スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ウィリアム・パウンドストーン.『ビル・ゲイツの面接試験 富士山をどう動かしますか?』.青土社,2003.7.

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
(2003/06/15)
ウィリアム パウンドストーン

商品詳細を見る


久々に大人向けのビジネスっぽい感じの本だったので
漢字は多いし、ルピはないし、言い回しも難しめで「へぇ-ほー」と言いつつ読みました(笑)

解けない問題を出すそうな。
と、いうのも、5万人の従業員・・年7%の入れ替わりしかないマイクロソフト社に
毎月1万2千通もの履歴書が届けば、しかたないような気がします。

論理パズル(クイズ)っぽいものもあれば、
古典パズル(クイズ)の変形版ものっていて楽しい本です。

ただ、IQなどが高すぎてもむかない職業がある・・・などという
職業蔑視的な作者の発言はやや気になるかも。


評価 
おもしろさ  4
再読度   3.8
おすすめ度  3.5


スポンサーサイト

2009/11/25 13:46 | 300分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

「ソクラテスの人事」はいかがでしょう?

同系統の本として、NHKで放送されていたバラエティ「ソクラテスの人事」の本を見つけましたが、これは読まれましたか?

面白い入社試験問題がけっこう並んでいるようですよ。

No:17 2009/11/29 13:31 | keep9 #81/lD5GQ URL [ 編集 ]

Re: 「ソクラテスの人事」はいかがでしょう?

同系統の本・・あるんですね。その番組は知らないのですが、「面白い入社試験」っていうところは、ちょっと引かれます(笑)

No:18 2009/11/30 01:54 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。