スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

中田永一.『百瀬、こっちを向いて。』.祥伝社,2010.9

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
(2010/08/31)
中田 永一

商品詳細を見る


乙一の別名ペンネーム。

来年、映画化というので、読んでみた。

高校生ぐらいの子たちが主人公の
短編集。

どの主人公も
自分に自信がないタイプの子たちです。

4つの物語。

表題作は
自分が人間レベルが低いと思っている男の子が主人公。

憧れの先輩(最上レベルと思っている人)の頼みで
彼の公式彼女ではない、非公式彼女・百瀬と
付き合っているふりをすることになる。

百瀬は
普通にしていたら接点のなさそうな
明るくて素敵な女の子。

先輩の公式カップルを含めた4人ででかけたり
いろいろな景観をしていく。


主人公の心の動きが
本当に迫ってきて
切なくなったり苦しくなったりします。

恋におちてしまうってどんな気持ちのことなのか
考えさせられます。


『なみうちぎわ』
高校生の女の子が主人公。

事故にあい5年間も植物状態だったのだが
突然めざめる。

心の動きが本当にせまってきます。
自分だったら
こんなに強く生きて進んでいこうとできるのか・・・
考えさせられることがいっぱいでした。


『キャベツ畑に彼の声』
いろんなことに対する表現が
とっても素敵な物語。

あるとき、
覆面作家さんが
国語の先生だと気づいてしまう。

先生とひそかに分かち合う秘密。

秘密の共有感から
いつしか
先生に惹かれていくことになる。

冒頭にこの作家と将来結婚することになる・・・と書いてあるので
恋愛関係に発展していこうとする過程の物語・・・という感じです。


『小梅が通る』
あまりにきれいな顔だちだということに対して
コンプレックスを持つ女の子が主人公。

そのために
わざわざブスメイクをして学校へ通学している。

自分自身の中身を好きになってくれているのか
顔だけが好きなのか・・・。

クラスメイトの男子に
たまたま素顔をみつかってしまい
とっさに小梅という昔のモデル時代の名前を名乗り
しかも、妹だと嘘をつく。

彼は
小梅がすきなのか
それとも
柚木というブスメイク&地味な見かけである自分自身の中身が好きなのか・・・。

友だちグループの女の子たちは
もし、自分の本当の姿を知ったらどうなるのか・・・。

最後まで
ドキドキする展開がいっぱいです。




評価
面白さ 5
お勧め度 5
再読度  5

難易度 ルビなしの一般書ですが
    内容的には
    小学校高から可 なので、 
    ぜひ、児童文庫系でも出版してほしい。
 
    

スポンサーサイト

2013/09/22 15:05 |   乙一COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

辻村深月.『島はぼくらと』.講談社,2013.06

島はぼくらと島はぼくらと
(2013/06/05)
辻村 深月、五十嵐 大介 他

商品詳細を見る


直木賞受賞後の一作目。

瀬戸内海の架空の島、冴島。

そこに住む高校生の同級生の4人を中心に
物語がすすみます。

瀬戸内海にあるのに、火山のある島という
瀬戸内海には火山島はないので
明らかに架空だとわかるような設定になっているのでしょうね。

朱里(あかり)は
父はすでに亡くなっているものの
島独自の男性同士が結ぶ[兄弟]という関係のおかげもあって
村長をはじめ、いろいろな人たちからの助けも受けて
生活している。

ヨシノという島の人とIターンの人をつなぐ仕事をしている人が
島の中でキーポイントになっている。

母はその人のすすめで
魚介類や海藻など
海のものを加工・販売する会社を経営している。

本人は、肝っ玉母ちゃん的は感じになりそうな
明るくて活動的な性格。


衣香は
網元の家に生まれ育った美少女。

網元の家なので、高校卒業後に島を出ることは
考えられないという環境。

しかし、物語がすすむにつれ、自分の将来を考え
島のためになる技術を身につけるために
進学して勉強したいと悩むようになる。


新は
脚本家を目指す少年。
衣香に淡い恋心をいだいているものの
言い出せないでいる。


源樹は
Iターンでやってきた家の子。
父は島で旅館を経営。

幼いころ両親が離婚し
デザイナーの母は島を出て行ってしまう。

その時(幼稚園のころ)、
朱里が島の男性の風習である[兄弟]になろう
と言ったのをきっかけに
島にとどまる決心をする。

兄弟の関係を断ったのは、
兄弟だと結婚できないから・・・という理由。


島では同級生はこの4人。

他にも
島の住民や
Iターンでシングルマザーの蕗子や
島を訪れるいろいろな人たちとの
交流や苦悩を感じて
彼ら4人は
それぞれの進路に悩み
夢をつかもうとする。



読後感もさわやかな
青春小説です。


評価
面白さ  4
 はじめはちょっとまったり。
 後半、いろいろな事件が次々おきて
 どんどんおもしろくなっていきます。
おすすめ度 5
再読度   4.8


基本は高校生の間の物語なんだけど
ラストにエピローグ的に
25歳になった彼らをちょっとだけ見れます。

それがまた、とっても
胸キュンな感じです!

2013/09/16 17:05 |   辻村深月COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

イアム.『ウソツキチョコレート』.講談社YAエンターテイメント,2012.11

ウソツキチョコレート (YA!ENTERTAINMENT)ウソツキチョコレート (YA!ENTERTAINMENT)
(2012/11/23)
イアム

商品詳細を見る


胸キュンラブストーリー。

男の人にさわると
じんましんが出てしまう女子高生・美亜。

なので、男性と付き合うなんてもってのほか・・・と思っていて
告白してくる男子を片っ端からふっている。

本人は思わせぶりな態度はとってないみたいだから
よほどきれいな女の子なんだろうな・・・という設定のようです(苦笑)


そんな漫画チックな設定で
しかも、
都合よく漫画チックな設定に
大学生の兄が近所で一人暮らししているマンションがあって
そこの屋上が出入り自由なちょっと秘密の場所的な空間。

その屋上で
ものすごくきれいな顔立ちの
大学生ぐらいの年代の男性と出会います。

それが「ウソツキさん」というニックネームの彼。

ウソツキさんは、
彼女のことを「ネコ」とよびます。

ネコが落ち込んでいたりすると
特効薬といってチョコレートを一粒くれます。

ネコの体質を知って
リハビリというか治療としようといいます。

途中、いろいろあるけど
最後は予想通りのハッピーエンドです。



評価
面白さ   恋愛小説とか少女マンガの好きな子には5
再読度   ノーコメントにしておきます(^^;)
お勧め度  やっぱり、ベタな恋愛ものや少女マンガが好きな子には5


女子中学生にすごい人気なんだって!!!
わかる気がします。

携帯小説出身の作品みたいです。

でも、携帯小説の
「あの伏線っぽいやつはどうなった?」
とかいう
めちゃくちゃ感はないので
安心して読めます。

続きも出ているみたいです。

2013/09/16 16:10 |   イアムCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

知野みさき.『妖国の剣士』.角川春樹事務所,2012.10

妖国の剣士妖国の剣士
(2012/10/11)
知野 みさき

商品詳細を見る


和風な雰囲気の架空世界が舞台。

一人旅をしている剣士・夏野。

度の途中、妖かしに言われ、神社に行った先で
なんらかの物が
自分の左目に入り込む。

旅の目的は
幼いころに行方不明になった弟を探すこと。
そのため、都にやってきた。

実は夏野は
剣士とはいえ、女の子。

町の中で
左目の元の持ち主である少年の姿の妖魔・蒼太や
彼を保護して一緒に生活している恭一郎、
他にもいろいろな魅力のある登場人物が
たくさん登場します。


妖怪・剣術・ちょっと恋愛要素もあり・・・というところの物語。


評価
面白さ  5
再読度  3.5
お勧め度 4.5


ライトノベル好きの女の子が
一心不乱に読んでいました。

そういう要素は満載です。

登場人物が多すぎて
最後の方は、ちょっと強引にまとめた感があるものの
続きとかもありそうなので
まあ、いいかもね。

深夜時間帯で
アニメ化とかしたらいいかも・・・という感じの内容。

イケメンはいっぱい出てくるし
剣を使ったシーンもいっぱいでてくるし
妖魔の目とか
そういうのも
映像化すればきれいだろうなぁ・・・という感じがします。

2013/09/16 16:06 |   知野みさきCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。