スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

エーリヒ・ケストナー.『新訳 飛ぶ教室』.角川つばさ文庫,2012.9

新訳 飛ぶ教室 (つばさ文庫)新訳 飛ぶ教室 (つばさ文庫)
(2012/09/15)
patty、 他

商品詳細を見る


大学で勉強していた時に
「子ども時代の思い出の一冊」・・・確かそんなようなニュアンスの課題がでて
『飛ぶ教室』と『ふたりのロッテ』で悩んだ私。

結局、片方に決めたものの
ケストナーを調べていくうちに
どちらもケストナーを語る上で欠かせない作品だとわかって
両方ともやっぱり好き!というわけで
メインじゃない方もからめてかいたような(苦笑)

今、思えば、一冊っていう課題なのに
よくあんなので
合格点にしてくださったもんだ・・と恥ずかしくなるかも(汗)

それをきっかけに
ケストナーの人生を知って
もっともっと好きになったのですよね。

でも、当時、ケストナーと言えば
高橋健二さんという方の翻訳が主流で
本は、岩波書店のケストナー全集という
ハードカバーの本でした。

今でも図書館ではそれを蔵書しているところが
いっぱいあります。

挿絵はもちろん
ドイツでの発行当初からのイラストレーター
ワルター・トリヤーさん。

トリヤーのイラストも好きなのですが
やっぱり
今の子はこういう装丁が好きなのでしょうね。

そろそろ高橋さんの訳じゃない新訳があっていいかも・・・と思っていたので
今回、児童文学作家の那須田淳さんの訳とあって
思わす購入してしまいました♪


すごく読みやすいです。
年齢も原作の8年生に対して
ちゃんと ( ) をつけて、中学2年生と書いてあるし
15歳だということも何度か出てくるし
マルクで書かれたドイツのお金が
今の日本の貨幣価値でいくらかわかるようにしてあるので
マーティンがお金で苦労するあたり
ものすごく現実感があり、よくわかります。


超有名作品なので
ストーリーはもういいかな・・と思うけど
一応書いておきます。


最初に作者のケストナーが
クリスマスの小説を書こうとしている場面が
だらだらあって
その後
寄宿学校の生徒たちの学校での物語がはじまります。

実業学校の生徒に
仲間がつかまり、
書きとりノートも持っていかれてしまい
奪回作戦を立てる事件。

それから
日常の授業や度胸試しのような細々した事件。

正義先生や禁煙さん、
お硬いようでいて実はかなり優れた先生なんじゃないかと思う
クロイツカム先生など
かなり素敵な大人たちの出来事。

劇『飛ぶ教室』。
これは未来の学校を想像した舞台で、
子どもも自由に飛行機で
実地検証しながら授業がうけれるという設定の物。
代役が必要になったり、いろいろあります。

いよいよクリスマスイブの日の事件。
優等生のマーティンを取り巻く人々との出来事は
何度読んでも
やっぱり涙なしではすまないです。



最後の解説もなかなかわかりやすくて
よかったです。



評価
オール5

もちろん、これ以外の評価なんてないでしょう?(笑)



今回、そういや
またまたケストナーってどんな人だっけ?と読みなおしたのが
『ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家』
『ケストナーの生涯―ドレースデンの抵抗作家』
この2冊。
下のはケストナーに会ったことがある、高橋健二さんの作。
上のはドイツ人のクラウス・ゴードンさんの作で
訳はこの本と同じ
那須田淳さんと木本栄さんでした。

それから確認のために
ウィキぺディアでちょっと調べたら
またまた間違った事を本当のことのように書いてあって
「またでたー!うそつきウィキ~!」と叫んでしまいました(苦笑)

クラウス・ゴードンさんの本に
ケストナーの母がユダヤ人医師と不倫をしていた可能性がある。
とか書かれていて
ケストナーの名字を持つ戸籍上の父は
養父の可能性があるように書かれています。

でも
ケストナー本人が認めたわけではないので
ユダヤ人の血を受け継いでいるかもしれないという
あくまでも推測の域をでないもののはず・・・。

ナチスがケストナーの本を焚書したのは
当時、発行済みだった
『エーミールと探偵たち』など彼の児童文学すべての挿絵画家が
ユダヤ人だったから。

ウィキも
参考文献にこれらの本をあげるぐらいなら
推測の域は出ていないことだって
わかってもいいようなものなのにね(苦笑)

『飛ぶ教室』で
ノートを焼かれるシーンは
自分の作品が焚書されるのを見たからだという説もあるそうです。

第一次世界大戦、第二次世界大戦と
子どもにも大人にも
しかもナチスという不条理を抱えたドイツにいたケストナー。

最初の物語がはじまるまでの部分には
日記風でありながらも
ケストナーの強いメッセージが込められていて
名言とかにも取り上げられたりしています。

「子どもの涙がおとなの涙より小さいなんてことはない」
なんて
忘れられない言葉です。

「どんなにつらいことがあっても、現実をしっかりみつめよう。・・・(中略)・・・
ボクサーみたいに、しっかりまもりをかためて、うたれ強くなるんだ。・・・(中略)・・・
でないと、人生ではじめてなぐられたときに、すぐにノックアウトされてしまう。・・・」

他にもいっぱいあるけれど・・・

しかも、大人が読めば
こういう大人であるべきだと
またもや考えさせられることもいっぱいあるけど・・・

やっぱり
次々に事件が起きて忙しい彼らを
何度でも応援したくなってしまう・・・そんな物語です。

スポンサーサイト

2012/10/21 18:00 |   エーリヒ・ケストナーCOMMENT(0)TRACKBACK(2)  TOP

香月日輪.『桜大(おうた)の不思議の森』.徳間書店,2012.10

桜大の不思議の森 (徳間書店)桜大の不思議の森 (徳間書店)
(2012/10/05)
香月日輪

商品詳細を見る


香月日輪の新作だ~!
それも文庫での新しい本なので
きっと私が好きな高校生ぐらいが主人公とか・・・


と期待したのですが
YAレーベルで出してほしかったような感じの本でした。


中1の少年桜大(おうた)が主人公。
黒沼村という田舎の村に住んでいます。

近くには黒沼の森という
不思議が息づく森があり
自然や神や目に見えない畏怖すべきものなどに囲まれて
生活しています。

両親、祖父母、弟がいて
将来の夢は
家族と同じように
村で農業に携わっていきたいと願っています。


設定はそんな感じで
香月日輪ワールド全開(笑)な展開とストーリー。


食事風景が
要所要所に盛り込まれていて
いい食事が
幸せを運ぶし
いい子たちをつくっているのだろうな~
としみじみ思わせるような
おいしそうな描写です。

悩みを抱える少年がでてきて
主人公が彼を全力で助けて受け入れていくところも
いかにも香月日輪で
安心して読めます。

強いて言うなら
主人公の年齢のせいか
淡々と物語が進むし
小学校の高学年ぐらいから読めるような感じなので
YAレーベルで出版してほしかったかな~。


シリーズ化するのかな?

それならぜひYAレーベルでルビをつけて出版してほしいです。


評価
面白さ 4.9
再読度 4
お勧め度 5

とかいいつつ
文庫だから購入しているのですけど(笑)

2012/10/14 23:48 |   香月日輪COMMENT(0)TRACKBACK(2)  TOP

ルブラン.『怪盗紳士ルパン』読み比べ

怪盗紳士 (シリーズ怪盗ルパン)怪盗紳士 (シリーズ怪盗ルパン)
(1999/11)
モーリス ルブラン、南 洋一郎 他

商品詳細を見る


怪盗紳士ルパン (アルセーヌ・ルパン全集 (1))怪盗紳士ルパン (アルセーヌ・ルパン全集 (1))
(1981/10)
モーリス・ルブラン

商品詳細を見る


怪盗紳士―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)怪盗紳士―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)
(2009/12)
モーリス ルブラン、南 洋一郎 他

商品詳細を見る


図書館にこの三種類の怪盗紳士ルパンがありました。
きれいな装丁で、一番手にとりやすい雰囲気のポプラ社「怪盗ルパンシリーズ」。

これは南洋一郎/文ということで、読みやすいものの
なぜか違和感が・・・。

たしか、この話って
僕・・・という話者がいて
それがこの物語のキーなんじゃなかったっけ?

でも、この本では
全員に対して客観的に書かれています。

解説文をよむと原作通りの訳ではないので
「/訳」じゃなくて「/文」なのだそうな。


では、完訳ものが読んでみたい・・・
そこで次に見つけたのが
偕成社の「アルセーヌ・ルパン全集」
これは、思っていた通り、
僕という話者の視点から物語がすすむのだけど
登場人物の話言葉がなんだかレトロ。



図書館の検索だけで、一番新しいものだと思って
借りたのが
ポプラ社の文庫で「怪盗ルパン全集」。
来てみてびっくり!
なんと、
私が子供時代に読んだ本の
文庫装丁での復刻版でした。

この訳者さんが
南洋一郎さんで
最初の「/文」の本の人でした。

もちろん、古い翻訳なので
言葉使いがものすごくレトロで
かなり読むのにつかれてしまいました。



そんなわけで
これだけ読んだにもかかわらず
じゃあ、もっとルパンを読みたいか・・・というと
最初のポプラ社の「/文」のものが一番まし?

でもやっぱり
僕という話者がキーワードの物語を
こんな風に意訳しちゃうような人の作品は
やっぱり気になっちゃうし・・・・。

もっと読みたいんだけど
どうしようかな~。

この訳がお勧め!
っていうのないのかな~?


評価
ちょっと無理かな(苦笑)

ポプラ社の怪盗ルパンシリーズと
偕成社のアルセーヌ・ルパン全集は
児童書としてでているので
YAレベルのルビあり。

ポプラ文庫クラシックの怪盗ルパン全集は文庫なので
ほとんどルビなし。

2012/10/14 23:33 |   モーリス・ルブランCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

杉山亮.『秘密図書委員(ブックスパイ)・ヨム!こぶたのシチューの巻』.学習研究社,2007.7

秘密図書委員(ブックスパイ)・ヨム!秘密図書委員(ブックスパイ)・ヨム!
(2007/07)
杉山 亮

商品詳細を見る


これ、すごく面白いのに
シリーズ化してないのね?

どうしてなのかなぁ。
それだけ児童書がだんだん売れないってこと?


ブックスパイとは
物語の中に入り込み
きちんとストーリーどおりに物語が進むようにする仕事。

小学校4年生の少年ヨムは
白雪姫ぐらいしかお話を知らないのに
ヨムなんていう名前。

不思議なことに
そのことがきっかけで
ブックスパイとしてデビューすることに?!

任務は『三匹のこぶた』。

はたして
予定通りに三匹に三種類の家を建てさせて
オオカミもやってきて
めでたしめでたしになるのかしら?


評価
面白さ  5
再読度  4 まあ、児童書だからね(笑)
お勧め度 5

小学校2-3年生程度から。
総ルビ。文字も大き目。


せめて5冊セットぐらいになってほしいなぁ。

 

2012/10/14 23:10 |   杉山亮COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『ビートルズの英語』.集英社インターナショナル,2012.8

ビートルズの英語ビートルズの英語
(2012/08/24)
ザ・ビートルズ・クラブ

商品詳細を見る


今年(2012年)はビートルズのデビュー50周年なのだそうな。

歌詞の翻訳版かと思ったら
ビートルズ語録でした。

メンバーが言った言葉をそのまま英語で
掲載してあって
その和訳と英語の解説と
その言葉に関する解説が見開きに一つづつ載っています。

ビートルズファン向けという
側面の濃い本です。

英語は
中学英語レベルのも少しはありますが
ほとんどはもう少しレベルが上のものです。

ちなみに
○○の曲を作った時に言った言葉。
とかいうのもいっぱいあるので
やっぱり
ビートルズの曲はある程度知っていないと
読んでもわからないでしょうね。

ともあれ、
一定年代以上のビートルズの基本は知っている人には
裏話を読んでいるようで
面白いかもしれないです。

評価
わたしは
これを読んでビートルズを弾きたくなった&聞きたくなった人なので(笑)

中学生とかには
いまいちかも・・・。

ルビなしの一般書。

横書きです。

2012/10/08 19:02 | 700分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『日本の謎と不思議大全』全2巻.人文社,2006.10

日本の謎と不思議大全 東日本編 (ものしりミニシリーズ)日本の謎と不思議大全 東日本編 (ものしりミニシリーズ)
(2006/10)
人文社編集部

商品詳細を見る

日本の謎と不思議大全 西日本編 (ものしりミニシリーズ)日本の謎と不思議大全 西日本編 (ものしりミニシリーズ)
(2006/10)
人文社編集部

商品詳細を見る


リアル都市伝説系の本です。

県別に本当に伝わる伝説や物などを
集めてあります。

誰それの埋蔵金とかはもちろん
河童や人魚や妖怪伝説&証拠の品、
ストーンサークル、
失われた古代文字、
キリストの墓、
失われたアーク、
ピラミッドにオーパーツ
などなど
日本にもこんなにたくさんの
謎があったなんて驚きです。


評価
面白さ  5
再読度  5 いっそ買おうかしら?
お勧め度 5

ルビなしの一般書。
オールカラー。
写真も豊富です。

2012/10/08 18:50 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

工藤純子.『恋する和パティシエール 2 栗むしケーキでパッピーバースデー』.ポプラ社,2012.9

恋する和パティシエール2 栗むしケーキでハッピーバースデー (ポプラ物語館)恋する和パティシエール2 栗むしケーキでハッピーバースデー (ポプラ物語館)
(2012/09/07)
工藤純子

商品詳細を見る

小学4年生の和菓子屋の女の子が主人公。
同級生の友達で
お茶屋さんの息子とケーキ屋さんの娘の3人で
力を合わせて
今風の和菓子を作っていく物語。

最後にレシピも載っています。

今回のきっかけは
和菓子屋の杏ちゃんの亡くなったおじいさんが書いた
ラブレターと思われるものを
お茶屋さんの倫也が見つける。

宛名は倫也のおばあちゃん。

三角関係or不倫?

2人のおばあちゃんたちは
そういやめったに顔を合わせないし・・・

というわけで
おばあちゃんたちを仲直りさせるために
手紙にかいてある
おじいちゃんがつくったという
和菓子のケーキをつくることになる。

ケーキなので
ケーキ屋のマリエにも手伝ってもらいながら
3人で協力して和菓子のケーキをつくる。


ちなみに
不倫疑惑は小学生が納得できるような形で
解決します。


評価
面白さ  5
再読度  3(ま、小学生向けだからね・・きっともう読まない・・ということで)
お勧め度  5

小学校中学年向け程度の文字の大きさ。
総ルビ。

レシピなどを考慮すると
高学年にもお勧め。

背表紙の文字にもキラキラが入っているので
書架でも目立つし
お勧めです。

2012/10/08 18:33 |   工藤純子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

エドガー・アラン・ポー.『オーギュスト・デュパン』.岩崎書店,2001.4

オーギュスト・デュパン「モルグ街の怪事件他」  (世界の名探偵 1)オーギュスト・デュパン「モルグ街の怪事件他」 (世界の名探偵 1)
(2001/04/05)
エドガー・アラン ポー

商品詳細を見る


ポーって
推理小説家の元祖とか
黎明期の推理小説家だとか
名探偵ものの基本をつくった人だとか
あの作家にもこの作家にも影響を与えただとか

いろいろ言われているけれども
そういや中学生か高校生のころに
有名な短編を数えるほどだけしか読んでないし
「こわい」というイメージで
読まなくなったような・・・。

そんなわけで
怖くないかのお試しのために
児童書形式のこれをチョイス(笑)


ポーって
そういやアメリカのミステリーの賞の名前・・・
アメリカ人だったのね(苦笑)

デュパンがフランス人でパリが舞台だから
フランスの作家かと思っていました(冷汗)

まずはこの本、
『モルグ街の怪事件』
これは読んだはずなんだけどなぁ・・・全然覚えてない~・・・
というわけで
最後まで読めば

そうだ~!
こういうあり得ないような結末だったのよっ!

と、思いだしました。

当時の私には
かなり怖いものがあったのですよね~。


『盗まれた手紙』
これは読んだ記憶がない・・・やっぱり知らない話でした。

事件の結末は予想外の展開。
それがなきゃデュパンじゃないわね(笑)



デュパンは
とにかく
事件と推理だけでストーリーが進みます。

それが好きならはまるのでしょうね。

名探偵と「私」という本の書き手 兼 助手。
助手は普通の人です。

こういう組み合わせは
他の名探偵ものにもよくあるパターンで
デュパンの方法をまねた形式なんだそうな。

人間的にはかなりの変人・・・一緒には生活できそうもないです(苦笑)



『モルグ街・・・』は1841年の作品なんだそうです。

日本でいえば江戸時代の作品なのよね?


評価
こういう歴史上の有名な作家さんに対しては
評価は無理!

総ルビ。小学校高学年ぐらいから。


わりとあらすじっぽい感じのストーリー展開なので
あんがい子どもにも受けるかもね。

私は
人間性も盛り込んでほしい感じなのですけど。

2012/10/08 18:16 | 外国の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

モーリス・ルブラン.『ルパン、最後の恋』.早川書房,2012.9

ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕 (ハヤカワ・ミステリ 1863)ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕 (ハヤカワ・ミステリ 1863)
(2012/09/07)
モーリス・ルブラン

商品詳細を見る


今年、フランスでお孫さんが発見されたとかいう
ニュースにもなっていた
ルブランの遺稿。

推敲途中だそうなので
解説にもいろいろ書かれていますが
感想を一言でいえば

「やっぱり、ルパンは素敵」




40歳のルパンです。

推敲が足りないのか、

解説に書かれているように
この前にある予定の
『千年戦争』・・・たぶんルパンの祖父の関わる歴史小説・・・と
『四人の娘と三人の息子』というルパンシリーズの作品が
未完成でないせいなのか、

確かに
ちょっと物足りない感や
唐突感は多少あるのですが

それらを補ってもあまりあるほどの
大人の魅力たっぷりのルパンです。



子どもの頃
どんなにルパンに夢中になっていたことか・・・。

今、こうして読んでみても
ルパンの行動、考え方、人間性、他者への気遣い、苦悩・・・などなど
やっぱり、彼に魅せられてしまいます。

今回は
ジョゼファンとマリ=テレーズという2人の少年少女も
魅力あるキャラだし
この小説の主人公のコラという女性も
彼女の友人の一人である伯爵も
魅力的な人たちです。

敵役のお金さえあれば
だれにでもつく悪党3人組も
面白くてわかりやすくて個性的な人物設定です。



こんな風にみてみると
キャラ立ちがしっかりできていて
全員が個性的で魅力的。

敵の裏を読んで行動したり、
歴史的な流れをくむものが
狙われている品物だったり、
ルパンが恋に悩むところも
素敵だったりするのです。



あぁ~、
もっともっと
この続きとかもあってもよさそうな設定なんだけどな~。

ジョゼファン&マリー=テレーズの冒険とか
新シリーズ、ルパンファミリーの冒険とか
なんでもいいから
もっと読みたいかも・・・
と思っちゃいます。


70年も前の遺稿なんですよね。


古さは 全く感じません。




やっぱりルパンは素敵。


評価
・・・なんてできると思う?

だって
私のミステリー好きの原点は
ルパンなんだし?

ルパンなら
どれだけ金星つけても
足りないとしか言えないわよ!(笑)



ルビなしの一般書。


ここから読んでも問題ないけど
ぜひ、未読の方は
『8・1・3の謎』とか
『奇岩城』とか
『怪盗紳士ルパン』とか
『緑の目の少女』とか
『ルパン対ホームズ』とか
・・・きりがないのでこの辺にしておきますが
他のも読んでみてくださいな。


ミステリー度はもっと高いものが多いです。

恋に苦しむルパンもいいんだけどね(^^;)

今でも怪盗紳士とかルパンを
モデルにしたものとか
いっぱいあるもんね。

彼以上のキャラクターは
いないってことなのよね~。


世界中を魅了したルパン。

もう新しい冒険に出かけることはないのね。

最後は彼にとって
もっとも重要で大切な宝物を手にして終わっているので
ここで終わりでいいのかもしれません、

2012/10/01 00:00 |   モーリス・ルブランCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。