スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

夏川草介.『神様のカルテ』.小学館,2009.8.

神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る


これも、図書館に いつ予約したかわからないほど前に 予約したもの(苦笑)

しかも、今回、そういうのがいっせいに来た!
とりあえず、優先順位をつけて、せっせと読むことにします。
全部はきっと無理だろうな・・・・。
そこが、図書館利用読書の弱点ね(^^;)




さて、『神様のカルテ』。

本屋大賞何位だかの本。
表紙の装画が、<カスヤナガト>の絵。
最近、この人の絵をみると、必ず手にとってしまいます。
色づかいといい、人物の顔立ちといい、デザイン性といい、とっても惹かれるんですよね~。



ストーリー

主人公の内科医、栗原一止は、信州のたぶんちょっと田舎の病院の勤務医。
入院病棟をもち、24時間救急患者を受け入れている病院。

たぶん、その町唯一の救急病棟をもつ病院。
当直になれば、救急外来の医者にもなる。

栗原は、夏目漱石が好きだとかで、ちょっと古風な文語調で話す。
かなり淡々とした性格で、感情表現が淡白なタイプ。

忙しい病院勤務のなかでいろいろな人と接し、すごしている。
患者さん、同僚の医師、看護師、それから住まいとしているアパートの個性的な住人たち
などとの関わり。

で、素敵な奥様がいる。

新婚1年目の記念日に仕事に追われて帰れなくて
しかもプレゼントもメールさえも送れない。

ちょっとなさけない一面もあるのだけれど、
奥様は、そういうことをする人だという事をすべて受け入れてくれている。
栗原は、彼女の声を聞くだけで元気をもらうし、ほっとする。
そこが、本当に素敵な夫婦だと感じさせる。

奥様はプロのカメラマンで、撮影のために海外に行ってしまって
すれ違い生活になることもある。


病院では、亡くなる方も出てくる。

患者さんたちに対しての思いなどが、この物語の主軸。
病院内だけのつきあいでしかない
医者と患者の関係だけれども、
それだけの付き合いにも深いものがある。

そういう感じのストーリー。





ちなみに、この本の読み終わりごろは
たまたま病院の待合室で読んでいました。
人がたくさんいる場所だったにもかかわらず、思わず涙してしまい、ちょっとはずかしかったです。

その「涙」の理由も、
悲しい涙ではなくて(人が亡くなっているから物理的には「悲しい」のだろうけれども・・・)
心が温かくなるような、
じんわりとぬくもりが染みわたるような、
そういう種類の涙。

読後感はほっとするような温かい気持ちでした。



ラスト近くの、廊下の桜の絵は
ぜひ映像で見てみたいです(笑)
映画化されるんだっけ?そのシーンだけみたいかな~。




評価
面白さ  5  この主人公の感情表現の薄さに共感できる人には、おもしろいと思います。
お勧め度 4.5 大きな事件が起きたりするわけではないので、好みは分かれるでしょうね。
        しかも、主人公の文語調言葉に拒絶反応をしめす人のいるでしょうし、
        勧める相手は選ぶと思う。
再読度  5  私はかなり好きです。


続編も読んでみたいな~。予約入れておこう(笑)




スポンサーサイト

2010/10/09 21:50 | 日本の作家 な行COMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

とても読みやすくよかったです。
たぶん医療現場にいる人間でなければ書くことができない
悩みや葛藤がみちあふれていました。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

No:145 2014/08/09 15:08 | 藍色 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/08/09 | 粋な提案 |

「神様のカルテ」夏川草介

栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。 専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。 そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。 だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。