スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

有川浩.『阪急電車』.幻冬舎,2010.8.

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る

ようやく、借りれたこの本。

映画は見ていないのですが
阪急電車の沿線の情景がうかぶような
阪急電車に乗ってみたくなるような
そんな本でした。

短編集形式になっていて
同じ電車ですれ違う人たちが
順番に主人公になっていきます。

それぞれの事情を抱えていて
それぞれの人生があるのですが
一時同じ電車、しかも同じ車両に乗り合わせ
同じ物事を眺めていたり、かかわったりします。

途中、折り返し地点となり
少し時間軸が進んだ時の
同じ電車の沿線の話になります。

前半ででてきた人物たちが
それぞれ計画していたことや
実行した後の状態になっていて
またまた同じ電車で
すれちがったり
かかわったりします。

電車の中で始まる恋。

電車の中ですれ違った老夫人の一言や
高校生の恋話をきいて
どうしようもない彼氏に終わりを告げる決意をし
新たな人生を歩み出す女性。

社内恋愛の婚約者を
寝とられたあげく
できちゃった婚をあげた元彼と元友。
その結婚式に
わざと純白ドレスで出かける女性。
電車内での出会いをきっかけに
過去を断ち切り自分の幸せをさがす女性。

図書館の常連で気になっていた女性が
電車の隣の席に座り、
窓の外にみつけたものから
話すきっかけになって
恋がはじまった青年。

孫を連れた老夫人。
後半では念願の犬を飼っています。

素敵な人たちの
素敵な物語です。


評価
オール5

ルピなしの一般書。
大学生以上の恋愛関係は
それなりの関係になったりもするけれど
表現はとくに問題はなし。
スポンサーサイト

2012/02/11 23:06 |   有川浩COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

有川さんのこの構成には脱帽でした。
いいですよねえ~~~
大好きな作品の1つで
映画ももちろん観にいきました。
それぞれが少しずつ素敵に関わっていて♪
私もこんな風に知らないだれかと関われるよう
ブラッシュアップしたいです。

そうそう、「和菓子のアン」オススメしてくださっていたので
読みました!
前向きになれる作品で面白かったです。
また本のお話聞かせてください

No:84 2012/02/13 20:13 | はる #- URL [ 編集 ]

有川作品ナンバー1の人気本です。>勤務先。
なんだかね、
読んだあと、気持ちが「ほっこり」するんだって。
それからね、
「新幹線の中で読んだのだけど、涙が止まらなくなった。」」て。
あ、これ、独身の男性教師ね。うふふのふ。

No:85 2012/02/14 18:46 | ぐりぐら #- URL [ 編集 ]

>>はるさん、ぐりぐらさん
年齢も男女も問わない本ですよね。
素敵な本があれば私にも紹介してください。

No:87 2012/03/09 09:27 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。