・・・でも、最後はハッピーエンド。
予想とは全然違うラストだけどね♪



評価はすべてオール5。

文句なしの最高評価をつけていいと思う。

スポンサーサイト

2009/03/30 21:56 |   香月日輪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

結城光流.『篁破幻草子 六道の辻に鬼の哭く』.角川ビーンズ文庫,H18.4.

篁のシリーズも第4巻。
今回は、結構謎が解けた部分もあった。
篁の星の元には5つの星が集うはず。
うち3つの星は誰かわかっている。

ただし、星の1つ「楓」を殺そうと
朱焔たちは狙っている。

井上(いのえ)の過去についてもちょっと出てくる。

井上がらみの人も出てくる。

融も武具を手にいれたみたいだし、
禁鬼「雷信」の素性も少しだけあきらかになってきた。

この巻では、井上が消え、楓が殺されたかも・・・ってところで終わっていて
かなり激動っていう感じ・・・・のわりには、気持ちの動きはそこそこっていうふうかな~。



はぁぁぁ~。トワイライトを間に挟んで読んだのは
失敗だったかも。

こうしてみれば、所詮ライトノベルのレベルはそれなりって言う感じだものね。

面白さ 3.8
     たぶん、タイミングがわるかったのよっ。
お勧め度  3.5
再読度  1

やっぱり、世界的なベストセラーになるものと比べるのが間違っている?

2009/03/25 13:43 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『トワイライト1 愛した人はバンパイア』.ステファニー・メイヤー

ステファニー・メイヤー 著
小原亜美 訳
ヴィレッジブックス
2005.8.

主人公は17歳の高校生、ベラ(イザベラ・スワン)

運動神経が0で、まわりにうまくなじめなくって、でも、周りから浮くのはいやで
母がマイナーリーグの若い野球選手と再婚。
自分が父のもとへ行けば
母が義父の遠征についてまわれるようになると
気を使って
実の父との同居を望んで引っ越してくる。

父は、霧と雨の田舎町フォークスの警察署長。
この町の高校へ転入生として通うことになる。
田舎なので転校生はめずらしい。

初日から
気になる存在の男の子、エドワード・カレンと出会う。
エドワードは不思議な空気感を持つ美形5人兄弟の1人だ。

目の色が深い黒のときと、黄金色のバタースコッチ色の時があり、
深い色のときの彼は冷たい。

なぜか、トラブルに次々と巻き込まれ、そのたびに彼に助けられ
ベラにとって、彼の存在が心の中を大きく占めていく。

もしかして、彼らは
地元の伝説・・ヴァンパイア?
彼は、私のことどう思っているの?
なぜ、自分は危険だから近づくなと言うの?



と、まあ、こんなふうな疑問を巻き散らかしたままの状態で1巻は終わる。



久々のちょっと引き込まれるストーリーである。
映画化もされるそうなので、
先も読んでみたい・・・。
けど、この本だって、いいかげんいつ予約したっけ?
という状態で図書館から来たので、
次の巻もいつよめることやら。
いっそ買ってしまおうかしら。


面白さ  5
お勧め度  4.9
再読度  4.8

中学生以上ならこの面白さ、わかりそう。

まだ、ドキドキしてます。
夢にも出てきそう(笑)

2009/03/24 19:48 |   ステファニー・メイヤーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

結城光流.『篁破幻草子 宿命よりもなお深く』.角川ビーンズ文庫,H17.4.

表紙を見て、「これ誰?」となってしまいました。
この、光る弓を構えてるってことは、篁?・・・でも、前作までは確か女の子みたいな容貌だったはず・・・。後ろの人は橘融(たちばなとおる)だよねぇ。

前作では、この2人は17歳という設定で、
これでは、18歳・・あと2ヶ月で19歳という設定で
融には縁談話も持ち上がっている。

この1年半ほどで
篁はかなり背が伸びて融を追い越した・・・という設定らしい。

それにしても、前作まではまるで小学生のようなかわいらしさで、
突然、この美青年???

まあ、この挿絵の方が、ストーリーに合っているけどねぇ。
あんまりにも別人だよ~。

今回のストーリーでは「宿星」ということがキーワードとなっている。
前回までのストーリーで、篁の宿星が破星軍ということはわかっていた。
融も何かの宿星のもと、篁のそばにいるらしいこともわかっていた。

このストーリーの中では
融の星の持つ役割と
篁の星のもとに集うメンバーがあと2人明らかになる。
篁の星と敵である朱焔の星との関係もとりざたされている。

禁鬼「雷信」もなにがしかの過去を抱えているらしいと匂わせている。

それにしても、3巻まできて、まだ新たな謎が出てくるし、どこまで話が広がるのかしら?

面白さ  4.3 ちょっと今回のストーリーはややこしい部分が多いかも。
お勧め度  3.8 あんまりにも続くのならどうなのかな~とも思う。
再読度  不明  面白いんだけどね。

絵は今回の方がイメージに合う。
萌え~って感じよね(苦笑)


2009/03/24 10:47 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『図書館に行こう! 図書館クイズ 知識と情報の宝庫=図書館活用術』.山形県鶴岡市朝暘第一小学校編,国土社,2007.3.

このまま、プリントに印刷してオリエンテーションにつかえるようになっている資料です。
かなりうまくできていて、私も利用したいと考えています。

ただ、私の勤務先では、どこも3ケタ分類だし、
目録はOPACになっていて、カード目録はもうないし、
そういう部分で、そのままは使えないものもたくさんあるのですが、
こういう手順で学年をおってオリエンテーションを受ければ、
かなり図書館を利用できるようになるだろうと思いました。

来年度は
すでに2校から全学年対象のオリエンテーションの依頼を受けているので
私なりにアレンジしてプリントの準備、授業の進め方の準備に取り掛かろうと思います。

面白さ こういうオリエンテーションなら楽しく聞いてもらえそう。
お勧め度 5
再読度  購入しようかな~。

2009/03/22 11:47 | 勉強COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『ニック・シャドウの真夜中の図書館』.ゴマブックス,2008.5.

ニック・シャドウ/著 堂田和美/訳 1巻 「声が聞こえる」

どんな本が全く知らずに、
「家には本屋さんのようにたくさん本がある・・・」という小学生に勧められて
読んでみました。

これは、ホラーのショートストーリーをまとめたものでした。

結構怖い。

怖いものって好きな子多いですよねぇ。

私はちょっと苦手です。
読んでしまって失敗・・と思ってしまいました。
夜中にぐるぐる考えてしまって、夕べは寝不足気味です。

怖いもの好きにはお勧め。

面白さ  4.5 怖いってわかっても、
       最後まで読んじゃったってことはかなり引き込まれてしまったんでしょうね(笑)
お勧め度  4.5. 怖いもの好きなら、ぜひ読んでください。
再読度  0 だって私は怖いのだめなんです(苦笑)

2009/03/22 11:37 |   ニック・シャドウCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

メーガン・マクドナルド.『ジュディ・モード、地球をすくう!』小峰書店.2005.12.

シリーズ「ジュディ・モードとなかまたち・3」です。
訳 宮坂宏美

さて、これも、小学生向け選書の参考につのった某SNSで、私の尊敬して憧れている学校司書さんに教えていただきました。

とりあえず、図書館には3巻がすぐ借りれる状態だったので、かりてみました。

面白い!!!!


環境問題の授業を受けたジョディ。

環境保護モードになっちゃって、
ゴミの問題モードやら自然を守るモードやら・・・
とにかく、いろんなことを考えては行動していきます。

ばんそうこうのデザインコンテストに応募してみたり、
ごく日常の小学生なんだけど、次々といろんな出来事がおこって
たいくつさせません。

「環境の授業」って今の子どもたちはしつこいぐらい勉強させられるから
これもそういう授業のタイミングに合わせて
ブックトークや本の紹介をするときに勧めるといいかも・・・です。

実は、勤務先に、この本が入っていました。
こんなに面白い本だなんて知らなかったので、全然勧めたりしていませんでした。
この1年間ほとんど貸出されなかった・・・ちょっともったいなかったです。

面白さ   4.8  つい引き込まれて、一気に読んでしまいました(笑)
お勧め度  4.8  環境問題に関するブックトークの依頼があると、
            ついお堅い本ばかりになってしまうので、これはかなりいいかも。
            そうでなくても、かなりよかったです。
再読度   3.8  自分では、機会がないと読み返さないかも…。でも、ほんとに面白いのよっっ!!!

2009/03/19 13:36 |   メーガン・マクドナルドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

二宮由紀子.『あるひあひるがあるいていると(あいうえおパラダイスあ)』.理論社,2007.7.

声に出して読んでみると、とてもてんぽがよくて 心地いい!

「あ」のつく言葉だけで文章がつくられていて、
「ある日 あひるが 歩いていると、頭に あなの あいた あんころもちが 足もとから あらわれて・・・」
それから「い」のつく言葉だけ・・・「う」のつく言葉だけ・・・
という具合。

内容も、くすっと笑っちゃうようなそんな感じで、
かなりよかったです。

今回はお仕事用の選書の参考に、某SNSでトピックを立てた中で教えていただきました。
やっぱり、公共図書館の館長さんの司書さんともなると扱う本の量がちがうのかしら。
それとも私の勉強不足? (汗々)

毎回、「それ、知らない」と思って読んでみては
「これいい!」となっています。


面白さ    4.8  久々にリラックスできた感じ。楽しめました!
お勧め度  5  読み物としいも面白いし、
          2年生の単元の「ことばあそび」の時に紹介してもいいかも。
再読度   5  絶対に勤務先に購入して、
「ブックトークか本の紹介の時に触りだけ読み聞かせよう!!!」と思いました♪

2009/03/19 13:35 |   二宮由紀子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

板橋雅弘.『ウラナリ』.講談社YA!エンターテイメント.2005.7.

ウラナリ (YA!ENTERTAINMENT)ウラナリ (YA!ENTERTAINMENT)
(2005/07)
板橋 雅弘玉越 博幸

商品詳細を見る
中学3年生の隼(ハヤブサ)が主人公。
サクラという同い年の美少女が突然現れて
父子家庭で父親出張中の自宅に泊めるはめになる。
しかもサクラが現れたのをきっかけに
優等生のアサカゼくんにハンドボール部に勧誘され、
ハンドボール部員となる。

なにもかもに無関心で投げやりだった人生が
どんどん変化していく、青春物語である。


面白さ 3.8 最後まで読めばたしかに面白かった。
        途中は何度も読みながら寝てしまったけど(苦笑)

お勧め度  絵のかわいさにひかれて小学性もときどき借りていくけど、小学生にはあまり薦めたくない。
      中学生以上には、かなりお勧め。

再読度   2 微妙。たぶんよほどの理由がない限り、読まないような気がする。 


シリーズ最後まで読むと、女の子が死んでしまうらしい。
がんばって読んでみる?悩みどころです。

2009/03/16 00:19 |   板橋雅弘COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

里見蘭.『言霊使い』「獣のごとくひそやかに」「嵐のごとく高らかに」.講談社X文庫ホワイトハート

「獣のごとくひそやかに」2004.11. 「言霊使い」シリーズ 1巻
「嵐のごとく高らかに」2006.8.   「言霊使い」シリーズ 3巻

一応、全3巻らしい。

なぜ1巻と3巻を読んだかというと、隣町の図書館にはなぜか2巻の蔵書がないのである。
その図書館はまだ図書室から図書館に拡大したところということもあるので
そういうようなことは多々ある。

幽霊アパートのシリーズも巻が欠けていたし、
最近ほぼ毎月のように巻が欠けている・・・とか、
YAコーナーに数巻あって、児童コーナーに数巻・・という具合に分かれて置いてある
なんてことも含めて
図書館指摘魔のようになっていて、
恥ずかしい状態である。

今日も図書館で、2巻が欠けているので
リクエストカードを出してきた。
「また、こういう欠け巻があったら教えてくださいね」なんてにこやかに言われても
ちょっと苦笑してしまう・・・。

さて、このライトノベルは
結構よかった。

1巻では、主人公の聖が言霊使いとしての能力に目覚めていくところ。
突然、超能力集団に狙われる。
その狙ってきていた集団のはじめのヒットマンだったはずの隼王(たかお)が
聖の行動を見て、ねらうべき相手ではないと判断し、守る側につくストーリー。

それぞれのキャラ, (敵も味方も含めて)、
なぜそういう力を持ち、そういう考えをするようになったかが
しっかりと書かれていて、納得できるし、感情移入もしやすい。

2巻がなしで3巻を読んだので、
いつの間にやら新たな敵がいて、
1巻の敵が味方になっていたり、
いつの間にか探偵事務所を持っていたり・・・と
気になるところは、そのうち2巻が来てから読むとして

3巻はさらわれた少女の事件解決に乗り出すうち、
言霊使いの悪霊みたいなのがでてきて、
聖がやられてしまうかも・・・というところまで追い込まれる。
ハラハラドキドキの展開で楽しかった。

面白さ  4.5
お勧め度 4
再読度  4 やっぱりあっという間に読んでしまい、すでに再読済み。


2009/03/15 23:49 | ライトノベルCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

とみなが貴和.『EDGE 4』『EDGE 5』.講談社X文庫ホワイトハート

4巻 「檻のない虜囚」,2004.8.
5巻 「ロスト・チルドレン」,2006.9.

5巻で一応完結らしいです。
一気に読んだものの、不満だらけ(苦笑)

ちなみに1巻についてはコミック化されているようです。
「黄昏のボンバーマン」というサブタイトルで。

4巻では、藤崎宗一郎の精神年齢は12-3歳になり、
反抗期(?)に入ったようで、錬磨から離れたいといわれ、
別々に暮らしている・・・というところからスタート。

犬の虐殺事件に絡んで、たまたま2人は別方向から犯人を追い
犯人を前にして久々の接触となる。

錬磨の過去&謎が少しずつ明らかになる。
宗一郎の精神面はどんどん成長していて、
ストーリー後半では「高校生ぐらいかな・・・」と思わせる雰囲気がでてくる。


5巻では、4巻に出てきた宗一郎のことが好きな女性がからんでくる。
たとえば、ここであらすじだけ書き出してみるとすれば、
かなりいろいろなことが起きて、とてもおもしろそうな展開である。
でも、どうもこのシリーズの不満点は、
登場人物が多すぎるせいか、
脇役のキャラの書き込みが足りなくて
行動が不審だったり、
「この性格の人がなんでこの行動?」というようなことがありすぎる。

たとえば、5巻での桜井(元O担の女性)の行動なんて、
一応理由づけされてはいるものの、
どうもしっくりこない。

内藤先生についても、突然バイクでカーチェイスしてたりして、
そんなキャラだったの?!と、かなりびっくり。
大人でむちゃはしない常識的な行動しかしそうもない人だったのに・・・である。

そう思うと、あのカーチェイスシーンそのものが不要なような気がするし、
突然出てきたアメリカ人の心理状況も中途半端にしか書かれてなくて、
なぜこういう行動にでているのか、よくわからない感じだ。

錬磨が、宗一郎を受け入れていく経過は
結構よかった。

けど、もう少し、錬磨のことも詳しく知りたかったし、
宗一郎の心境の変化や過去の自分との折り合いについても
もっとかきこんでほしかったかな~。

以前、氷室冴子の『なんて素敵にジャパネスク』を小説とマンガと両方読んだとき、
小説では、この性格の設定の人物だったら、この行動は変でしょう・・と、思ったりして
不満だらだらだったけど、
マンガでは、そのあたり上手くキャラクターの設定ができていて
そりゃ、この軽いのりのやつなら、この行動でもしかたないよね~と思わせる感じがあった。

そういう意味では、
マンガにした方が面白いストーリーのような気がする。
4巻、5巻の表紙絵を飾っている人がマンガ化しているらしいので、
そういう意味でもかなり期待できそうだ。

面白さ   4・・・3.5でもいいかも。
お勧め度  2.5  マンガの方は読んでみてもいいかもね~。
再読度   1.2  それこそ映像化でもするならもう一度読んでもいいかもしれないね~(苦笑)
 

2009/03/15 23:49 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

とみなが貴和.『EDGE』.講談社ホワイトハート.

1巻  1999.10.
2巻  「三月の誘惑者」  2000.6.
3巻  「毒の夏」      2001.4.

1巻を読んだ時点では
設定が懲りすぎていてそれだけ・・・という感じがしたけれども
なぜか先がよみたくなって2巻、3巻とそれぞれほぼ1日で読破。

まだ、謎の部分が多いので
少しずつわかってくるのかな~。

天才プロファイラー大滝錬磨が主人公。
過去に影と傷を持ち、それがミステリアスでクールな雰囲気をつくる美人。
なのになぜか女性扱いされるのがいやという設定。

過去の事件で相棒の藤崎宗一郎が頭を撃たれ
現在の彼は長期リハビリ中。
ただし、記憶は戻らない。別人格として成長中である。
初めの巻ては5-6歳程度・・3巻では10歳程度の知能ということだ。
彼は超能力のようなものを持っている。

マンガチックな設定に事件・・・なんだけど
なぜかはまってしまったみたいである。

面白さ  3.5 面白いかどうか分からないけど、はまってしまった。
お勧め度  2.5 微妙・・・
再読度   2.5 たぶん、1回読めばいい感じ。図書館で借りるのでOK。

2009/03/12 20:28 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あさのあつこ.『NO.6 ♯7』.講談社YA!エンターテイメント,2008.10.

いったいいつ予約したのだったか、忘れるほど前に予約していたこの本が届いたので、
1日で読んでしまった。

感想は・・・・まだ終わらないのね・・・・。

これって、いいところでいつも途切れるから
かなり欲求不満になってしまいます。

とにかく、施設に潜入するところです。

いろいろな事件が起きます。

早く完結編が出てほしいです。
そうしたら、まとめ読みしたいです。

面白さ 4.8
お勧め度 4 好きなんだけど、完結編が出てからまとめて読んだ方がいいかもね~。
再読度  3 完結編が出れば読み直すと思うけど、それまではいいかも(苦笑)

2009/03/12 20:13 |   あさのあつこCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

森博嗣.『ダウン・ツ・ヘブン』.中央公論新社,2005.6.

「スカイ・クロラ」シリーズ 第3弾

クサナギ・スイト主人公で、「ナ・バ・テア」の続き。
スカイ・クロラに出てくるカンナミとも出会う。
「会社」というものが何を考えて戦いをしているのかさっぱりわからないが
物語の核となっている「キルドレ」についてはかなり分かってきた。

戦闘機で飛ぶシーンは本当に心地いい。

文章がいいっていうだけでなく、
文字数やページ内の文字の配置までが
「空を飛ぶ」専用モードである。

あっという間に読んでしまったので、
次の作品を図書館に予約したものの
まちどおしくてしかたない。

ナ・バ・テアなんて予約したことを忘れるほど待たされたからねぇ(ため息)
次も早く来てほしいな。

面白さ  4.5
お勧め度  4.5
再読度  4 すでに2回読んだ(笑)

2009/03/12 20:04 |   森博嗣COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。