スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『葛飾北斎 おはなし名画シリーズ』.博雅堂出版,2006.12.

葛飾北斎 (おはなし名画シリーズ)葛飾北斎 (おはなし名画シリーズ)
(2006/12)
小澤 弘西村 和子

商品詳細を見る

カタログ注文したので、来てみて、結構大きな本だってことにびっくり!
本棚にはいるかなぁ・・・。

北斎の <<伝記>> 兼 <<画集>> というスタイルの本です。
シリーズで他の画家さんのもあるようです。

伝記にそってその当時の絵が紹介されています。
と、いうより、絵にそって・・かな?
画集としての要素の方が前面になっています。

伝記部分は「おはなし」と銘打っているだけあって、子ども向けにかかれています。
なので、要点だけかかれているから、わかりやすくていいです。



北斎って版画摺りの浮世絵しか知らなかったのですが
他にも絵筆で描いた作品なんてものもあるんですねぇ。
知らなかったです。


浮世絵の版画摺りの場合、摺り師などによって違いがあることなども
あちこちの美術館所蔵の作品比較でわかるようになっていました。

そういうことも、知らないことばかり・・「へえ~」といいつつ(笑)



天井画なども手掛けていて、作品が残っているようです。

天井画は、ほとんど色あせなどもなく、描いた当時に近い状態でしょう。
すごい迫力で、思わずため息が出るほど素敵です。
本物は、きっと間近にはみれないよねぇ~(天井画だからね!)
たぶん、照明なども暗い感じだろうから、これほど鮮明に見ることはできないでしょうし・・。

そう思うと、画集で見るというのも、いいのかもしれません。



波・・ってこんなに動的に描けるものなんですね。
音や香りやしぶきまで感じられるようなものなんだ・・・と
改めて再確認。




そりゃ、明治維新のときに、
浮世絵を西洋の人たちが買いしめて、海外に流出してしまったのもわかる気がします。
パリ万博をきっかけに日本ブームがおきたのも納得です。
強烈なカルチャーショックだったでしょうね(笑)

構図も色彩も表現方法も
今見ても、斬新で強いエネルギーを発しているんだから。



北斎って、長寿だったんだね~。
だからこそ、これほどの作品をたくさん残してくれたんでしょう。



2012.8追記

このシリーズを詳しく紹介していらっしゃる方のプログが
こちら↓です。
http://hakugodo.blog112.fc2.com/

若沖とか他の日本画のこのシリーズの本も
ものすごーーーくいいですよ~♪

普通の画集よりも
私はものすごく好きなんです♪





スポンサーサイト

2010/02/26 10:06 | 700分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは

おはなし名画の紹介ブログを書いている工藤と申します。
おはなし名画ごを紹介いただき、ありがとうございます!ブログリンクを貼らせて頂きましたが、問題ありませんでしょうか?
ご確認いただけると幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。

No:98 2012/08/01 00:09 | 工藤茂樹 #- URL編集 ]

ありがとうございます。

>>工藤さん
リンクをはっていただきありがとうございます。
このプログの後、順番にいろいろこのシリーズを購入しています。
これからも素敵な本を作ってくださいと
お伝えくださいね。

No:99 2012/08/09 22:01 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。