スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『科学キャラクター図鑑 物理学 ぶつぶつ物質!』『科学キャラクター図鑑 岩石と鉱物 読む宝石!』.玉川大学出版部,2010.5.

物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑)物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑)
(2010/05/28)
ダン・グリーン

商品詳細を見る


岩石と鉱物 ―読む宝石!― (科学キャラクター図鑑)岩石と鉱物 ―読む宝石!― (科学キャラクター図鑑)
(2010/05/28)
ダン・グリーン

商品詳細を見る


図書館の新着コーナーにあったのでかわいくて思わず借りてしまいました。

中身は見開きで
それぞれの物質のキャラクターが右側のページに、
左側はそのキャラクターが自己紹介という形式。

最新の理論でかかれているし、おもしろいのはおもしろいです。

物理の方は、とくにわかりやすいし、かわいいし、面白い!



でも、岩石と鉱物の場合は、やっぱり本物の写真もほしかったかなあ~。
だって、名前とキャラクターイラストだけでは、どんな石やら宝石やら、さっぱりわからないし、
想像すりゃいいってもんでもないよね???

それぞれのぺージにのせたくないなら、後ろの方にまとめて・・でもいいから
本ものの石たちの写真があればよかった。

ラストに関連図書の紹介がのっていて、そこに岩石写真集も紹介されているけど
結局は、めんどうだから、わざわざかりたりしないだろうし、
そう思うと、せっかく興味をもったものの、石が見られないんじゃね・・・・。



物理の方の物質は
どうせ、目に見えないものがほとんどなので
イラストだけで充分たのしめました。
スポンサーサイト

2010/07/09 14:06 | 400分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

逆にその

 私はこの本の中では、キャラクターだけにとどめておいた方がいいような気がします(多分、編集者の判断もそうだったのでしょう)。本物はどんなんだろう?と思ったら図鑑を開けばいいわけですから。

 感情移入しがたい物体に無理矢理感情移入を強制する本、ていうと筒井さんの「虚航船団」みたいですが(笑)、この本のやり方はそれはそれで正解だと思います。

No:42 2010/07/14 09:55 | keep9 #- URL [ 編集 ]

Re: 逆にその

>  私はこの本の中では、キャラクターだけにとどめておいた方がいいような気がします(多分、編集者の判断もそうだったのでしょう)。本物はどんなんだろう?と思ったら図鑑を開けばいいわけですから。

確かに、最後に本物の写真が見れる本が紹介されていました。

そういう編集方針・・・そうですよね。
「楽しむ」という点ではそうかも。

低予算でのやりくりばかり気にしていたので、こういう遊び本は余裕ないな~と思った次第です(情けない・・)

No:43 2010/07/16 00:27 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。