スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

天野頌子.『陰陽屋へようこそ』.ポプラ社,2007.9.を読む

陰陽屋へようこそ陰陽屋へようこそ
(2007/09)
天野 頌子

商品詳細を見る
ポプラ社 天野頌子/著   YA 中学生以上向け
「陰陽屋へようこそ」を読む。
今回のきっかけは、職場で中学生に勧められて・・・です(笑)

勧めてきた子がいうには、「げらげら笑っちゃうような本」
とのこと。

早速読み始めると、たしかに面白くって、半日で読んでしまった。

中3の「一見普通の中学生」・・・実は妖狐?!という瞬太が主人公。
ひょんなことから自称「にせ陰陽師」の安倍祥明(あべのしょうめい)の店にアルバイトに行くことに!
そこで持ち込まれる珍事件(?)を協力して解決していく、かなり面白くて笑えるストーリー。
陰陽師は、一応修行などはちゃんとしていた・・というオチでした。
他のオチもかなり面白かったです。
ネタばれしすぎるのも何なので、この辺までしか書きませんが(^^;)

妖怪アパートとはまた違った感じで、笑える本でした。

わりとお勧めかも。
続きがあってもいいような気もします。
もし、続きが出たらよみたいな~。


面白さ  5
お勧め度  4.5
再読度  4

スポンサーサイト

2009/02/02 17:33 |   天野頌子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。