スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

喜多喜久.『ラブ・ケミストリー』.宝島社,2011.3.

ラブ・ケミストリーラブ・ケミストリー
(2011/03/04)
喜多 喜久

商品詳細を見る


図書館で見かけて
表紙絵とタイトルにつられて借りてみました。

「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞受賞作品なのだそうです。

この賞ってミステリーだと思っていたのですが、
この小説は
ミステリーというよりは
ラブコメです(笑)



主人公は
東京大学農学部の
化学を専攻している大学院生・藤村。

研究室に秘書としてやってきた真下さんにひと目ぼれしてしまい
それまであった研究に役立つ特殊能力が
機能しなくなってしまっていた。

「私」というだけの謎の人物。
カロンという自称死神に
クリスマスまでの命だと告げられ
最後の望みをかなえてくれるという。

「私」は藤村の特殊能力を取り戻してほしいと願う。

藤村にカロンが接触してきて
能力を取り戻すために
真下さんと恋愛関係になりたいのか
きっぱり忘れたいのかどちらか確認にくる。

それで真下さんと恋人になりたいと希望する。

でも
化学に人生をささげてきているので
告白しろといわれたり
メールを送れといわれても
どうしていいのやらわからないありさま。

その他の登場人物も
大学院の若い人たちなので
それぞれが
個性的で
それなりに恋愛感情を持っていたりする。

恋愛に関しては
大変うぶな方たちだし
面白いです。

で、

もともとの願いをカロンに願った人物というのが
「えぇ~えぇ~えぇ~???」
というほどの人だし
その人物の本当の願いというのも
びっくりするような内容で
最後の最後に
一気にわかる仕組みです。

途中経過は
完全な理系の大学内でのラブコメ。

カロンに願った人物の未来は?!

読後感も
とってもいいし
本当にお勧めです。



評価
オール5

ルピはほとんどなしの一般書。

内容は
ライトノベルかと思うほどの
個性的な登場人物たちに
学園物のラブコメというのりの小説です。

しかも
最後の最後は
思いもよらない展開が
次々と・・・。

カロンの設定とか藤村の特殊能力の設定が
ものすごくライトノベルっぽいです。

中高生は好きでしょうね~♪

私も好きだし♪

スポンサーサイト

2012/05/23 00:14 |   喜多喜久COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。