スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ケイト・ブライアン.『ボーイズレポート 同居人はハンサム7人組』.理論社,2007.4.

ボーイズレポート―同居人はハンサム7人組ボーイズレポート―同居人はハンサム7人組
(2007/04)
ケイト ブライアン

商品詳細を見る


ラブコメです。

アメリカの11年生・・・日本だと高校2年生の女の子ミーガン。

一人っ子で
男の子とはほとんど口を聞いたことがないような
まじめな女の子。

両親は転勤で韓国の勤務になるという。
せっかくできた親友やサッカーの仲間と別れたくなくて
アメリカに残りたい宣言をする。

すると
父の友人マッゴーワン家に行くなら
アメリカにいてもいいという。

マッゴーワン家は7人の男の子がいる家。
お父さんのマッゴーワン氏もイケメンなら
他のティーンエイジャーの男の子たちも
ハンサムでパーフェクトボディーだったりします。

はたして
そんな男の子たちと一緒にくらしていける?




親友に 男の子の観察レポートのメールを
定期的に送ったりしています。

学校のスター、次男のエヴァン、
同学年できまじめで絵を描いているフィン、などなど

キッカーというニックネームをもつほどの
サッカー少女のミーガンは?!


評価
オール5

ラブコメです。
まっるで少女マンガの様な設定と展開です。

途中はハラハラ・ドキドキですが
最後はなるようになる・・・収まるべきところに収まる・・・という感じです。

一般書ですが
YAレベルのルピ付き。



スポンサーサイト

2012/03/15 20:29 |   ケイト・ブライアンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

篠原ウミハル.『図書館の主』.芳文社・・・まんがです!

図書館の主 1 (芳文社コミックス)図書館の主 1 (芳文社コミックス)
(2011/08/09)
篠原 ウミハル

商品詳細を見る


図書館の主 2 (芳文社コミックス)図書館の主 2 (芳文社コミックス)
(2012/01/16)
篠原 ウミハル

商品詳細を見る


私の大学の恩師が
プログで紹介されていたので
読んでみました。

私設の児童図書館の物語です。

主人公は表紙に登場している男性の司書さん。
御子柴さんです。

無愛想で口は悪いのですが
なぜか子どもに好かれていて
しかもびっくりするほど児童書にくわしい!

有名な名作がその都度紹介されて物語に絡んできます。

もう一度、読みなおしてみたくなるような
もし、まだ読んでいないなら、一度読んでみたくなるような
そんなストーリーになっています。

『宝島』を読む男の子は
本を読むことでどんどん変わっていくし
『ニルスのふしぎな旅』を読む母親は
自分自身の態度をかえりみることになります。

江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズは
こどもたちの間で
実際に捜索事件として発展していたりします。

大人にとっては
忘れられない思い出の本だったりするような紹介の時もあります。

本当に児童書を読みなおしたくなるような
素敵なマンガです。



評価
オール5


そんなわけで
児童書好きを自認しているというのに
しらない本があったので図書館へ探しに行ってみます。



2012/03/10 23:31 |   マンガCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

坂木司.『ウィンター・ホリデー』.文藝春秋,2012.1.

ウィンター・ホリデーウィンター・ホリデー
(2012/01)
坂木 司

商品詳細を見る


『ワークング・ホリデー』の続きです。

宅配便屋さんに就職した元ホストのヤマト。
冬休み前から3月のホワイトデーあたりまでの出来事です。


『ワーキング・ホリデー』で、夏休みに突然
小5の息子が会いに来て
しかも夏休みいっぱい泊まり込んでいった間に
転職したヤマト。

冬休みにも息子の進くんがやってくることを願って
日々の仕事をがんばっています。

この期間、宅配便屋さんは
クリスマス、お歳暮、おせち料理のお取り寄せ、バレンタインデー、ホワイトデー・・・
と、
行事が目白押しです。

それぞれの行事ごとに
宅配業者にとっての大変さがあり
冬場なので
予想外の天候などもあります。

冬場の行事って
個人的な気持ちのつながりもあったりして
いろいろ大変。

しかも、
年末の忙しさの補助として
新人バイトをつけられるものの
これがまた使えないバイトで
次々にトラブルを持ってきてしまいます。

元ホストの腕を見込んで
進くんの友だちや職場仲間の恋愛相談もあるし
進くん行方不明事件もおきたりします。

最後は、ほんわか温かい気持ちになれます。


評価
もちろん オール5

『ワークング・ホリデー』のときよりも
季節感もあるし
おもしろいです。



笑ったり、切なくなったり、えっ!と思ったり、
恋愛も絡んでくるし
本当にすてきな1冊です。


2012/03/09 09:24 | 坂木司COMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。