スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

リック・リオーダン.『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 5 最後の神』.ほるぷ出版,2009.12.

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈5〉 最後の神パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈5〉 最後の神
(2009/12/25)
リック・リオーダン

商品詳細を見る


パーシーの16歳の誕生日まであと1週間!!!
というところから、はじまる最終巻。

大予言の「次に、16歳まで無事に生きのびるビッグスリー(ゼウス、ポセイドン、ハデス)のハーフの子が、オリンポスの命運を左右する」という予言の子になりそう・・というところである。


8月。
レイチェルとドライブしているシーンから、スタート。
夏休みを別荘で一緒にすごさないかと誘われるが、オリンポスの戦争が深刻な事態になっているので行けない・・・と断る。

ペガサスのブラックジャックが迎えに来て、ルークが以前にのっていた船を爆破しに行く。
そのとき、仲間のベッケンドルフが犠牲になる。

訓練所に帰るとベッケンドルフの恋人サイリナはショックを受ける。

しかも、たぶん、訓練所にスパイがいて、この爆破計画が漏れていたようだといわれる。

全面戦争がはじまり、
オリンポス側は不利な状況にどんどん追いつめられる。

次々と危機が訪れ、スパイも誰かわからないし、
アナベスと一緒に予言を聞きに行くが、あまり望ましい雰囲気ではないような感じだった。


で、戦いの経緯は割愛するとして、
苦戦の上に勝利をおさめ、
ルークもクロノスをやっつけるために少しは貢献してから亡くなる。



最後に、パーシーは褒美として神にしてやろうと言われるが断る。
代わりに何が欲しいかきかれ
神々に子どもを認知するように、
オリンポス十二神以外の神のコテージも訓練所に作るように
お願いする。

レイチェルは、ずっとパーシーに何か言いたそうながらも言えず、
最後に神託の神を宿すことになる。

アナベスとの恋もちょっとだけいい感じになって
~おしまい~
となる。



もう終わっちゃったのね・・・という感じです(^^;)



評価
5冊も一気よみするほどなので
かなり良かったです。

オール5
スポンサーサイト

2010/05/09 13:22 |   リック・リオーダンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。