スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

エリック・バトゥー.『それは ひ・み・つ』.講談社,2005.9.

それは ひ・み・つ (世界の絵本)それは ひ・み・つ (世界の絵本)
(2005/09/10)
エリック・バトゥー

商品詳細を見る


このタイトルとエリック・バトゥーだという2点に惹かれて
図書館から借りてみた。

これは、ちなみに子どもに受ける本でした。

りんごをひろった こねずみ。
埋めて隠します。

いろいろな動物に
「何を隠したの?」ときかれるのですが
そのたびに、「それは ひ・み・つ。」と答えます。
ところが、絵をよく見ていくと
こねずみ の 後ろから 「木」 が生えてきて
どんどん成長していき、最後にはリンゴの実をいっぱい落とします。

それをみて、
「ぼくのひみつが?!」とあせる こねずみ。

かなりおかしいです。

宮西達也の絵本の後に、この絵本もセットで読み聞かせてみました。

こちらは、おとなの反応は「ふーん」という感じなのに対して
子どもは、わくわくキラキラしたまなざしで食い入るように見つめていました。

評価
こども オール 5
大人  オール 3 という感じの反応です。

私は、好きかも♪
スポンサーサイト

2010/10/10 01:19 | 絵本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。