スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

赤澤竜也.『吹部!』.飛島新社,2013.8

吹部!吹部!
(2013/08/06)
赤澤竜也

商品詳細を見る


吹部とは
吹奏楽部のこと。

崩壊寸前の高校の吹奏楽部に
新しい顧問ミタセンがやってきた。

主人公の鏑木沙耶は
引っ込み思案で人の前にでるのはにがてなのに
強引な新顧問に
いつの間にか部長にさせられている。

メンバー集めから始まり
さまざまな出来事ののち
吹部が成長して
一つにまとまっていく。

音楽系の
部活動の成長物語。




開いたページに
カラーでキャラクターの紹介があって
かわいいです。



途中、
泣けて来たり
ほっとしたり
苦しかったり
ハラハラしたり・・・
本当にいろいろあります。




評価
オール5

サクサクよめるし
本当におすすめ!


青春してくださいな♪

スポンサーサイト

2013/12/25 15:53 | 日本の作家 あ行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

斉藤洋.『ミス・カナのゴーストログ2 呼び声は海の底から』,偕成社,2011.6

呼び声は海の底から (ミス・カナのゴーストログ)呼び声は海の底から (ミス・カナのゴーストログ)
(2011/06/01)
斉藤 洋

商品詳細を見る


夏です。
海に行きます。



香菜の友だちの女の子、春海が
2巻で初登場です。

テニスの腕前が全国レベルというスポーツ少女。

自分は霊感がある・・・と宣言しています。

確かに、
香菜がはっきり見えるような霊を
何か感じる・・・と言って
しっかりさけたりしています。



俊介のおば(といっても若い!研修医)知美のおさそいで
香菜、俊介、春海の三人は
伊豆の海岸の知美の別荘へでかけます。


海で春海が幽霊に足をつかまれ
ひきこまれてしまいそうになり
香菜は
春海を助けるため
その幽霊の望みをかなえるべく
行動していくことになる。



途中、俊介の気転と協力で
いろいろなことが
うまくすすんでいきます。




サクサク読めるし、読後感もいいし
やっぱりステキ!

次の巻も予約しようかな~♪



評価
オール 5




そうそう、
香菜って
人の好き嫌いははっきりしているし
幽霊が見えても
基本的には
かかわらないように・・・さけてすごしていて
特別、ヒーロー的な正義感というわけでもないです。

でも、かかわった以上はきちんと責任を持って行動しようとするし

悪の強いカラーのある性格。



なんで、この本が好きなんだろう・・・と思ったら
香菜の性格や考え方って
私にとっても似てるかもw


俊介みたいな風に
さりげなくいつも助けてくれる人がいたら
ホントにいいよね~。

俊介はとってもかっこいいです。


2013/12/22 14:02 |   斉藤洋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

斉藤洋.『ミス・カナのゴーストログ① すずかけ屋敷のふたご』.

すずかけ屋敷のふたご (ミス・カナのゴーストログ)すずかけ屋敷のふたご (ミス・カナのゴーストログ)
(2011/06/01)
斉藤 洋

商品詳細を見る


表紙の絵で
なんとなく敬遠していたものの
斉藤洋さんの本なので
おもしろいかも・・・と思って読んでみたら

なんでもっと早く読まなかったんだろう・・・というほど面白かったです。

久々のYA児童書ジャンルでの
大ヒット!という感じです。




東京都在住の中3の女の子
三須 夏菜(ミス カナ)が主人公。

エレキギターと空手が趣味。
空手は少し前に黒帯になったとか。

誰にも言えない秘密をもっている。

それは、
幽霊が見えること。




去年は
ひそかに「ミスA組」といわれていたほどの美人らしい。


今年はD組。

学校帰りの電車の中で
クラスメートになった柏木俊介(かしわぎしゅんすけ)から
自己紹介された挙句、
何時間か時間を一緒にすごしてほしいと言われる。

親戚おばさんの家に
彼女をつれていかないと坊主にされることになっているとか。

一緒に行ってくれたら
おばさんには
とりあえず彼女じゃないけど
女の子をつれてきたってことを白状して
坊主になることをまぬがれたい・・・とのこと。


彼女がファンだというバンドも調べてきていて
CDのコピーまで用意している俊介。


そのまま、郊外の親戚のうちへ一緒に行くことになる。


その先で
幽霊に出会い
俊介も巻き込んで
幽霊になった女性のいいたいことを
解決する。



カナちゃんもさっぱりとしたいい感じの子だし
俊介も
ホントに素敵なとってもいい子なので
読んでいて気持ちがよかったです。

俊介の気転のおかげで
最後には何も問題なしに
事件が解決できます。


1冊で一応完結。

でも続きの巻も読みたいな~♪


評価
オール 5

YA向け児童書なので
事件もシンプルだし
本当にサクサク読めるし
おもしろかったです。

2013/12/08 18:42 |   斉藤洋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

塚田薫.『日本国憲法を口語訳してみたら』.幻冬社,2013.7

日本国憲法を口語訳してみたら日本国憲法を口語訳してみたら
(2013/07/26)
塚田 薫

商品詳細を見る


愛知大学法学部生の著者が口語訳したものを
その大学の教授が監修されています。

左のページに原文
右のページに口語訳というスタイル。

今の若者の心に届くような
わかりやすい話すような口調なので
内容がストンと入ってきます。

もし、子どものころ、
公民とか学習中にこんな本があったら
社会科が好きになっていたかも。

後半部分は
憲法のなりたちなどが
やっぱりわかりやすく
かいてあります。

憲法っていうと
どうしても堅苦しい感じだし
ちゃんと読んだことがあるのか聞かれると
教科書で習っただけ・・・という人がほとんどで
たぶん
よほど好きじゃないと
覚えさせられた部分の文章はでてきても
内容はさっぱりわからないのではないかと
思います。

そういう意味でも
娯楽性のある・・・読み物感覚で読める憲法という感じです。


きっかけ本にしてほしい・・・かなぁ・・・。


評価
おもしろさ  5 サクサク読めます。

憲法におもしろいとか
ホントは失礼かも・・・なのですけど!

再読度  4

お勧め度 子どもや
     憲法って何が書いてあるんだっけ?・・とかいうような方には
     5


そういえば、
ものすごく何人にもおすすめしたので
誰に言われたのか忘れちゃいましたが
アマゾンの評価は低いよね~・・・だとか。

まあ、たとえば、
まじめに憲法反対運動に取り組んでいらっしゃる活動をしている方とか
法律関係をきちんと学んでいます的な方などからは
こういう種類の本は
評価が低くなりがちでしょうね・・・・

思います。

なので、
私のおすすめしたい人たちっていうのは
あくまでも
「憲法?そういば学校で習ったよね」レベルの人とか
憲法入門として
憲法に親しみをもってもらう目的として
今から学習する小学校6年生の子どもとか
公民分野を学習する中学生とかに
読んでほしいかな~。

そういう種類の人を
ターゲットにした本です。

2013/12/08 18:24 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

田中啓文.『こなもん屋馬子(うまこ)』.実業之日本社,2011.10

こなもん屋馬子こなもん屋馬子
(2011/10/20)
田中 啓文

商品詳細を見る


最近文庫にもなっているらしく、面白いとのことだったので
図書館から借りてみました。

主人公は毎回お客になる人物。
その人物の好きな「こなもの」メニューから
お店の店主馬子(うまこ)がつけたあだ名が
各短篇の題名になっています。



いかにも!という感じの
大阪のおばちゃんが
馬子。

芸名 蘇我家馬子(そがのやうまこ)
本名 西川馬子(にしかわうまこ)


従業員の少女は 「イルカ」。


いい加減な感じのお店ながら
つくる粉もの料理は絶品で
一度食べると、病み付きになって
頻繁に々メニューを食べに通ってくることになるようです。


お客はいつも
淡々とした雰囲気なのに
実は悩みを抱えていたりスランプだったりするのですが
馬子のお店に通っているうち
何らかの出来事・・・出会いだったり事件だったり・・・
が起きて
悩みが解消する・・・という設定です。


ただし、
その後、二度と馬子の店には行けなくなってしまう・・・という不思議なお店。


大阪のおばちゃんパワーが炸裂しているので
笑えます。



評価

オール5



おかげで、昨日はお好み焼き、今日は焼きそばをランチに作っちゃいました(笑)
一昨日はランチ会でピザをたべたし(^^;)

たこ焼きもうどんも食べたいかも・・・。

おなかがすいてくるという点では
ダイエットの敵かもね(笑)


2013/12/08 17:41 | 日本の作家 た行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『あなたが主役! 心理テストアドベンチャー ダークフェアリーの洞窟』.あさ出版,2013.5

あなたが主役! 心理テストアドベンチャー ダークフェアリーの洞窟あなたが主役! 心理テストアドベンチャー ダークフェアリーの洞窟
(2013/05/17)
小林 奨

商品詳細を見る


心理テストの本っていうと
クイズ本のような形式のものがほとんどなのに
この本はストーリー仕立てになっています。

あなた(主人公の女性)は見習い魔法剣士。

神官、妖精、剣士と一緒にパーティーを組んで
依頼をこなす冒険の旅に出発。

着ているものの色の選択や
そのシチュエーションでの言動をどうするのか・・・など
問われます。

その選択内容によって
心理テストの結果が・・・。

なかなか面白く読めます。

女の子主人公だったので
ぜひぜひ次は
男の子主人公の本とか出版してほしいかも~♪


評価
面白さ  5
再読度  5  すでに何度も読んでいる?!
お勧め度 4  そうは言っても心理ゲームなので小説ではないです。



2013/12/08 17:26 |   100分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。