スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

三浦しをん.『神去なあなあ日常』.徳間書店,2009.5.

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る


三浦しをん作の『風が強く吹いている』が大好きで何度も読んでいる・・・
という方と
「私もそれは好き」と話していたら
「これもいいよ~」と勧めてくださったので
図書館で借りてみました。

こっちの方がさくさく読めると思います。



主人公がパソコンをつかって
読んでくれる人のあてもないのに
語り口調で 神去(かむさり)村での生活を書いている・・・
という設定です。



主人公は
横浜の高校卒業したばかりの少年、勇気。

卒業目前になっても就職が決まらなかったので
学校の先生が勝手に就職先を決めてきた。
両親も餞別を3万円くれて
「がんばるのよ」とか言う。

就職先は
三重県の神去村(かみさりむら)とかで、林業をするらしい。

「どこだよそれ?」とか思いつつ
名古屋まで新幹線に乗り、そこから近鉄で松坂まで行き
さらに聞いたこともないローカル線
(1両しか車両がないし、パンタグラフも送電線もない?!)に乗り
山奥へと入っていく。

携帯もそのうち圏外に!

終点は小さな無人駅。

軽トラが迎えに来てくれた。



ちなみに松坂への終電は午後7時25分(笑)
と言って、
勇気君はとっても驚いています。

まあ、田舎だもんね(苦笑)



最初の晩にお世話になった家で
猪鍋(ししなべ)をごちそうになる。

そこでチェーンソーの扱い方などを習い、
さらに車で山奥に入った先の林業の会社が就職先らしい。

きつい仕事に
田舎で何もない生活・・・逃げ出そうとするものの失敗したりする。


だがそのうちに
だんだん仕事にも山にも神去にもなれて
いつしか
神去を楽しむようになっていく。

神去での1年間、
山の仕事、お祭り、神事、生活や自然など
大変そうなものの
そんなところに住むのもすてきだろうな~と思わせるような物語です。



林業って、結構いろいろなことを長期サイクルでやっているのね。

何も考えずに流されて楽に生きてきた勇気が
山の生活になじむうちに
成長していくのが素敵です。



勇気の恋愛もからんできます。




私も子どもの頃は都会ぐらしで
初めて本物の蛍を見たときは
勇気と近い年齢の頃でした。

なので
勇気が蛍をみたシーンでの感動は
他人事とは思えませんでした。

今は、毎年普通に
蛍がそこらへんで見れるような環境に住んでいます♪



林業は班で行動するのですが
勇気の班のメンバーは
居候先のヨキをはじめ
個性派ぞろい。

ちなみに女性は美人揃いだそうです。


評価
オール 5


林業に就職して
成長していく少年の物語です。

ちなみに電車の行き方があまりにリアルだったので
神去村ってどこなんだろう・・・と地図をチェックしてみたら
そんな村はありませんでした。
架空の村のようです。

「久居の町」とか「名張」とかいう地名がでてきて
それらは実在しているのですが
この村に関しては架空らしいです。

神事の時に本当に神様の使いが見えたりして
そんなところは神秘的で素敵です。

スポンサーサイト

2011/08/22 22:33 |   三浦しをんCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

万城目学.『プリンセス・トヨトミ』.文藝春秋,2011.4.

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
(2011/04/08)
万城目 学

商品詳細を見る


この作家さん、「万城目学」と書いて
「まきめまなぶ」と読むそうです。

YA向けエンターテイメント作家さんだということは知っていたし
次々映像化されている有名作家だとは知っていたものの
読むのは初めて。



ものすごーーーく面白かったです。

他のも読んでみたい!

今まで知らなかったのがもったいない!



という感じ(笑)




映画化されたこの作品。

舞台は大阪。

会計検査院のやりての3人組が表紙絵の人物です。
税金の使い道を検査するのがお仕事。
リーダーはイケメンで鬼の異名をもつ副長の松平。
ちびでデブ・・・特異体質と運のよさでミラクル鳥居と言われるが
本人はその異名は知らない鳥居。
フランス人とのハーフで超美人、
よそからの出向でいろいろな所に人脈のある
ゲーンズブール。

検査先は大阪府。



一方、大阪市立空掘(からほり)中学校の生徒で
空掘商店街のお好み焼きやの長男、真田大輔。
なぜか、女の子になりたいという夢を持ち
同級生でおさななじみの茶子の協力のもと
セーラー服を着て学校へ行く決心をする。
ちなみに茶子は男勝りの性格で
正義感たっぷりの活発な女の子です。



検査院はとくになにも見つけられないまま
検査期間を終えようとするのだが
大阪府の持つ秘密組織・社団法人OJOを調べることになる。

このOJOという秘密組織の代表が
お好み焼きやの店主、真田幸一。
大輔の父である。



会計検査院は
鳥居の間の悪さから
OJOの守ろうとする王女を警察に拘束したような形になり
大阪府の秘密組織に所属する男たちがたちあがり
大阪の機能がマヒする事態になる。




この設定って、
なんだか本当にありそうな気がするから不思議です。

大阪の人って
中央政権に対しては反発ぎみな感じだし
独自の世界観やプライドを持っていますよね。

そういうのがすべて
実はこの設定のせいなのかも?!
(ありえないのですが・・・)
なんて、思ってしまうほどです。

登場人物すべてが
強烈な個性をはなっていて
しかもちょっとづつおかしな面も持っていて
どのキャラも魅力的です。


大阪城の歴史も
よく知らなかったので
「へぇ~そうなんだ~」といいつつ読みました!

今まで知らなかったなんて
本当にもったいないほどです。



評価
オール5

ホントにおもしろい!!

2011/08/22 09:43 |   万城目学COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

香月日輪.『僕とおじいちゃんと魔法の塔 4』.角川書店,2011.5.

僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)
(2011/05/25)
香月 日輪

商品詳細を見る

ますます面白くなってきました♪

今回は高校生になってはじめての夏休み。
ストーリーは夏休みの直前から始まります。



これまでの巻の登場人物の復習。

主人公の龍神(たつみ)。進学校・条西高校1年生。
塔の人間の主で、住人。
幽霊のおじいちゃんや使い魔のギルバルスと住んでいます。

親友の信久。同級生。
母子家庭の彼はしょちゅう塔に泊まりに来るので、塔に部屋をもっています。

1年生の天才美少女のふりをしている魔女のエスぺロス。
人間としての生活が楽しいらしい塔の住人。

2年生の学年トップの成績の雅弥(まさみ)。
芸術全般の知識もはばひろく、見た目もかっこいいお金持ちの息子。
あまりにもなんでもできるので、孤独だった彼。
塔に遊びに来る仲間になっています。

メインの登場人物はこんな感じ。



今回は、2年生の男子の比較的成績のいいグループに問題がある。

リーダー格の生徒が倒れ
エスぺロスは、
彼らに恨みをもったネコのマントがくっついているせいで倒れた
・・・と言う。

エスぺロスにはその怨霊を払う力があると言い、
龍神たちは
彼らを助けたいから力を貸してほしいと
エスぺロスに頼む。




そんな事件があったりしつつも
夏休みを楽しく塔で生活する龍神たち。



今回のテーマは
子どものうちにいろいろな失敗や挫折を経験した方がいい
・・・ということかなぁ~。
そういうときにどう行動するか・・というのが
とても大切だということです。

これって、私のモットー。

私にかかわった子どもは誰でも
このことを結構しつこく言われてしまうことなので
ちょっとうれしくなってしまいました(笑)


大人でも
失敗しないようにすることは大切だけど
もしも失敗したときに
どう行動するかっていうのは
とっても重要ですよね。

そういうときの行動によって
人としての価値がわかります。



あいかわらず、香月日輪さんの作品は
正論の道徳論なのに
押しつけがましくなく
ストンと入ってくるのが不思議です。



評価
オール 5


やっぱり香月日輪の高校生主人公の物語は
おもしろい!

2011/08/22 09:00 |   香月日輪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

有川浩.『県庁おもてなし課』.角川書店,2011.3.

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
(2011/03/29)
有川 浩

商品詳細を見る


高知県の県庁、観光部のなかにできた
「おもてなし課」の若手、掛水。

おもてなし課の最初のプランとして
クーポン付の名刺を作成し
高知県出身の有名人に観光特使になってもらい配ってもらうというもの。

何人もに電話をかけ了承してもらう。
その中に作家の吉門がいた。

1か月たってようやく名刺をつくっておくったところ
吉門から苦情がくる。

こうして
吉門に指摘されてようやく
県庁ルール・・・お役所的なのんびり感やとりあえず適当にやっとく感は
民間では通用しないことに気づいていく。

昔、パンダ誘致論というのをぶちかまして
県庁に居づらくなってやめていった清遠を
観光コンサルタントとして雇おうとしたりする。

民間感覚をもつ若い女性・・・という名目で
掛水のアシスタントにつく多紀。

清遠の娘で民宿を切り盛りしている佐和。

そんな女性陣がからんできて
恋愛スパイスも入ってきます。

掛水をはじめとするおもてなし課のメンバーが
徐々にではあるけれど
高知の観光を牽引していこうとしていきます。

はじめはもうどうしようもないほど
ぐだぐだな おもてなし課。

おもてなし課と掛水の成長物語ともいえるかも。

高知の方言での会話もなかなかいいスパイスになっています。




高知県に遊びに行きたくなるだけでなく
自分の地元も見直してみたくなるような
そんな本になっています。



ちなみに
そうめんうりとか
文旦とか
やなせたかし
とかいうような単語が出てきて
そういや、昔、祖父の弟さんがいろいろな物を送ってくださっていたのが
高知のものだったと初めて気付いたような次第です。

確認したらやっぱりそのおじさんは高知にずっと住んでらした方だったとか。

アンパンマンの電車の写真とかも見たわ~。



一度行ってみたいかも。
本当に惹かれる内容になっています。


評価
オール 5


本屋大賞とか映画化とかドラマとかになりそうな
そんな本ですね♪


ルピなしの一般書。

2011/08/09 23:28 |   有川浩COMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

『体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食』.大和書房,2010.2.

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~
(2010/01/21)
タニタ

商品詳細を見る


話題にはなっていたものの
あまり気にしてなかったのですが
中学生の女の子たちの集団に勧められて
つい買ってしまいました。

その子たちの勧めてきたセールストーク(?!)が

「家で順番に一つづつ作ってもらったら
本当に痩せてきた。」

「これを作ってもらうようになってから
にきびがへってきた」

「これもこれもおいしかった」

「このメニューだと500kcalなんて信じられないぐらいおなかがいっぱいになる」

などなど。

ちなみに、
結局はこのままの定食をつくったのは2回程度なのですが
自分の献立の弱点がよくわかりました(^^;)

田舎にすんでいるので
どうしても、夏場は頂き物の野菜が次々にあって
このメニューで作り続けるのには無理があります。

今も
かぼちゃ、じゃがいも、きゅうり、ピーマン、なす、ゴーヤが大量にあるし
適度に使っていかないといたんでしまうもんね~。

そんなわけで
メインメニューは
ほとんど制覇したものの
副菜のほうはあんまり制覇していません。



メインメニューをあれこれ作ってわかったのは
豆腐を活用したり
オーブントースターを活用したりして
カロリーを抑えてるんだ~ということです。


とくに私のお気に入りは
豆腐ハンバーグ。

このレシピどおりのあんかけソースもいいんだけど
普通のソースをかければ
子ども好みの味になるし
めんどうなら
ポン酢をかけても結構いけます。


そうそう、置き換えメニューにする場合でも
500kcalになるように工夫しています。

栄養バランスがとれているのか
かむメニューになるからなのか
不思議と中高生の子でもおかわり不要なほどの満腹感です。



評価 

久々に購入してしまった料理本ということで
 5  かな(笑)


ルピなし一般書

2011/08/09 22:48 | 500分類の本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

有川浩.『シアター!2』.アスキーメディアワークス,2011.1.

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
(2011/01/25)
有川 浩

商品詳細を見る


もうっ!
本当に面白かったです!!!

前回の続きで
借金返済のために
劇団シアターフラッグのみんなは頑張っています。

春川司も
お金を貸すだけでなく
返済後を見据えて
団員達に様々な雑事を分担させようとしていて
経営感覚というのを教えようとしています。

団員の中の人たちが前作に比べてしっかり書きこまれているので
そこがとってもおもしろくていい感じです。

それぞれの恋愛観や
メンバー同士の気持ちのやりとりなど
どんどんひきこまれてしまいました♪

演劇の演目も
結構しっかり書きこまれていて
この演劇の方もどれもこれも見に行けるなら行ってみたい~と思うほどです。




まだ、つづきます。




続きが気になります。
はやく続きが出ないかな~。



評価
もちろん
オール  5 !!!


ルピなしの一般書。

2011/08/09 22:43 |   有川浩COMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

ジェニファー・チョールデンコウ.『アル・カポネによろしく』.あすなろ書房,2006.12

アル・カポネによろしくアル・カポネによろしく
(2006/12)
ジェニファ チョールデンコウ

商品詳細を見る


1935年当時。
アルカトラズ島といえば
極悪犯罪者の難攻不落の刑務所として超有名な島。

その島の刑務官になった父親に連れられて
アルカトラズ島にすむことになった10歳の少年ムースが主人公。

島に引越してくるところからはじまる。

島には
所長の娘パイパーをはじめ
数人の子どもたちがいる。

学校へは船で通う。

ムースには
今の時代なら自閉症と診断されそうな15歳の姉ナタリーがいる。
ただし、母親の考えで
ナタリーは永遠の10歳ということになっている。



刑務所には
有名なアル・カポネやマシンガン・ケリーなどの犯罪者がいるらしい。

カポネの母親が面会にきたりするような出来事も起きる。


島では毎週洗濯物を集め、受刑者に洗濯させる日がある。

それを活用して
パイパーが学校で
アルカトラズ島で受刑者に洗濯してもらうという商売をしてみたり
受刑者の野球ボールをさがしてみたり
日常生活なんだけど
アルカトラズ島ならではのこともいろいろ起きて楽しい物語になっています。

ムースと両親は
ナタリーに対しての接し方や対応方法で悩んでいたりします。

それがこの物語の主軸になっています。


評価
面白さ  4.9
お勧め度 4.9
再読度   3


ルピ付きのYA向けの本。

2011/08/09 22:26 | 外国の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

水野宗徳.『さよなら、アルマ』.サンクチュアリ出版,2010.8.

さよなら、アルマさよなら、アルマ
(2010/08/10)
水野 宗徳

商品詳細を見る


NHKでドラマ化されていた作品。

奥付には書いていないものの、
表紙にはサブタイトル「戦場に送られた犬の物語」と書かれています。



最初に
モノクロの犬の写真。

「祝出征 アルマ号 帝國軍用犬協會」という垂れ幕と一緒に
賢そうな犬が写っています。


この写真は本当に戦時中にとられた写真だそうで、
作者はこの1枚の写真をもとに
物語を紡ぎ出したそうです。

なので
戦時中の物語としては
現代の考え方や視点から取材しているので
感情移入もしやすく読みやすい作品に仕上がっています。

戦時中、飼い犬を守る方法としては
軍用犬にするぐらいしかなかったのでしょう。

椋鳩十の『マヤの一生』のように、
ほとんどの犬は警察や隣組などに連れていかれて
殺されてしまっています。

アルマの飼い主は
アルマを軍用犬にすることでアルマを守ろうとします。

軍用犬となった犬はどうなったのでしょうか。

軍でどんな訓練を受け
どんな風に使われて
最後はどうなったのか・・・なんて
そういえば、全然知らないことばかり。



最後には涙なしではいられません。



評価
面白さ  4  さくさく読めます。
お勧め度  5
再読度   4

ルピなしの一般書。


戦争物はやっぱり気持ちを引きずってしまいます。
ちょっとつらくて悲しい気分です。
なので評価はやや辛口です。

戦争物だという視点で評価するなら
再読度はもっと上かもね(苦笑)

2011/08/09 22:10 |   水野宗徳COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。