スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

西尾維新.『難民探偵』.講談社,2009.12.

難民探偵 (100周年書き下ろし)難民探偵 (100周年書き下ろし)
(2009/12/11)
西尾 維新

商品詳細を見る

西尾維新・・・ローマ字に置き換えると上から読んでも下から読んでも<にしおいしん>NISIOISIN(笑)

化物語でちょっと前にすごく売れてた人だよね~。
デス・ノートのノベライズも書いていたような・・・。


そんな、レベルの知識で、西尾ファンの男の子に「とにかく1冊読んでみて」と言われたので
最新刊にチャレンジ。




たしか、化物語は
私の苦手なおどろおどろしい感じって言ってなかったっけ?





難民探偵は、図書館に予約してみました。
来てみたら、厚さ3㎝もあるハードカバー本。



初めの1/3すぎたころ、ようやく「難民探偵」と称される探偵役登場。
1/2を過ぎたころ、事件解決に動き始め、
「あら、普通のミステリーだったのね」と思う・・・そんな小説でした(苦笑)




主人公は就職浪人の窓居証子。
面接にことごとく失敗し、
大学も卒業してしまい、ますます、就職活動がうまくいかない状況。
プライドが高くて、折れるのを嫌がり、実家に帰るに帰れず、
親戚の個性的なミステリー作家、窓居京樹の居候的な雑用係になる。

雑用しつつ、就職活動に励んでいたある日、
ネットカフェで生活しているという、京樹の友達を名乗る根深陽義という人物を
警察へ引き取りに行くことになる。
その人物が、実は警視庁の警視で、自主的にネットカフェ難民を名乗っている。

なぜか、証子は、
根深の助手として殺人事件の捜査についていく羽目になる。



証子は、常に淡々とした物の見方をしていて
後半のミステリー部分はかなり面白かった。

もし、シリーズ化して続編とかが出るなら、
証子がなぜ京樹の家にいるのか・・とか、
根深の事情とかの説明は割愛されるだろうから
もっと面白いかもね♪



就職難民、ネットカフェ難民・・なんて世相の言葉と
そういう人たちをちょっと垣間見れて
そういう意味でも面白かった。



評価
面白さ  4.8
お勧め度  4.2
再読度   2.9

スポンサーサイト

2010/03/30 09:48 |   西尾維新COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。