スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

櫛木理宇.『ホーンテッド・キャンパス』.KADOKAWA,2013.10

ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)
(2012/10/25)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


角川ホラー文庫というジャンルの文庫。
裏表紙によれば
オカルトミステリ・・・なのだそうな。

前回読んだ『櫻子さんの足下には死体が埋まっています』と
にたようなものかなぁ・・・と思いつつ
これも中高生に人気があるらしいので読んでみました。



怖くないです。
ミステリ要素も低め。


見えてしまう体質の主人公が
大学に入って
オカルト研究会に所属し
オカルト絡みの相談を
研究会のメンバーとともに解決するという物語。

メンバーは5人。
そのうちの女子2人は
さっぱりとした男の子風の性格なんだけど 
見た目はとってもきれいな美女と
主人公が恋心をいだいているはかなげな美少女。

主人公は見えるという以外は
草食系のへたれ気味な男の子なので

まあ、設定だけで言うと
ライトノベルの典型パターンと言えなくもない感じ。



全然怖くないし
オカルト関係の依頼解決なので
ミステリーとしてもちょっと弱い。


むしろ、
部活動・青春物語、というのがぴったり合うような小説です。



評価
おもしろさ  5
再読度    4
お勧め度   4.5
読みやすさ  5



まあでも、流行っているとはいえ
どれもにたりよったりかな~。

これがまあ、まだいい方だと思うので、
同じ系列のもののなかからどれかを読むというのなら
これがおすすめ、



スポンサーサイト

2014/03/17 15:12 | 日本の作家 か行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

太田紫織.『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』.KADOKAWA,2013.2

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)
(2013/02/23)
太田 紫織

商品詳細を見る


センセーショナルな題名。

最近のライトノベルで、流行の説明調の長い題名。

内容もライトノベル風のミステリー。

こういうのをライトミステリと
この本の裏表紙では定義しています(w笑)


ライトノベルの定型の
主人公はへたれ気味の普通の少年(高校生)。

探偵役は
目を引くような美女。

しかもお嬢様。

でも、骨が好きで
動物の遺体を鍋で煮て骨を取り出して
骨格標本をつくったりするような
かなり変わった人物。

あまりに天才的すぎて
一般人には理解されにくい・・・という感じ。

事件は3つおきます。


死亡事件といえど、
必ずしも
解決して犯人を捕まえるのが目的ではない種類のミステリです。



短編集風なので読みやすいです。



評価
おもしろさ  5
読みやすさ  5
再読度    1.5
お勧め度   ラノベ好きには5. ミステリ好きには2




中高生に人気があるのは
わかるような気がします。

2014/03/17 14:59 | 日本の作家 あ行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

榎田ユウリ.『カブキブ!』.角川書店

『カブキブ1』,2013.8
『カブキブ2』,2013.10

カブキブ!  1 (角川文庫)カブキブ! 1 (角川文庫)
(2013/08/24)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る


カブキブ!  2 (角川文庫)カブキブ! 2 (角川文庫)
(2013/10/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る


えーー!!続き出てないの?!
と叫びたくなるほど
2冊を一気読み。

高校で
カブキが好きだというだけの理由で
部活として立ち上げようとする
熱血少年、来栖黒悟(くるすくろご)・通称クロ。

彼の親友で
体は大きいものの無口キャラで人付き合いは苦手、
PCに詳しくて、頭がいいので、
サポート役としてはこれほど頼もしい人はいないという
村瀬とんぼ。

1年生の2人が
とりあえず、同好会を目指して5人の部員を集めて
1回目の公演、老人ホームでの「三人吉三」という舞台をふむところまでが1巻。

高2の演劇部の女子ながらも
タカラヅカの男役のような
長身でカッコいい芳先輩を口説き落とし

高2の
日本舞踊の師範の息子で名取、
体つきはマッチョ系の大型男子なのに
心は乙女な丹羽花満.

高1女子でコスプレイヤーで
衣装担当の蛇ノ目丸子。


スタートはこのメンバー。


他にも
丸子の幼馴染で高1の阿久津新。
なぜか、子どものころにカブキの経験がある。
心は小4のわがままな子どもという感じで
音痴なのに自称ロッカー。

梨園の御曹司で高1の蛯原仁。

などなど
気になるキャラがたくさん出てきます。



1巻は、なんとかメンバーが集まって
初舞台「三人吉三」を
老人ホームで上演するところまで。

2巻は
文化祭へむけて
初舞台の反省もふまえて
改善して上演がはじまるところまで。



阿久津新のまるで反抗期の小学生のだだっこのような
さまざまなエピソードや
2巻では
演劇部の部長さんがかなりいい味だしていたり
脇役の人たちもとっても個性的ですてきです。



はやく続きがよみたい!


評価
オール5

ライトノベルのような
個性的なキャラたちなので
中高生には読みやすいと思います。

2014/03/06 21:46 |   榎田ユウリCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。