スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

天童里砂.『登校途中の百物語 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻』.中央公論新社,2011.5.

登校途中の百物語 - 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻 (C・NOVELSファンタジア)登校途中の百物語 - 鏡ヶ原遺聞 弐ノ巻 (C・NOVELSファンタジア)
(2011/05/25)
天堂 里砂

商品詳細を見る

これも『ましろのおと』を貸して下さった先輩が
「今、2巻しか持ってないけど、2巻からでも大丈夫だから」
と、貸して下さった。

この本もそういういきさつがなければ
自分では選ばなかったような本なのですが
あまりにも面白くて引き込まれてしまいました。


寺に居候し、バイトと称して寺の家事をになっている少年・秀一が主人公。
目に見えないものが視えるという能力を持っている。

寺には様々な妖怪が住んでいて
毎日楽しく過ごしている。

転校生として高校へ通い出す。
学校では
なぜか妖怪研究会に誘われ
バイト(寺の食事作りなど)を理由に断ろうとしているものの
なかなか断り切れずに
しつこく勧誘を受けている。

幽霊にであったり
学校の生徒が何人も体調を崩して欠席したり
それらがどうやら伝承の怪談話とかかわりがあるらしい。

同級生の巫女や寺の主などを巻き込み
解決していく。



全部で2話分収録です。

ライトノベル風の設定で
展開もはやいし
とっても面白いです。


評価
面白さ 5  サクサク読めます。
再読度  5
お勧め度 4.8  ライトノベルとか妖怪退治系なんかが好きな人向け。


中央公論新社の新書版の小説なので
ルピなしの2段組みの本です。
スポンサーサイト

2011/09/03 16:56 |   天童里砂COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。