スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

里見蘭.『ミリオンセラーガール』.中央公論新社,2013.4

ミリオンセラーガールミリオンセラーガール
(2013/04/24)
里見 蘭

商品詳細を見る


書店員でもなくて
編集者でもなく
出版社の書店営業というお仕事に就いた女の子の
成長物語。

書店業界や出版業界の裏がわかります。

ファッション誌の編集を目標に
就職活動したのに
採用されて配属されたのが
書店営業という
かなり独特の世界の営業職。

読めば
一般的な営業とは
かなりちがう
ディープな世界・・・・。

町の小売りの書店さんが
どんどん消えて行ってますよね?
大型チェーン店に駆逐されつつあったりする理由も納得・・・。

そういや近所の小さな個人の書店さんに注文だすと
1か月ほどしてようやく
「入りません」とか言ってくることあったから
最近ではネット書店か大型チェーン店にたよっちゃってるもんなぁ。

こんな裏が・・・。

という
本好きなら
しみじみ感じることがいっぱいあるような物語です。

成長物語なので
ラストは安心して読んでください・・・という感じ(笑)


サクサク読めるし
個性的なキャラがいっぱいでいいんだけど
なんだか物足りないし
脇役の行動には唐突感があって
いろいろ気になります。

書店の裏を知りたいなら
お勧めですが
それ以外におすすめポイントはないかも(辛口ですみませんっ!)。

育ててくれた書店員さんと
恋愛関係とかになっていれば
もうちょっと深みのある物語になったかも・・・という
微妙な感じの本です。
この本の中でベストセラーにしてもらったような
売り込み手法だけでは
この本はベストセラーにはならないわ~(苦笑)


とにかく、まあ、サクサク読めます。

やっぱりなんだかんだ言っても
本屋さんが好きな人むけの本なのよね(笑)


評価
おもしろさ  3かもだし5かも。人によって差がありそう
再読度   3
お勧め度  3
読みやすさ  5

スポンサーサイト

2013/10/19 08:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

森見登美彦.『有頂天家族』.幻冬舎,2010.8

有頂天家族 (幻冬舎文庫)有頂天家族 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る

朝の情報番組の中で
注目のアニメ化作品・・・と紹介されていたので
読んでみた。

全国区のテレビって
やっぱり東京しか見てないんだ~と
ちょっとしみじみ・・・。

比較的
都会と同じ放送枠で入るはずの
私の地域でさえ
このアニメは深夜にも放送されず・・・です。

有料放送を入れているお宅のみが
見ることが可能なアニメのようです。



そんなわけで、
アニメを見るチャンスは
きっとないかもね(苦笑)


内容

ドタバタコメディーです。

京都が舞台。

主人公は狸の青年。
下鴨家の三男坊・矢三郎。
女の子に化けたり、さえない大学生風に化けたりしています。

天狗の隠居・・・といっても
昼間からお酒におぼれて
いつもだらだらしていて
弁天という人間の女性に惚れていて
でもすっかり、見捨てられていて
しかも、いつでもえらそうな態度・・・
という赤玉先生。

他にもいろいろ個性豊かな
狸や天狗や人間や
いろいろなものが出てきます。

ラストは
下鴨家の全員が
あわや狸なべか・・・という危ない状態に。

危ない状態で
ハラハラするのに
なぜかドタバタコメディー感がたっぷりの
物語。


評価
面白さ  5
再読度  3
おすすめ度  4
好きな人は好きだろうな~。

2013/10/19 08:36 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

鎌田洋.『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』.ソフトバンククリエイティブ,2012.7

ディズニー サービスの神様が教えてくれたことディズニー サービスの神様が教えてくれたこと
(2012/06/29)
鎌田 洋

商品詳細を見る

そういえば、そうじの神様とか
このシリーズの本って
ちょっと前からよく見るよね~。
と思ってたら、
貸してくださるという人がいたので
読んでみました。

感想・・・
泣きすぎて頭が痛いです・・・。


ディズニーランドを舞台に
キャストと呼ばれるスタッフの
おもてなしの心と
ゲストとよばれるお客さまとの
物語。

実話なのか
実話脚色なのか
まったくの架空なのか
よくわからないのですが
感動して泣けてきます。

4つの物語が入っています。
登場人物は
新人だったりベテランだったり
年齢も状況もバラバラなのですが
ディズニーランドを愛しているんだなぁ・・・
という人たち。

個々の内容は
書いてしまうとネタバレになっちゃうので
書きません。

でもっ!!!

どの話も泣けます。


評価
面白さ 5 あっという間に引き込まれてしまいました・・・。
再読度 4 泣きすぎて頭が痛いので読みたくない・・・といいつつ読みそう。
おすすめ度 5

他のこのシリーズもこんな感じなのかな~?

2013/10/19 08:30 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。