スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

玄田有史.『14歳からの仕事道』.理論社,2005.1.

14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)14歳からの仕事道 (よりみちパン!セ)
(2005/02)
玄田 有史

商品詳細を見る


中学生~高校生向けの
< 仕事 > についての本です。

著者は大学で経済学を教えている先生です。

この本は小学校高学年向けレベルのルピ付き。
文字の大きさもそのぐらいの年齢からよめるようなものです。



将来、具体的に何をしたいのか・・・ということが決まっていない
ごく普通の中学生や高校生をターゲットにした内容です。


どういう風に行動していくべきか、
仕事にたいしてどう考えるべきか
働くとはどういうことか

そういうようなことを考えましょう・・・という感じ。


前半はかなりサクサク読めます。


悩むだけ悩んで出した答えなら
それが良い結果だとか
勉強はワケわからん というのが いいのだとか
考え方も面白いです。

そういう悩みや苦労が仕事のできる人材になるのだとか。

後半はちょっと大人目線で説教くさい部分もあって
あきてきます(苦笑)
書かれていることは、正論です。




今すぐ、どんな仕事に就きたいか決める必要はなく
まわりが決めてくれる場合もある・・・というような
考え方は
まだ目標の定まらない多くの中高生にとっては
肩の荷がおりるような感じがするでしょう。



評価
面白さ 前半 4.5
    後半 3

お勧め度  3.8

再読度   2



読書という意味では
きっともう読まないと思うのですが
進路について悩んでいる人には
お勧めします
    


スポンサーサイト

2011/05/21 21:39 | 300分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。