スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

はやみねかおる.『都会(まち)のトム&ソーヤ 6 ぼくの家へおいで』.講談社,2009.9. を読む

YA!エンターテイメント シリーズ 
小学高・中学生 向け


タイトルからして、どっちの家に行くのかな~
どっちの家でもおもしろそう・・・(フッフッフ~)と思って読み始める。

おぉ~創也なのね~。

と、思えば・・・・(苦笑)・・・創也でした(笑)

今度の敵(?)は、防犯設備?!
相変わらずの様々なサバイバル術を堪能できます。

今回は、外伝とかスピンアウトとか言われるような
脇役のサイドストーリーが短編でおまけで付いていました。

もっとこういったサイドストーリーも読んでみたいな~。


面白さ  予想通りの4
再読度  でも、今回はシンプルストーリーだったし、わかりやすかったので 3
お勧め度 4 失敗なく読める。

スポンサーサイト

2009/02/05 10:36 |   はやみねかおるCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。