スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

風野潮.『クリスタル エッジ 決選・全日本へ!』.講談社,2011.2.

クリスタル エッジ 決戦・全日本へ! (YA!ENTERTAINMENT)クリスタル エッジ 決戦・全日本へ! (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/02/25)
風野 潮

商品詳細を見る


「クリスタル エッジ」シリーズ3巻目。

今回の主人公は1巻の主人公・輪の家に居候でやってきた無口な少年、小池和真。
輪や葵(2巻の主人公)より1学年下で
現在中2。

和真は輪の父にコーチをうける条件として
1年以内に何かの大会で優勝しなくては
スケートを続けることができない。

ライバルは日本ジュニア代表を争うような
輪や葵、東京の選手たち。

もちろん、スケートをはじめて1年程度の和真では太刀打ちできない。

マイケルジャクソンに合わせて踊ることが大好きで
リンクの上で踊る時は
自分自身を開放できると感じている。


ジュニアの近畿大会、全国大会と出場でき、
上位には入れたものの、表彰されるほどではない。

でもまあいろいろあって
母に理解してもらえて
スケートは続けることができるようになる。



今回のストーリーは
まだ初心者視点の和真からみた
スケート選手たちのことがいろいろ出てくるし
無口で感情表現が下手な和真が
徐々に気持ちを表すことができるようになり
遠慮して気持ちがすれ違っていた母にも
気持ちをぶつけることができるようになっていくなど
友だちができていったり
仲間やライバルに支えられて
少しづつながらも成長していくところが
魅力的なストーリーです。

もちろん随所に
フィギアスケートの魅力がつまっていて
とっても素敵です。

とくにお母さんに理解してもらえる場面は
今、本を読んでいる場所がどこかってことも忘れて
思わず涙が・・・・。
(ちなみに病院の待合室でした・・。)

トップアスリートにはまだなっていないし、
スケートをはじめて1年っていうところも
感情移入しやすいところかもね!


評価
オール  5

これで、きっとこのシリーズは終わり・・・。
さみしいです。

とくにこの巻が好きです♪

スポンサーサイト

2011/05/09 00:01 |   風野潮COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。