スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

デイビッド・マクフェイル.『やめて!』.柳田邦男訳.徳間書店,2009.11.

やめて!やめて!
(2009/11/19)
デイビッド・マクフェイル

商品詳細を見る


人権・・とか
戦争・・とか
しかも絵本・・、そのジャンルは、私の弱点かも・・。

と、思いついたので、さっそく、片っぱしからよんでみることにしました。

絵本って、やっぱり深いです。



たとえば、この本。

絵だけでストーリーが進みます。
文字は 本の真ん中ぐらいのページに ほんのちょっとだけ。
読み聞かせたりするには難しそうです。

作者の意図をきちんと受け止めて読めているのかなぁ。
不安です。
子どもの方が素直に意図を受け止めることができるかもしれません。



ストーリー。
男の子が手紙を書いています。
封をした手紙を出しに、上着を着て 赤い帽子をかぶってでかけます。

その町の様子は、あきらかに戦争中。
空爆、戦車・・そんな中、男の子は 1人 てくてく歩いてポストに到着します。

そこで、年長の少年のいじめっ子に、ポストへの投函を妨害されそうになり
「やめて!」といいます。
すこしやり取りがあり、男の子は少年を無視してポストへ投函します。

その帰り道、なぜか町は平和になっていて、少年も男の子と仲直りにやってきます。

不思議な後味の本です。


スポンサーサイト

2010/01/07 21:54 | 絵本 人権COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。