スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

有川浩.『キケン』.新潮社,2010.1.

キケンキケン
(2010/01/21)
有川 浩

商品詳細を見る


この表紙、つい ひかれるわよね~。

有川作品の『植物物語』が あまりにも少女マンガっぽかったので
ちょっと引き気味になっていたものの
このタイトルに表紙・・・どうみても、少女マンガ風路線じゃなさそう・・・なので、読んでみました。


ストーリー

「キケン」とは、成南電気工科大学機械制御研究部の略称。
新入生の元山と池谷。
「部の道具は使っていい」「部室に泊まり込みOK」などの勧誘文句にのって「キケン」の部員となる。

先輩はほとんど出てこない4回生にかわって、2回生の2人が仕切っている。

部長の大魔神こと「大神」と副部長のユナ・ボマー(爆弾魔の名前)こと「上野」。
他にも1年生が入部し、
部活を中心とした大学生活のストーリー。

かなり個性の強い2回生。1回生もそれなりの個性派ぞろい。
なにもかも、全力で突っ走り、仲間で盛り上がってしまう面白さがある。

大学生らしい、それなりの事件が起きる。

新入生むけの部の紹介の日には
「キケン」は運動場に穴をあけてしまうほどの「爆発炎上」をパフォーマンス。

大神の恋愛体験もあり。
そりゃ、大学生ぐらいの男の子にこんなシチュエーションが用意されれば、
普通、そう思うでしょ・・。(ちょっとかわいそうだし)
相手の女の子も女子大の2回生なら予想してさそえばいいのに・・。
まあ、女の子はそういう考えの子もかなりたくさんいそうなところが怖いんだけど・・。

地方主催のイベントでロボコンをするという。
それなりに凝って作成して決勝戦へ進むもののかてそうもなくて自爆させちゃいます。
大会規定が穴だらけのため、OKとなってしまうのも、おもしろい。

学祭に意気込むエネルギーとパワーはすごいし、私も熱くなってしまったし!

何事にも一生懸命でヒートアップしてます。




そんなこんなで キケンと過ごす大学生活。

あなたも一緒に体験してみませんか?




評価 
オール5

おもしろすぎです。
スポンサーサイト

2010/06/20 08:00 |   有川浩COMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

あー、面白かった。素直にそんな気持ちで本を閉じました。最後の黒板には少し泣けましたね。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

No:70 2011/07/20 02:45 | 藍色 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/07/20 | 粋な提案 |

「キケン」有川浩

既にサークルの域は出た。活動内容もそうだが、集う人間の危険度が、だ。 ヤバイ奴らが巻き起こす熱血青春ドタバタ劇。理系男子って皆こんなに危ないの?。 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。 ...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。