スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

A・デュマ.『三銃士』.講談社青い鳥文庫,2009.11

三銃士(新装版) (講談社青い鳥文庫)三銃士(新装版) (講談社青い鳥文庫)
(2009/11/19)
藤本 ひとみ、K2商会 他

商品詳細を見る


映画化などで話題の三銃士。

どんな物語かうろ覚えだったので
読み返してみることに。

この本はものすごーーーく面白かったです。

『三銃士』も完訳版の本だと
とんでもなく長かったような気がして
子ども向けで読んでみたのですが
これはとってもお勧め!




三銃士というタイトルですが
主人公は三銃士にあこがれる青年です。
田舎から出てきた18歳の青年ダルタニャン。
ベレー帽をかぶり
みっともないみかけの馬にのり
喧嘩っ早くてすぐカッとなったり
とっても子どもっぽい人です。

舞台は1600年代フランス。

夢と希望と正義を秘めた青年ダルタニャン。
あこがれの三銃士。もちろんみなさんイケメン(笑)。
いつも沈着冷静なアトス。
裏側はともかく、見た目のおしゃれにうるさいボルトス。
聖職者をめざすやさしげな雰囲気のアラミス。
の3人。

わかりやすい悪役は
こめかみに傷のあるロシュホール。
敵なんだけど
なんでもできちゃって、
しかも影がある感じでかっこいいのよね~(笑)

それから
ミレディ。
一流工作員かスパイのような行動をする美女。
この美女の行動がまたすごい。
頭も切れるしスキもないし超一流の敵キャラ。

彼らの大ボスが
リシュリュー枢機卿。
かなりの権力者で
悪者ってわかっていても手は出せない地位にいる人です。



政略結婚で結婚したものの
国王に誠実であろうとする王妃様。
プラトニックながら
敵国イギリスのバッキンガム侯爵と惹かれあっています。

恋の終わりの記念にと言われ
国王からのプレゼントである
ダイヤの胸飾りを渡したところ
リシュリューたちの陰謀でそれをつけなくてはならなくなり
ダルタニャンと三銃士が
王妃の危機を助けるために活躍したりします。

バッキンガム侯爵は
リシュリューたちに利用されたりしつつも
とってもいい人で憎めないキャラなのに
敵国人だったりしています。

他にも王妃様を助ける女性たちも出てきて
ダルタニャンはもちろん
三銃士にも
いろいろと恋愛話もからんできます。

女装して脱出するシーンもあるし
次から次へと
陰謀が組まれて
何度も危機におちいります。




冒険活劇あり、恋愛話ありの
スピード感ある物語になっていて
この新訳版はとってもとってもお勧めです。
全345ページを1日で読んでしまいました♪



評価
オール5
だね!



スポンサーサイト

2011/10/29 10:04 | 名作COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。