スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジャネット・ウインター.『バスラの図書館員 イラクであった本当の話』.晶文社,2006.4.

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話バスラの図書館員―イラクで本当にあった話
(2006/04/10)
ジャネット・ウィンター

商品詳細を見る


絵本です。
戦争ものですが、人が死んだりしないので、怖くはないです。
読み聞かせにもちょうどいいくらいの長さ。
ためしに、小2に対して読み聞かせしてみたところ、
みんな集中して、しかも興味をもって聞いてくれました。


イラクの町・バスラの図書館員アリアさん。
戦争がひどくなり、図書館の建物に
軍の人たちが常駐するようになります。

アリアさんは本を避難させてほしいと頼むものの断られます。

ある日、とうとう、アリアさんがおそれていた事態が起きます。
町に爆弾が落とされ、火事がおきます。

アリアさんと仲間たちは、おとなりのレストランに
カーテンや果物かごをつかって
3万冊の本を移します。
その直後、図書館は焼け落ちてしまいます。

その後、アリアさんの郊外の自宅や友達の家に
ひそかに本を運びます。

アリアさんの家は本で窓も壁もどこもかしこも埋まっているそうです。

今も、アリアさんは本を守っているとか・・。






3万冊ってどのぐらいか想像できませんが、
個人宅に隠し持つには多いよね~。


このストーリーを読んでたら、
ル=グィンの西のはて年代記シリーズの『ヴォイス』を思い出してしまった。
ヴォイスでも、敵国に支配されている間、本を隠しているからね~。






スポンサーサイト

2010/06/30 23:50 | 絵本 戦争COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。