スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ケイト・ブライアン.『ボーイズレポート 同居人はハンサム7人組』.理論社,2007.4.

ボーイズレポート―同居人はハンサム7人組ボーイズレポート―同居人はハンサム7人組
(2007/04)
ケイト ブライアン

商品詳細を見る


ラブコメです。

アメリカの11年生・・・日本だと高校2年生の女の子ミーガン。

一人っ子で
男の子とはほとんど口を聞いたことがないような
まじめな女の子。

両親は転勤で韓国の勤務になるという。
せっかくできた親友やサッカーの仲間と別れたくなくて
アメリカに残りたい宣言をする。

すると
父の友人マッゴーワン家に行くなら
アメリカにいてもいいという。

マッゴーワン家は7人の男の子がいる家。
お父さんのマッゴーワン氏もイケメンなら
他のティーンエイジャーの男の子たちも
ハンサムでパーフェクトボディーだったりします。

はたして
そんな男の子たちと一緒にくらしていける?




親友に 男の子の観察レポートのメールを
定期的に送ったりしています。

学校のスター、次男のエヴァン、
同学年できまじめで絵を描いているフィン、などなど

キッカーというニックネームをもつほどの
サッカー少女のミーガンは?!


評価
オール5

ラブコメです。
まっるで少女マンガの様な設定と展開です。

途中はハラハラ・ドキドキですが
最後はなるようになる・・・収まるべきところに収まる・・・という感じです。

一般書ですが
YAレベルのルピ付き。



スポンサーサイト

2012/03/15 20:29 |   ケイト・ブライアンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。