スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

斉藤洋.『どんどんもるもくん』.偕成社,2011.11

どんどんもるもくんどんどんもるもくん
(2011/11/10)
斉藤 洋

商品詳細を見る


図書館の児童書新着コーナーでみつけた斉藤洋さんの本。

もるもくんは表紙にでてくる動物のこと。
最初、犬かと思っていたら
子どもに指摘されました(苦笑)
「もるもっと」の「もるもくん」なんだとか。
なるほど~と関心。

もるもくんがさわると
なんでも
「もるもなきぶん」になっちゃいます。

こわれたソリもきれいになったり
怒っている人も悲しんでいる人も
みんなワクワク楽しい気分・・・もるもなきぶん・・
に、なってしまいます。

この巻はスキー場でのできごと。

サンタさんまででてきて
とっても楽しい物語です。

評価
面白さ  5
お勧め度  5
再読度  4.5

小学校低学年向けの本です。
「1ねんせい」の子がでてくるし
ひらがなとカタカナだけなので
1-2年生を対象にしているのでしょう。

言葉のリズム感もいいし
物語も前向きな気分になれる楽しい本なので
もう少し上の年代でも楽しく読めると思います。

挿絵もシンプルでかわいいです。

私も読んだ後、
なんだか「もるもなきぶん」になりました。
スポンサーサイト

2012/01/22 13:16 |   斉藤洋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。