スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

米澤穂信.『氷菓』.角川書店,2001.11.

氷菓 (角川文庫)氷菓 (角川文庫)
(2001/10/31)
米澤 穂信

商品詳細を見る


アニメ化するということなので
かなり昔から持っているこの本を読み返してみました。

ちなみに持っているのはとっても地味な装丁の文庫本です。

米澤穂信さんの今でも続いている「古典部シリーズ」。

その1巻目です。



主人公の折木奉太郎(おれきほうたろう)が
高校に入学し
廃部になっていた古典部に入部して
部活を復活するように姉から言われ
学校に古典部入部の届けを出します。

すると、
隣のクラスの女の子で
お金持ちのお嬢様である千反田も入部していた。
彼女が部長になる。

ホータロー(折木)の親友・里志や
幼馴染というか腐れ縁の漫研所属の伊原という女の子が
いつの間にやら古典部の部員となっていく。

学校内の事件や
氷菓という題名の古典部の文集に隠された謎、
千反田のおじが彼女に告げた言葉とは何か・・・というような
高校生としての生活の半径のなかでの
謎解きミステリーです。


評価
面白さ  4.8
お勧め度  4.9
再読度   5


米澤さんのデビュー作だった作品。
なので、
これだけ読むと
ちょっと硬い感じもあります。

けれど、
このシリーズは続きを読めば
なぜかはまってしまう・・・そういうタイプです。

だから、うちにはかなり続きの本があります(笑)

改めて
この巻を読んでみると
やっぱり新しいものの方が
文章も内容も
もっと精査されてて
面白いです。

アニメ化するんですね~。

確かにアニメ化したり
ドラマ化したり
できそうな感じの内容だもんね!

スポンサーサイト

2012/04/15 21:31 |   米澤穂信COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

三浦しをん.『舟を編む』.光文社,2011.9.

舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る


本屋大賞を受賞した直木賞作家・三浦しをんさんの作品です。

辞書を作る人が主人公の物語。
装丁の紺色に銀色の押し文字・・・というのは
主人公たちが最後に仕上げる辞書の装丁にそっくりにしてあります。

ちょっと前から購入していたのに読んでなかったのですが
本屋大賞も受賞したことだし
これは読むべきかも・・・と思い読み始めました。

主人公は
まじめさん。
ちなみに本名だったりします。

前半と後半の2部になんとなくわかれています。

前半は
若かりし日のまじめさん。
辞書編纂部にスカウトされてそこの部員になるところから
初恋のいきさつの物語です。

後半は
中堅どころの年代で、主任さんになっているまじめさん。
辞書編纂部に若い女性編集員が配属されてきて
とうとう辞書が出来上がるところまでです。

最後の方は
泣けるところもあります。

辞書を作成するという特殊環境がいろいろ書かれていて
思わず
うちの辞書はどこのかな~なんて見てしまったりします。

三浦しをんさんの描く恋愛なので
とっても不器用なカップルながらも
いい感じの関係になります。

辞書作りの裏側が見れて
面白いです。


評価 
面白さ  4.8
再読度  4.9
お勧め度  5

ルピなしの一般書。

面白さだけなら
三浦しをんさんの他の作品の方がおもしろいかも・・・とは思うのですが
とにかく辞書の裏がわってことで
ぜひ一度読んでほしいかも・・・です。(笑)





2012/04/13 23:43 |   三浦しをんCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

蛇蔵&海野凪子.『日本人なら知っておきたい日本文学』.幻冬舎,2011.8.

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る


とっても面白かったです。

古典などでおなじみの人たちがでてくる文学論(?)です。

清少納言のことを言いたい放題の人だとか(確かにそうなんだけど・・・)
紫式部のことは頭がいいのを隠そうとしたりしてぐるぐる考えてしまう人だとか
結構好き放題に評しています。

古典の有名作家さんたちが
ばっさり切られているのが
とっても気持ちいい感じです。

すぐ読めるのでぜひどうぞ!

評価
オール5

2012/04/13 23:42 |   マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

小野不由美.『魔性の子』.新潮社,1991.

魔性の子 (新潮文庫)魔性の子 (新潮文庫)
(1991/09/30)
小野 不由美

商品詳細を見る


2012年7月から
新潮社が十ニ国記の新装版を出すらしいです。
さっそく公式サイトをみたら
『魔性の子』を含む・・・と書いてあるじゃないですか?!

『魔性の子』はタイトルは知っていたものの
読んだことがない・・・さっそく図書館で借りてきました。

十ニ国の黒麒(くろいきりん)、日本生まれの少年「たいき」が、
シリーズの後半では行方不明になっています。

その行方不明の状態・・・
なぜか、もとの日本に帰ってきてしまって
高校生をしているという設定の物語です。

舞台が現代日本。
高里という主人公の少年の正体を知って読んでいても
不思議感たっぷりです。

十二国記を知らずに読んだら
もっと凄い感じかもね。


最後には
どんどんエスカレートして
とんでもない状態になってしまいます。

けど
高里自信は
望んだようになったんじゃないのかな~。

やっぱりこの先の物語も書いてほしいです。
気になりますよね。



評価
面白さ  5  今とってもいそがいいのに、一気読みしてしまいました。
再読度  4.5
お勧め度  5

文庫本です。

深窓版だとどういう感じに仕上がるのかなぁ。

2012/04/13 23:37 |   小野不由美COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。