スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

リック・リオーダン.『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた電撃}』.ほるぷ出版,2006.4.

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃
(2006/03)
リック リオーダン

商品詳細を見る


もしかしたら、サーティーナインクルーズの1巻を書いた人?
と思ったものの、
こちらは、リック・リオーダンであちらはリック・ライオダン・・・。

サーティーナインクルーズの公式HPでの作者紹介で
この本が紹介されていて、
予想どうり。。となりました(^^;)


わりと分厚い本だけど、
言葉使いは易しいし、ストーリーも単純です。
読書力が小学校高学年ぐらいから・・ハリー・ポッターレベルの本が読めるなら大丈夫です。




さて、
ストーリー。

12歳のパーシー。
日本でいえば中1。
アメリカ式では6年生らしい。

難読症でADHD(注意欠陥多動性障害)で
何度も学校を退学になる問題児。


ある日、学校の課外授業で
メトロポリタン美術館に行った時、
大嫌いな数学の先生が化け物に変身して襲ってきた。

車いすの古典の先生がなにか手助けをし、
どうにか危機をのりこえる。



なぜ、怪物が襲ってきたのか・・。



それは、パーシーがギリシャ神話に登場する神々の誰かと人間のハーフだから・・とか。


納得いかないうちに
次々事件が起き、命を狙われる。
そうして、母がミノタウロスに握りつぶされ、消えてしまう。

パーシーは、ようやく、ハーフの丘とよばれる
ハーフの子どもを集めて訓練しているところへたどり着く。



安全圏だと安心したのもつかの間。
だれの息子なのかわかり、
今度は神々の陰謀に巻き込まれ
冒険の旅に行かなくてはならなくなる。


ハーフのアナべスとサテュロスのグローバーの3人の少年少女は無事冒険を終えられるのか・・。
ハラハラドキドキのスピード感ある展開です。





次の巻は7年生・13歳の話で別の冒険みたいだから、
ハリーポッターのような映画化をしようとしているのかな?



よみやすくて娯楽性もある
ファンタジー。

でも舞台は現代アメリカです(笑)


評価
面白さ  4.9
再読度  4.8
お勧め度  5


西のはて年代記のあとでなければ
たぶんオール5だったとおもいます(謝)



スポンサーサイト

2010/04/19 15:58 |   リック・リオーダンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。