スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

結城光流.『少年陰陽師 果てなき誓いを刻み込め』.角川書店(角川ビーンズ文庫),H19.7.

果てなき誓いを刻み込め―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)果てなき誓いを刻み込め―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)
(2007/06)
結城 光流

商品詳細を見る
テレビアニメの時に少し見ていたし
だいたいの人物関係は把握しているので
まあいいでしょうと
とりあえず図書館でかりることのできた20巻目を読む。

これは、ラジオ、舞台、アニメ、ゲームと
かなりいろいろなメディアにでているのでいいかなぁと思ったけど、
やっぱり、
前回の「篁破幻草子」・・・小野篁のシリーズとにたようなものだと思った。

とにかく
この1冊のほとんどが
戦い・・・なのだ。

延々と戦い。

なので
読み進むうちにあまりにも同じような感じの場面が続くので
だんだん疲れてきて、とうとう、かなりな斜め読みをしてしまい、
よけいにつまらなくなってしまった。
(反省)

実は、この巻から続けて3冊ほど図書館にあったので
借りておいたのだけど
もう、辟易状態なので
読まずに返却することにする。

バトルシーンが延々と続いても平気な人にはお勧め。

一応、12神将は神の属性だから人間を殺してはダメとか
そういうローカルルールがあるものの
とにかくバトル以外のストーリーはあんまりないし、
すべてバトルに帰着する展開。

ゲーム原作としては
ずーっとバトルみたいなものだから
いいのかもね。

私にはむかないと思った。

面白さ  不明(バトルはよくわからない)
お勧め度  バトル好きにしか分かんないような・・・
再読度   たぶんもう無理

スポンサーサイト

2009/04/28 23:51 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

アンソニー・ホロヴィッツ.『ポイントプランク 女王陛下の少年スパイ!アレックス』.滝村風也 訳,集英社,2002.12.

ポイントブランク―女王陛下の少年スパイ!アレックスポイントブランク―女王陛下の少年スパイ!アレックス
(2002/12)
アンソニー ホロヴィッツ

商品詳細を見る
『ストームブレイカー』につづく2巻目。

1巻目は、14歳の
金髪のハンサム・ボーイ、アレックスが
育ての親であるおじの死に疑問を持ち
調べていくうちに
おじがただの事故死でなく
イギリスのスパイだったために
任務中に殺されたことを知る。

そして、断りようのないまま
アレックスはスパイとして働くことになる。

2巻目は、
学校の中で麻薬の密売が広がってきて
アレックスの友達も巻き込まれていくために
個人的に調べだす。

その事件から
またもやMI6にかかわって
断れない状況で任務に就かされる。

金持ちの息子として
手に負えない放蕩息子を矯正するという名目の学校へ
編入学という名目の潜入捜査任務がかせられる。

持ち込める装備は
14歳の少年がもっていておかしくないようなものを特殊加工したもの。
(これがちょっと見もの。)

そして、学校内のおそるべきなぞを知る。

助けもこないし、連絡も取れない
学校という名の要塞からの逃走シーンのアクションは
かなりゾクゾクするしドキドキの連続。


このシリーズは
以前も読んだけど
かなり好きなので、
今回、ラノベに辟易していたために
ちょっと読んでみた。


面白さ  手に汗に握るアクション、やむを得ず・・というアレックスの心情
      ・・・かなり好き  5

再読度  なんせ、今が再読だし(笑)  5

お勧め度   5 
 昨年度、中学生に勧めまわっていたら、
 図書貸し出しの年間ランキングの上位に、このシリーズが!(笑)

2009/04/28 23:33 |   アンソニー・ホロヴィッツCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『トワイライト2~8』 ステファニー・メイヤー.ヴィレッジブックス

トワイライト〈2〉 血は哀しみの味トワイライト〈2〉 血は哀しみの味
(2005/08/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族
(2005/09/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈4〉 牙は甘くささやくトワイライト〈4〉 牙は甘くささやく
(2006/11/30)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈5〉 狼の月トワイライト〈5〉 狼の月
(2006/12/09)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使
(2006/12/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈7〉 赤い刻印トワイライト〈7〉 赤い刻印
(2007/11/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る
トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしにトワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに
(2007/11/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る

図書館に予約をかけていると、
順番通りには借りれなくて、
帰ってきたものから適当に貸してくれることになる。

それがいやなら、1冊ずつ予約する必要があるけれども
待っていられなくて、適当に予約をかけた。

そのために、
多少順番が前後してしまったけれども、
ようやく8巻まですべて読み終わって
私の中で話がつながった。

簡単には
ヴァンパイアにならないのね(苦笑)
今なんて、なってしまうとかなりいろいろと問題がありそうな風になってきた。
なんだか、いろんな意味で
ライトノベルっぽいストーリーと登場人物だけど
かなりはまります。

9巻以降の予約数は
かなりの数だったので
ここから先は当分まわってこないだろうなぁ・・・。

(ここからはネタばれあり)

主人公の高校生の少女ベラ。
恋仲のヴァンパイアのエドワード。

エドワードはベラのためを思い、
そばを離れるが
ベラはぬけがらのようになってしまう。

しかし、ジェイコブのおかげで徐々に回復してくる。

そのうち、
ジェイコブは狼人間として目覚めてしまい、
そちらからも距離をおかれてしまい、
また、カラにとじこもってしまう。

以前、ベラを狙ったヴァンパイアを
エドワードが殺してしまった事があり
その時の恨みで、ヴィクトリアというヴァンパイアがベラをつけ狙ってくる。

それを助けるために
ジェイコブとは仲直りでき、秘密も知る。

そして、ベラを守るために離れていた事は意味がない事だと知り
エドワード一家は帰ってくる。

8巻では、
首謀者のわからないヴァンパイア集団がベラを狙っているのを知り、
敵対していたエドワード一家とジェイコブたち人狼部族が手を組んで
戦いが始まる・・・・・
・・・陽動作戦は成功かと思われたが
安全なところに隠れているはずのベラのところに
敵が・・・・


と、言うところで終わる。

なので、
かなり先が気になる。

しかも、このシリーズ、
必ず次の巻の予告と称して
ちょっとだけいいところを最後にちら見させてくれる手法なのだ。

面白さ  5
再読度  4.5
お勧め度   4.8

かなり好き。
あまーいラブストーリー。

2009/04/26 21:37 |   ステファニー・メイヤーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

雪乃紗衣.『彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく』.角川書店(角川ビーンズ文庫),H20.5.

彩雲国物語  黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫)
(2008/05/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る
シリーズ13弾。

アニメで見ていた部分よりも後のストーリーです。

1巻は確かに面白かったけど、
ストーリーや人物が分かっているからこその面白さかも・・・
とも 思ったので
知らないストーリー部分を読んでみました。



久々に夜更かししてしまいました。(反省)


それほど、引き込まれる展開のストーリーでした。

すでに、これまでのストーリーで出てきたらしい
伏線のようなことを話していたりするけれども
それほど気にせずに読み進めてみました。
この巻では、今回の事件は完結しないので
先が気になります。

黒幕がだれかわからないまま
李 絳攸(り こうゆう)が拘束され、追い落とされそうになる。

秀麗は助けるために奔走するが・・・・・・


かなりはらはらします。

面白さ  4.8
お勧め度  4
再読度   4

きちんと順をおって読んでみたい。

2009/04/25 11:48 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

雪乃紗衣.『彩雲国物語 はじまりは風は紅く』.角川書店(角川ビーンズ文庫),H15.11.  

彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
(2003/10)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る
久々に、楽しく読めるライトノベルでした!

以前、アニメをしていたときにも
はまっていたけど、本で読むのははじめて。

ここのところ、マンガやアニメは良くても
文字で読むといまいちな感じのライトノベルが多くて
辟易していたので
かなりうれしい♪

マンガやアニメの場合、
マンガの書き手や アニメの制作者の解釈が入って
よくなっている場合もあるから・・・。

ストーリーは
家柄はいいけど貧乏な紅家のお姫様、紅秀麗(こう しゅうれい)。
やるきのない王様の教育係という裏名目・・・表向きは妃として
金500両の報酬につられて
王宮へのりこみがんばるというもの。

出てくる登場人物すべてに
それぞれ意図や背景があり、
かなりの人数がでてくるにも関わらず
すべての人物がそれぞれ個性をはなっていて
かなりいいです。

最後に「やっぱり!?」と思うような行動をとる
王様(紫 劉輝 し りゅうき)が
かなりいい味だしています。

一応、この巻で完結しているものの続きが読みたくなる本でした。

面白さ  5
お勧め度  4.8 女の子にしかうけないかもね(笑)
再読度  4 かなり好き

2009/04/25 11:36 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

竹宮ゆゆこ.『とらドラ!』.メディアワークス(電撃文庫).2006.3.

とらドラ!1とらドラ!1
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る
これは、かなり軽ーいタッチの学園ラブコメ。

ヒロインは大河(たいが)という名前で
攻撃的な性格で小柄でかわいい容姿。
ついたあだ名が「手乗りタイガー」。

主人公の少年は、見た目こわもて
性格は几帳面で家庭的で小心者。

この2人がそれぞれの恋愛対象を相手に
上手くいくように協力し合うのだが、
そのせいで、お互いの距離が縮まっていく・・・けど、気が付いていない
・・・・なんていう、
ありきたりのパターンだけれども、
あまりにもハチャメチャな2人の性格&軽い文章で
一気に読めてしまう。

まあ、よくもないけど
軽いラブコメってことでは、学校にあっても問題なし・・というところでしょうかね!

面白さ  マンガ的な面白さという意味で 4
再読度  0.5 一度読めばもういいでしょう。
お勧め度 本嫌いの人の入門としては、いいかもね。

2009/04/24 11:10 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

甲田学人.『断章のグリム Ⅰ 灰かぶり』.メディアワークス(電撃文庫),2006.4.

動きの多いライトノベル。
まだ読んでいないものも多いので、読んでみる。
まずはこれ。

「グリム」という言葉にひかれて読みだしたのだが、
かなりおどろおどろしい、怖い系のストーリーだった。

敵のやっつけ方もちょっとえぐいかも。。。。

主人公は
わけもわからず巻き込まれていくわけで、
騎士として活躍している美少女ヒロインに助けられるところからスタート。

私、怖いのはだめなんですよね~。
でも、今の子たちって怖いのが好きですよねぇ(ため息)

1冊読むのにかなり苦労しました。

グリム童話は、ストーリーの事件のキーになっているという設定。

そういえば、これを機に
グリムの童話集を読むように勧める・・・といいかもしれない。
グリムは1つ1つのお話しは短くて読みやすいし
しかも、怖かったりグロテスク(子どもたちは「グロい」と言うらしい)だったりするしね!

とにかく、心理描写もかなり雑だし、
事件もアバウトなので
読むのにとても時間がかかったし、疲れてしまった。

1冊で、もういいかな~(苦笑)

面白さ  怖いのが好きならいいかも。私はだめなので2.5
再読度  0
お勧め度  怖いもの好きには勧めても、必ずセットでグリムの童話集も勧めよう・・・と思う。


2009/04/24 11:02 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

結城光流.『篁破幻草子 めぐる時、夢幻の如く』.角川ビーンズ文庫,H19.6.

小野篁(おののたかむら)シリーズもいよいよ完結です。

最後なので、
篁をとりまく宿星が、
前巻では5星ってことだったのに
「北斗の・・・」ってとこからもわかるように
本当は7星・・・つまり7人の人がかかわっていたってことでした。

それで、敵も倒せるけど味方も多大な被害がでる。
たとえば
禁鬼たち・・・の謎の解明もかなり出てきて、
しかも篁を守って消えてしまう・・・運命にあったんだろうけどねぇ(しみじみ)

一応、人界ではハッピーエンドなんでしょうねぇ。

おまけのストーリーは
時間軸が多少ずれていて、
あれ?実は全員復活????  なんて思ってしまったけど
そんなわけないよね。

篁と少年陰陽師の安倍まさひろとの出会いのシーンも載っています。
そのストーリーで、篁のかなーり未来がちょっと描かれています。

これもねぇ、ハッピーエンド?微妙な気分をもたらす終わり方だよねぇ。。。。


篁タイプの主人公はかなり好きなタイプだったけど
謎解き部分では、「?」という部分もあって
いいんだけど、懲りすぎてて小難しくってよくわからなかったものもあった。

どちらにしても、
間にトワイライトと妖怪アパートっていうかなりインパクトのある
しかも、引き込まれてしまうような本を読んでしまったために
私の気持ちが離れてしまったみたいだ。

評価
面白さ  3.6
お勧め度 3.4
再読度   0.5 


2009/04/01 11:26 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。