スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

森博嗣.『トーマの心臓』.講談社,2010.10.

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社ノベルス)トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社ノベルス)
(2010/10/07)
森 博嗣

商品詳細を見る

読んでいないうちに新書版が発行されていました。

漫画家の萩尾望都さんの作品を
『スカイクロラ』などの作家、森博嗣さんが小説にしたものです。

一言で言うなら
「哲学的」な雰囲気の本でした。

しかも、
どう読んでみても
森さんカラーの小説です。

このマンガは読んだことはないのですが
萩尾望都さんの他のマンガは
たぶん今でもどこか探せばうちにあるはず。
たしかにこの人のマンガも
ちょっとこういう空気感だとは思うものの
森博嗣さんの空気感を持った小説になっているのが
不思議だし素敵です。




日本の全寮制の男子校。
金持ちの子弟が通う。
学校の趣味(?)で
全員にドイツ語風のニックネームがつけられていて
そのニックネームで生徒たちも先生も生活している。

トーマは
自殺が事故かは不明な亡くなり方をした主人公より年少の少年。

主人公はクオーターの少年。
ドイツ人の容姿が少し入っているオスカー。

同室のユーリは
トーマから手紙をもらったりしていたが
いつも冷たくあしらっていた。

なくなる直前にもユーリに手紙を出している。

その学校へ季節はずれの転校生エーリクがやってくる。
彼はトーマにそっくり。

オスカーとエーリクとユーリ。

それぞれがかなり重い過去を背負っていて
いろいろと悩んでいる。

最後にはそれぞれが
自分自身の悩みにも折り合いをつけて
進んでいくことになる。



評価

んーーーどうしよう。
読後感は4.5だけど
最初のほうはなかなか読みすすめなかったのよね。
でも
後半は一気に読んでしまうようなそういう展開です。

そんなわけで

面白さ  3.5
再読度  3.5
お勧め度  4

おまけで、読後感 4.5

というかんじかな?

ルピなしの一般書。

哲学的な感じなので
好きな人はすごく好きだろうな~と思います。 
スポンサーサイト

2012/02/16 10:27 |   森博嗣COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。