スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジョセフ・ディレイニー.『魔使いの戦い』.東京創元社,2009.2.

魔使いの戦い〈上〉 (sogen bookland)魔使いの戦い〈上〉 (sogen bookland)
(2009/02)
ジョゼフ ディレイニー

商品詳細を見る


トムの魔使いとしての修行も2年目。
今回のストーリーでも
一人で危機をのりこえなくてはならなくなったりする場面が何度か出てくるものの
「魔使い」という仕事に対して
<持つべき責任>や<なすべきこと>などが
ちょっとわかってきたようです。

今回は師匠の魔使いとアリスと一緒に
ペンドルの魔女集団をやっつけに行きます。

魔使いの友人だという司祭が訪ねてきます。
それからトムは
母ののこしたトランクをとりに家にむかいます。

家では、兄夫婦と赤ん坊がさらわれてしまっていて、
母のトランクも盗まれてしまっていました。

師匠に知らせ、急いでペンドルに向かいます。

司祭さんの手引きで、
まずは町の有力者に助けてもらおうとするものの
有力者の家の女性執事は魔女でした。
そのため、トムと司祭は危機におちいります。




と、まあ、このあともう少し話は進むし、
魔女の中でも集団ごとにいさかいもあるみたいだし
敵の状態はなんだか混沌とした集団らしいという程度です。

でも、母のトランクにはなにかがあるみたいです。
どの魔女もほしがっているから。



さて、どうなる?



後半も借りてこなくちゃね~。


スポンサーサイト

2010/04/16 12:14 |   ジョセフ・ディレイニーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。