スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

那須田淳.『星空ロック』.あすなろ書房,2013.12

星空ロック星空ロック
(2013/11/27)
那須田 淳

商品詳細を見る


読みやすかったので1日で読了。

中2の少年、レオ。
ヨーロッパに単身赴任している父のところへ
夏休みに母と二人で旅行・・・の予定が
夏休み前に、父が盲腸で入院したとか。

母はすぐに父の元へ行くから
レオや予定通りにベルリンまで来い・・・という。

ベルリンで落ち合うというのだ。

いつのまにやら、初めての海外旅行が
ベルリンへの一人旅になったレオ。

空港で知り合った
クラッシックピアノをひくという少年とベルリンへ向かう。


つい最近亡くなった
レオにギターを教えてくれた
親友でもあった
ケチルというあだ名のおじいさん。

もしベルリンに行くなら・・・と
彼がむかしのレコードを
彼の若いころの思い人へと
届けたいと思う。

ベルリンでの4日間の間に
いろいろな人たちと出会い
ケチルの昔の思い出も追いかけつつ
音楽を通じて
何かが生まれていく。

「レオ、おまえはおまえのロックをやれ」といっていたケチル。

ラストは
音楽っていいな!と
本気で思えます。


評価
おもしろさ 5
再読度 4
お勧め度 5



2014年中学生むけの課題図書。

今回は
難易度も低めで
小学校の高学年ぐらいから読めそう。
スピード感もあるし
レオの一人の視点からなので
わかりやすいし
なかなかいいかも。


レオは
ロックが好きといいつつも
ケチルじいさんが
パッヘルベルのカノンが好きだったりするので
ビートルズやレッドツェッペリンの音楽の他にも
クラッシックも少しだけ入ってきます。

有名なロックの懐メロのオンパレードなので
途中音楽を口ずさんだりしてしまいました(笑)


音楽って言葉の壁も超えるし
本当にいいですよね!

スポンサーサイト

2014/06/23 12:06 | 日本の作家 な行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ドリアン助川.『あん』.ポプラ社,2013.02

あん (一般書)あん (一般書)
(2013/02/07)
ドリアン助川

商品詳細を見る


人権学習に使えるとかいう。
どんな小説なのかなぁ・・・と思って読む。


どら焼き屋さん。
店長が一人でやっているお店。

そこへ、年齢不詳ならバイトに雇ってほしい・・・しかも時給は半額でもいい・・・
という76歳のおばあさん・吉井徳江がやってくる。

断わっても
食べてみて・・・と手作りのあんを持参してやってきた。

そのあんがあまりにおいしくて
手がゆがんで不自由な彼女をやとうことにする。


あんのおかげで
どら焼きはよく売れるようになっていく。


そのうち
彼女の抱える過去と秘密が明らかになり
問題になってくる。

店長自身も隠している過去の問題がある。

お客の少女の抱える問題なども絡んできて
ますます目を離せない展開になっていきます。


徳江さんの抱える過去って
本当に考えさせられるようなことなのです。



評価
オール5

読みやすいです。

実は重いテーマのようなのに
さらさらと読めます。


ラストは
今の日本ならこんな風な考え方で
解決を望む人がおおいのかも。

もっといいように変わっていく方法ってなかったのかな・・・と
ちょっとだけさみしくなります。



ネタバレ
ハンセン病、ライ予防法というものによって
しいたげられていた徳江さん。
名前や戸籍まで取り上げられたんだそうな。
家族までが差別にあったりしたのだとか。
しかも、それが撤廃されてからも
もう、もとには戻れないのだとか。
考えさせられることがいっぱいです。

2014/06/23 11:52 | 日本の作家 た行COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

マイケル・スコット.『伝説の双子 ソフィー&ジョシュ』.理論社,2013.11

伝説の双子ソフィー&ジョシュ (アルケミスト)伝説の双子ソフィー&ジョシュ (アルケミスト)
(2013/11/20)
マイケル スコット

商品詳細を見る

とうとう完結編です。

今までのタイトルは
伝説の人物ばかりだったのに
ラストは主人公たちです。

双子たちはもちろん、ニコラ・フラメルもペレネルもかなりの危機的状況は変わらずです。

敵だと思っていたのに
味方のような感じになる人も出てきたりします。

マリユス・・・死・・・を名乗る不思議な人物の暗躍も気になります。



怒涛の勢いで
一気に最後まで読んでしまったら

えぇっ!

というような
ラストもあり!



でもまあ、とにかくこの間の時点では
登場人物が増えすぎて
しかもそれぞれが行動している場面と
その場面の時代設定と場所も複雑で
怪しい人も多いし
わけがわからないです。


過去へ戻っていたり
異世界へ行っていたり
場所も時間もバラバラすぎて
ちょっとついていけない感もあったけど
勢いだけで読んでしまいました(^^;)

ま、そんなものよね?


装丁もタイトルのつけ方もよかったので
結局最後まで読んでしまいまいた。



評価
この巻だけなら
総合3ぐらい?

シリーズ全部なら
総合4ぐらい?かな? 


2014/06/23 11:41 |   マイケル・スコットCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

マンガいろいろ

プライベートが忙しかったのもあるし
マンガをかなり読み込んでしまっていた・・・というのもあって
読書は滞り気味・・・。

最近のマンガって
本当に面白いわよね~。

一般の本がものすごく売れる・・・よりも
マンガの方が圧倒的部数を販売している・・・つまりは
読者が多いってことなんだもんね~。

物語を作る才能のある人が
たくさんマンガを作っているのでしょうね~。




『ハイキュー』
バレーボールをしている高校生たちが主人公の
スポーツマンガ。

バレーボールのルールもあんまりわかってなかったのに
すっかりはまってしまいました!

端っこのキャラクターまでが
個性的でしっかりつくりこんであるので
本当におもしろいです。

スピード感のある読み応えと
ページごとにわくわくする感じとか
「まんが」ならではの良さと魅力と絵の進行がつまっている感があって
本当にいいです!


『KATANA』
日本刀の魂魄が見える高校生男子という設定の主人公。
人間国宝の刀匠の祖父が
家長で
自信も刀のとぎは一流という腕前。

毎回、ゲスト刀が何らかの問題を抱えていて
主人公とその守り刀とが
解決していくというパターン。



『マギ』
アラビアンナイトの登場人物などが
キャラクター名になっているものの
元の物語とか関係ないような設定です。

魔法とか前世界とか
金属器とか
ダンジョンとか
ファンタジー系ゲームのような感覚の設定の物語。

主人公やその周辺の人たちの性格や行動が
さわやかできもちのいいマンガです。


『銀の匙』
農業高校が舞台の青春漫画。
こんな豪華な農業高校はないだろう・・・・とは思うものの
へたれなくせして
夢中になったりすることができる主人公に共感を覚えてしまうのでしょうね。


『Wジュリエット』
少女マンガ。
女の子なのにがさつで男の子と間違われてしまう主人公。
男とばれないように高校生活を送る必要がある女装少年。しかも美女。

2人ともが武道に秀でていて
演劇に取り組んでいる。

恋が女の子をどんどんきれいにしていくんだけど
それだけではない面白さが満載。


『蟲師』
わりと硬いおしごとをされている大人の方から借りていしまいました。
マンガを読むタイプと思っていなかったのでちょっとびっくりでした。

蟲を扱う仕事をして放浪している人の物語。

蟲というものは、不思議設定のものなので
体調を崩したり
不幸がおきたりするために
それらを払うようなことをしています。

短編形式で
いろいろな人たちが登場して
主人公になっています。


『鬼灯の冷徹』
絵柄や設定からは想像できないような
ギャクが詰まっています。
笑えます。

大人むけの社会派っぽいような感じなのに
笑えます。

金魚草ちゃんがほしいかも・・・。




他にも
『君に届け』
『文豪ストレイドックス』
『ワンピース』・・・ここ2年分ぐらいたまっていたから。
『アオハライド』・・・あまりに少女マンガで途中で挫折・・。
『チビデビ』・・・小学生向けなので、流し読み
『ニセコイ』・・・同じパターンがしつこく続くので突っ込みまくっていたら、飽きてきた。
『ホリミヤ』
『学園アリス』・・いつの間にか完結していたのね。最後の一巻はいらなかったかも。

それから
テレビも!!!

『妖怪ウォッチ』が流行っているというので
ちょっと続けて見ています。

小学生の好みも知っとかなきゃね~(笑)

今は、ポケモンとかよりも流行っているそうな。

色がカラフルだし
絵柄もかわいいし
キャラの設定もわかりやすくて面白いです。

OPもEDの歌も
覚えやすくていい感じだし!



と、まあ、こんな感じです。


他にもここ2-3か月で
かなりのマンガを読んだんだけど・・・
またそのうち思い出すかもしれないです。

こうやってみると
カタカナタイトルばっかりなのね~。

もうかえしちゃったけど
DだかGだか・・・
~グレイダ―マン
とかいうのも読んだけど、途中で挫折してしまいました。

人間と妖怪ミックスだとかいう少年が
妖怪の親分になっていって戦うタイプのマンガ。
なんとかの孫・・・とかいう少年漫画も貸してもらったので読んだ!
なんだっけ?
最初は面白かったんだけど
常時、妖怪親分&戦闘状態が続いてくると
ちょっと流し読みに・・・(汗)


と、いうわけで
ここ2-3か月ぐらいの間に
というか
ここ半年ぐらいのあいだにしても
一番おもしろかったマンガが『ハイキュー』です。

2014/06/23 11:01 |   マンガCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。