スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

神永学.『確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム』角川書店,2011.08

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム
(2011/08/31)
神永 学

商品詳細を見る


「いよいよ神永学さんも
ドラマ化を意識した本を出してきた!」
という感じ(苦笑)

神永さんと言えば
ライトノベル風で読みやすいけど
幽霊が見えて話せる・・とか
予知夢を見る・・とかいうような
非日常っぽい設定のイメージ。

でも、これは違います。



一応、たぶん主人公のポジション・・・は
妙に熱血な新米女性刑事・新妻知紀。

探偵役が
数学オタクな捜査官・御子柴岳人。
クールなタイプで新妻知紀とは正反対な雰囲気なので
とってもいいコンビです。

確率計算になぞらえ、
データをとって推理していくというスタイル。

短編集形式で物語は進んでいくのですが
全部読むと、大きな一つの流れになっていて
全部のストーリーが絡んできます。

一つだけでも結構楽しめるし
全部でも楽しめる!
というお得な感じです。



神永学さんも
だんだん洗練されてきて読みやすくなってきたのね・・と思いました。
本格ミステリーとしても
充分読めるし♪

事件が起きて
熱血女性刑事がギャーギャー騒ぎつつも解決しない事件を
クールに数学理論で持って
推理し事件解決・・・
というわかりやすい展開スタイルが
YA世代には受け入れられるだろうな~
とも思いました。


評価
面白さ   5
お勧め度  5 確率の他にも、今流行りの「ゲーム理論」とかも出てきます。
再読度   4.5


ルピなしの一般書。

この表紙の装丁も
今の子たちが好きそうな感じだし
ストーリーは子どもだましな感じじゃないし
結構売れるんじゃないかな~。

本屋で立ち読みして思わず買ってしまいました。
文庫以外はめったに買わないのに(苦笑)

それだけお勧めというわけです!

これを読んだら、他の読みかけていた神永さんのシリーズを
読むのが嫌になってきました。

他の作品より絶対にこれがお勧め!

スポンサーサイト

2011/09/18 23:41 |   神永学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

楠誠一郎.『大江戸神龍伝バサラ! ①龍、覚醒せり。』.角川つばさ文庫,2009.3.

大江戸神龍伝バサラ!  (1)龍、覚醒せり。 (角川つばさ文庫)大江戸神龍伝バサラ! (1)龍、覚醒せり。 (角川つばさ文庫)
(2009/03/03)
楠木 誠一郎

商品詳細を見る


小学校高学年レベルの本を大量に借りてきたので読んでいます。
これは、かなり良かったです。

中学生ぐらいでも読んで楽しめるような内容。



5年生になろうとしている少女、久世さくら。
頼まれるとイヤと言えない性格。
いろいろな事が負担に思えてきて
現状から逃げ出したいと考えて夜中にこっそり家を抜け出します。
そのことを、富士見神社の境内の楠に祈ります。

すると
楠の上に
水干という昔の子どもが着る服を着た少年が琵琶を弾いているのが見え
なぜかそのまま江戸時代にタイムスリップ。

少年に勝手に龍(ろん)というあだ名をつけ
その不思議な少年と神主さんと三人で一緒に神社に住むことになります。

はやい展開で次々事件が起きます。

まずは、龍に三つめの目が開いたり
それは閉じてしまうものの
村の子どもたちにいじめられたり
なぜかお上の命令で
神社がとりつぶされそうになったり
龍と神主さんの敵である陰陽師と渡り合うはめになったり
本当にいろいろな事件が起きます。

最後には事件が解決して
さくらは元の世界へ帰されます。


評価
面白さ  4.9
再読度   4.5
お勧め度   5


これは続きも読んでみたいかも。
一応、一話完結します。

総ルピ。
小学中級からと書いてあるものの
高学年から中学生ぐらいの方が楽しめそうです。
読書力があれば小学校中学年でもいいかもしれませんが
ある程度でいいので
歴史はざっくり知っていた方が
面白いと思います。

2011/09/17 17:05 |   楠誠一郎COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

石崎洋司.『そのトリック、あばきます。 サエと博士の探偵日記①』.講談社青い鳥文庫,2008.9.

そのトリック、あばきます。サエと博士の探偵日記(1) (講談社青い鳥文庫)そのトリック、あばきます。サエと博士の探偵日記(1) (講談社青い鳥文庫)
(2008/09/13)
石崎 洋司

商品詳細を見る


黒魔女さんが通るの作者さんの作品。
イラストも黒魔女さんの人と一緒だし
事件をひとつ書きけつするたびに出てくるおまけのコーナーは
黒魔女のギュービットのコーナー。

主人公はサエ。
小4の明るく活動的な女の子。
一緒に行動するのは
学級委員でまじめな博士(ひろし)。
頭はいいけどけんかは苦手。
サエが守っているような状態。

それから
サエのおじさん、荒間光一。
一流大学でロボット工学を学ぶ大学生。
バイトで雑誌モデルをするほどのイケメン。
自己紹介では毎回「あらまぁ、光一、と覚えてください」とかいうような
寒いギャグを言うような天然キャラ。

この3人でいろいろな事件を解決していく。
短編集っぽい感じなので読みやすいです。
しかも事件解決の前には
光一が「わかっただろ」といってヒントとなるようなセリフをいい
解決は子どもたちというパターン。


ちなみに
黒魔女さんよりもセリフ度合いが多いかも・・・といほどになっています。
とにかく、文章全体の90%ほどがセリフ。
あとは、
マンガのナレーション部分かシナリオのト書きかという程度の
説明文。

なので
小説なのに
マンガの様な感覚で読めるのが
この作者の人気の秘訣なのかも・・・。

どれもこれも
シンプルなんだけど
予想していないよな展開になるので
おもしろいです。

評価
面白さ   4
お勧め度   5
再読度    3

小学校中級からと書いてあります。
総ルピ付き。

文字の大きさは4年生ぐらいからかな~と思ったのですが
読んでみると
3年生ぐらいでも充分わかるような感じの
内容です。


こういうセリフが極端に多いのが
子どもに人気の秘訣なのかな~。

けど、あまりにセリフばっかりなのも
読んでいて疲れます。
かなり軽いのりです。

2011/09/17 16:49 |   石崎洋司COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

三浦しをん.『仏果を得ず』.双葉社,2007.11.

仏果を得ず (双葉文庫)仏果を得ず (双葉文庫)
(2011/07/14)
三浦 しをん

商品詳細を見る


三浦しをんさんの本を他にも読んでみたいかも・・・
と話していたら、
三浦さんの作品は全部読んでいるとかいう方から
「絶対にこれを読むべき」というお勧め。

勧めていただいただけあって
読みだしたら途中でやめられず
完全に寝不足&一気読み・・・ということになってしまいました(苦笑)


これが一押し作品だというだけのことはあると思いました。



前情報なしで読み始め
古典芸能の何かをやってんだな~ぐらいの感覚。
読み進めるうちに
文楽の中の語りを担当する人が主人公なんだとわかってきます。

文楽がどんなものかもほとんど知らない状況でも
かなり楽しく読めました。

主人公は一応この道に弟子入りして
10年ほどになる健(かける)。
三味線の兎一郎(といちろう)という先輩格の人と組めと
師匠から言われるものの
兎一郎は一匹狼な人なので
一緒に練習したくても
捕まえるだけでも大変。

若手の人たちは
小学校にときどきボランティアで文楽を教えに行っていて
そこの小学生ミラちゃんとも仲良くなったりしている。

かなり個性的な性格の師匠の銀大夫、
文楽の養成所時代からの仲間の人形遣い・・・といっても
今は足だけを動かす担当の友人、
ミラちゃんやその母親、
兎一郎の奥さんなど様々な個性的なキャラが次々と出てきて
健は翻弄されながらも成長していきます。

初恋かっ!っていうほど
精神的にはうぶな恋愛もします(苦笑)。
ストーリーにも関係してきます。

自宅として住んでいる所の大家さんも個性的な人物!


ちなみに家賃格安とのことで
住んでいるのは
なんとラブホテルだったりします。



文楽という古典芸能にまじめに真摯に取り組む姿と
そういうちょっと笑える背景のギャップが
面白いです。



評価
オール5

文楽独特の言い回しや難しい漢字にはルピあり。
一般書に分類されると思います。



2011/09/17 15:19 |   三浦しをんCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

村山早紀.『コンビニたそがれ堂』.ポプラピュアフル文庫,2010.1.

コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/01)
村山 早紀

商品詳細を見る


偶然出会った同級生。
その彼女が待ち時間に読んでいた本がこれ。


短編集の形式になっています。



お稲荷さんの赤い鳥居の前にある駅前商店街のはずれに
 < どうしても手に入れたい大切な探し物 > があるときだけ
現われるとかいう
不思議な コンビニ「たそがれ堂」があります。
店主はなんとなくキツネに似ているイケメン。

この巻では5つの物語。

一つ目。
海外に転校していった女の子が
大事にしていたネコの柄の表紙のメモ帳。
断ってしまったことを悔やむ少年の話。

二つ目。
ママに捨てられたリカちゃん人形をさがす少女。
それは見てからなくて代わりのリカチャン人形を
コンビニたそがれ堂で手に入れる。
その人形を手に入れたことで、
本当に欲しかったママの気持ちが手に入る。

三つ目。
ラジオのアナウンサー桜子さん。
彼女のさがしものは
アナウンサーを続けていいのかどうか・・・
アナウンサーとしての自信なのか
気持ちなのか・・・。
コンビニたそがれ堂で手に入れた
携帯ストラップは・・・?

四つ目。
あんずという家猫の女の子。
もうすぐ病気で命がなくなるので
最後の願いをかなえるためにコンビニにやってくる。

五つ目。
古くなったテレビのお話。


とまあ、こういう感じです。
どれもちょっとほんわかとした雰囲気がただよう
やさしい物語になっています。

評価
面白さ  4.8  ちょっとこれは微妙かもというストーリーもあったから。
         他のは 5 でもいいんですけどね。
再読度  4
お勧め度  5   優しくてあったかい気持ちの読後感です。



シリーズでもっとでているようです。

そういえば、この本をすすめてくれた同級生の彼女は
その昔、安房直子(あわなおこ)が好きだと言っていた人でした。
この本もそういう雰囲気があるので
何年たっても基本的な趣味って変わらないのね・・・と思い
うれしくなってしまいました。

2011/09/04 00:25 |   村山早紀COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あさのあつこ.『NO.6 ♯9』.講談社,2011.6

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/06/14)
あさの あつこ

商品詳細を見る


ようやく完結です。
毎回毎回いいところで終わってしまうのが不満で
ちょっと前から放置していたために
何処から読んでないのか忘れてしまっていたので
7巻から復習がてら読みました。


結論からいうと
「え~?!この終わり方?!」



あまりにも予測できるような展開続きだったので
だんだん斜めよみ状態&ちょっとうつらうつら・・・。



でもまあ、考えようによっては
こういう設定で
こういう展開なら
最後はこうでしょう・・・。
(あたりまえ!)



という感じですね(苦笑)



他の全然違う展開には
持って行きようがないんだしね(苦笑)



せっかく
ここまで続けて8冊も読んできたのでしたら
ちゃんと読むことをお勧めします。

最後は意外性のないものの
すっきりまとまっているので
気分良くよめるのではないでしょうか。


評価
面白さ  まあ、こんなもんでしょう。という感じ。
お勧め度  今まで読んできた人は読んだ方がいいかもね。
再読度   私はもうきっとよまないと思います(^^;)


YAむけのレーベル。
ルピは多少あり。

予想できる展開ということは
単純だということもあるので
小学校高学年や中学生には読みやすいとも言えるかもしれません。

最近そのぐらいの年代に流行っているような
ちょっと異常な世界という設定が
ライトノベルからの移行とかに・・・むいては・・・いるかもね。

なので、好きな人は
ものすごく好きでしょう!

2011/09/03 18:28 |   あさのあつこCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

天童里砂.『登校途中の百物語 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻』.中央公論新社,2011.5.

登校途中の百物語 - 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻 (C・NOVELSファンタジア)登校途中の百物語 - 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻 (C・NOVELSファンタジア)
(2011/05/25)
天堂 里砂

商品詳細を見る

これも『ましろのおと』を貸して下さった先輩が
「今、2巻しか持ってないけど、2巻からでも大丈夫だから」
と、貸して下さった。

この本もそういういきさつがなければ
自分では選ばなかったような本なのですが
あまりにも面白くて引き込まれてしまいました。


寺に居候し、バイトと称して寺の家事をになっている少年・秀一が主人公。
目に見えないものが視えるという能力を持っている。

寺には様々な妖怪が住んでいて
毎日楽しく過ごしている。

転校生として高校へ通い出す。
学校では
なぜか妖怪研究会に誘われ
バイト(寺の食事作りなど)を理由に断ろうとしているものの
なかなか断り切れずに
しつこく勧誘を受けている。

幽霊にであったり
学校の生徒が何人も体調を崩して欠席したり
それらがどうやら伝承の怪談話とかかわりがあるらしい。

同級生の巫女や寺の主などを巻き込み
解決していく。



全部で2話分収録です。

ライトノベル風の設定で
展開もはやいし
とっても面白いです。


評価
面白さ 5  サクサク読めます。
再読度  5
お勧め度 4.8  ライトノベルとか妖怪退治系なんかが好きな人向け。


中央公論新社の新書版の小説なので
ルピなしの2段組みの本です。

2011/09/03 16:56 |   天童里砂COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

羅川真里茂.『ましろのおと』1-3巻.講談社

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

ましろのおと(2) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2010/12/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス)
(2011/04/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


以前からライトノベルやいろいろな本を勧めてくれている先輩が
今回はマンガを読む?と言って貸して下さったのがこれ。

きっと借りなければ出会うことのなかったマンガです。

津軽三味線をひく少年・澤村雪(さわむらせつ)。
三味線の師匠でもあった祖父が亡くなり、
三味線を弾くことができなくなり、青森から家出宣言をして東京にでてくる。

はじめは生き倒れてしまい、街中でタレント志望の女の子に拾われる。

その女の子や彼氏のバンドマンたちと接するうちに
しだいにまた三味線が弾けるようになる。
(ここまでが1巻)

その女の子は夢をあきらめ田舎へ帰ることになる。
そこへ、なぜか別居している設定の金持ちの母親がやってきて
拉致(?)される。

東京の下町の下宿屋へ住むことに強制的に決められ
しかも、高校に入学することも決められ高校生活が始まる。

高校では三味線同好会を立ち上げようとしている女の子に出会い
彼女の祖母の思い出の無名の曲というのが
雪の祖父のオリジナル曲だったことなどから
自分自身の音を紡ぎ出すことができるようになっていく。
(ここまで2巻)

母の陰謀もあって、
祖父の名を冠した
三味線の高校生大会が開かれることになり
いつのまにやら三味線同好会に巻き込まれ
メンバーを集めることになり
いろいろあって
団体戦出場に必要な5人が集まる。

練習する方法も決まり・・・
(ここまで3巻)




と、いうわけで
三味線をテーマにした青春マンガです。

ちなみに三味線には
太棹と細棹というのがあるそうな。

唄の伴奏などは
細棹というものらしいです。

津軽三味線は太棹というらしく、
主役になるような種類の楽器らしいです。

おもいっきり引き込まれてしまいました。
自分でも買おうかな~♪

評価
もちろん オール5

2011/09/03 16:35 | 少年マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

神永学.『タイム・ラッシュ 天命探偵 真田省吾』.新潮社,2008.3.

タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾 (新潮文庫)タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾 (新潮文庫)
(2010/07/28)
神永 学

商品詳細を見る


「心霊探偵 八雲」シリーズの作者の
この文庫本をおもわず買ってしまいました(^^;)

かなり面白く、あっという間に読んでしまいました。

殺人現場の予知夢をみる車いすの少女・志乃。
どうにかして、殺人を止めようとしている。

いつも結局夢のとおりになってしまうのだが、
ある日、事故に巻き込まれる予定の女の子を助けることができる。

いつもとの違いを考えてみると
夢の中では登場しない人物が
現実世界に現れた・・・そのことで、運命が変わったらしい。

その人物は
探偵事務所で浮気調査をしている青年・真田省吾。

志乃は、次の夢も阻止してもらおうと
省吾の事務所に依頼をすることにした。


夢の事件は
麻薬を北から密輸しているルートの関連の事件とつながっていく。

本当にいろいろな伏線が絡み合って
ミステリーとしても
それなりに面白いです。


評価
オール 5

人物設定などは
視覚的にもどんな人物かが細かく描写されていて
みかけも性格も能力も
個性的なキャラばかり。

ライトノベルっぽいスピード感とキャラクターです。

2011/09/02 21:19 |   神永学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

天野頌子.『よろず占い処 陰陽屋あやうし』.ポプラ文庫ピュアフル,2011.7.

陰陽屋あやうし (ポプラ文庫ピュアフル)陰陽屋あやうし (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/07/05)
天野頌子

商品詳細を見る


ずーっと前に読んだ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』の続きが出ていました。

元ホストで女性よりきれいなイケメンが経営する陰陽屋。
主人公でアルバイト店員、瞬太(しゅんた)。
バイト中は本来の姿・・・キツネの目と耳としっぽつき・・・。
前巻では中学生だった彼も
今回は高校に入学しています。

キツネ体質で夜行性・・・日中は眠くなるのを
バイトのせいだと思っている担任の先生が
はりきってバイトをやめさせようと迫ってきたり
陰陽屋の店主、祥明に結婚をせまる女性が現れたり、
いろいろなお客がやってきては
いろいろな事件を巻き起こしていきます。

高校生になったからか、
好きな女の子のことなんかもでてきます。

好きな子には
やっぱりキツネだってことは黙っておきたいみたいです。

大昔にキツネの人にあったとかいうおばあさんが現れます。
瞬太の仲間がいるのかも?
なんてエピソードもでてきます。



評価
面白さ   オール5


ライトノベル風の軽快で個性的なキャラクター設定。

今回は担任の先生も結構個性的で好きかも♪

あっという間に読んでしまいました。
読後感もさわやか(^0^)//

2011/09/02 18:15 |   天野頌子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。